休憩が取れない会社はおかしい!ブラック企業で休憩が貰えない理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通の職場では決まった時間に「休憩」を取るのが基本です。これは労働基準法で定められているので、まともな経営者であれば「休憩を取らせない」なんてことはまずないです。

スポンサードリンク

しかし一部のブラック企業や小さな会社では、当たり前のように休憩を取らさず、従業員が働かされている事があります。これは普通に考えて異常ですよね・・・?

「忙しいからしょうがない。」

こんなのは会社側の都合です。ちゃんとした契約に基づいて、書面通り休憩を取らせるのが普通なんです。現在の職場で休憩が取れず、長時間働き続けている人は疑問を持ってください。

 

 

1,休憩が取れないのは労働基準法違反

<労働基準法34条1項>
使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

労働基準法では上記のように定められており、休憩が取れない会社を違法としています。1日に6時間以上働くのであれば45分、8時間以上働くのであれば1時間の休憩を取らなければいけません。

これは経営者や人を雇う立場の人間であれば、当然知っている法律です。私も経営者ですが、人を雇う段階で会社の顧問労務士に教えられました。

しかしこんな当たり前の事を守れずに、従業員に休憩を取らせない会社が存在します!

 

2,休憩が取れない理由や原因について

会社で休憩が取れないのには、様々な原因や理由が存在します。まずは自分の会社が「なぜ休憩を取れないのか?」をよく考えてみましょう。

 

創業して間もない会社

創業して間もない会社ですと、従業員の数も少なく休憩が取れないことも考えられます。もちろん小さな会社だろうが、労働基準法に違反するのは変わりありません。

しかし創業期の会社であれば、そんな甘い事も言ってられません。

経営者は自分のビジネスを立ち上げるのに命をかけていますので、従業員の休憩が取れない事まで構っている余裕はありません。一歩間違えれば社員全員を路頭に迷わせることになりますからね・・・

そもそも時間通り働いて帰宅したいのであれば、創業して間もない会社に入社するのは間違っています。

もっと安定した会社に入社しましょう。

 

経営者側が状況を把握できていない

経営陣にはちゃんとしたモラルがあっても、直属の上司がバカですと休憩なしで働かされることになります。経営陣には「労働基準法」の知識があっても、部下を取り仕切るバカな上司にはそんな知識はサラサラありません。

こんな職場ですと、上司は法律を守らずに必要以上に働かせようとします。

対処法としましては、休憩を取らせない上司ではなく、さらに上の経営陣に相談してみることです。経営陣も同じような常識のない人間ですと、相談しても解決されませんので、相手を見極めて相談するようにして下さい。

 

当たり前になってしまっている

会社によっては、休憩を取らないのが当たり前になってしまっている事があります。昔から休憩を取らずに仕事をしてきたから、新しい社員もその次の社員も、同じように受け継ぎそれが普通となってしまっています。

これは会社の風習になっているため改善するのが難しいです。

 

上司が部下の事を一切考えていない

ブラック企業あるあるですが、上司が部下の事を一切考えていない会社ですと、当たり前のように休憩を取らせてもらえません。

「雇ってやっているのだから働け。」

こういった鬼のような考えを持っている上司の下で働いていると、「サービス残業」「休日出勤」は当たりまえ、休憩すら取らせて貰えないことも・・・

こんなモラルのない会社は今すぐにでも辞めるべきです。

 

一時的に仕事が忙しいから

会社によっては「閑散期」と「繁忙期」が存在します。忙しい時期は人手が間に合わず、一時的に休憩が取れない場合もあるかもしれません。

しかしそれが一時的なものであれば、繁忙期を抜ければ元通り休憩が取れるようになります。会社に特に不満がないのであれば、一時的に休憩が貰えない程度は目を瞑っておきましょう。

 

3,適切な対処方法は?

 

書面で職場改善を申し立てる

会社で休憩が取れない場合は、「休憩を取らせてください」「今日も休憩なかったです・・・」などと口頭で抗議するよりも、書面化して送りつけたほうが効果が期待できます。

やはり書面にすると従業員の本気度が伺えるし、会社側も「訴えられたら困る」という考えが出てきます。

大抵の会社は面倒なことになるのを恐れ、従業員の休憩の確保を早急に行うはずです。

書面を作る場合には、しっかりと「いつ休憩がもらえなかったのか?」「どれだけ休憩が貰えない期間が続いているのか?」といった、休憩が取れなかった、あるいは断られた証拠を提示する事が大切です。

 

労働基準監督署に会社の改善を依頼する

労働基準監督署とは、労働基準法に基づいて事業の監督を行う機関です。「労働契約」「賃金」「労働者保護」「保険」「福祉」等、事業者を監督するのが主な仕事となります。

労働者からの相談を受ければ、会社側に直接連絡を取り、改善命令を出してくれる事があります。事業者の違法行為については厳しく取り締まるので、ブラックな会社の体質を、労働基準監督署が改善してくれるかもしれません。

労働基準監督署に相談する場合は、”違反している証拠”が必要です。先ほどと同じように、具体的に休憩が貰えていない事実をまとめて提出しましょう。

ただし労働基準監督署に言いつけたのがバレてしまうと、会社には居辛くなるので注意が必要です。

 

自分たちで改善していく

休憩が取れないほとんどの理由は、会社が忙しすぎる事です。仕事量が多く時間までに終らないため、しょうがなく毎日休憩を取らずに働き続けてしまいます。

これは職場の人たちが一致団結することで、改善に繋がげることが可能です。

●作業の効率化
●従業員同士で協力して上手く休憩を取る

これらを上手く見直していけば、合い間に休憩を取る事は可能です。社員一丸となって働き方を改善していく努力が必要です。

 

新しい従業員を増やしてもらうよう抗議する

「従業員が足りないせいで休憩が取れません。」

このように上司に相談してみるのもいいと思います。忙しくて休憩を取れないのであれば、従業員が増えることで解決することができます。

一人の声では弱いので、従業員が力を合わせて上司に抗議してみましょう!

 

4,何のために休憩を取らずに働いている?

現在休憩をほとんど取らずに働いている人は、「何故休憩を取らずに働いているのか?」を良く考えてください。

●仕事で成果を出したいから
●会社を成長させたいから

自分から進んで休憩時間も仕事をしているのであれば、それは何も間違っていません。良い会社であれば必ず評価してくれるし、自分の出世に繋がるはずです。


●会社の皆がそうしているから
●上司に強要されて
●仕事が忙しいから

反対に会社側の都合や上司の命令であれば、それは間違った働き方になります。そもそも休憩なしで働く必要はないし、その分労働者が”損”をしていることになります。

現在の職場でずっと働いていても大丈夫なのか、しっかり向きあう必要があります。

 

転職を考えてみる

やりたくもないのに会社側の都合で休憩が貰えない場合は、転職を考えてもいいと思います。そもそも平気で労働基準法を破るような会社は、モラルがないので成長も期待できません。

一生給料が上がらなかったり、いざという時すぐに従業員をクビにする可能性もあります。このようなブラック企業では将来性がなく、働き続ける事が”リスク”に繋がります。

 

転職エージェントがオススメ

転職エージェントを使えば、インターネットを使っての転職活動が行えます。現在の仕事を続けながら、自宅で転職活動が行えるのでリスクがなくオススメ。

無料登録をするだけで利用できるので、是非どのような求人があるのかチェックしてみて下さい!

 

5,オススメ転職エージェント

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、大企業の就職先も豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。登録は無料でできます。
 

▼リクルートエージェントに登録するべき人▼

 
すぐにでも転職先を見つけたい
転職のプロに手助けして欲しい
自分に合った職業を見つけたい
面接の方法や履歴書の書き方などのアドバイスが欲しい

 

転職エージェントなので、担当のエージェントのサポートを受ける事ができます。いい転職先があればすぐにでも転職を考えたいのであれば、リクルートエージェントに相談してみるのがオススメです。

【リクルートエージェント】


 

転職の際は必ず会社の口コミや評判をチェックする!

これから転職活動を行う場合は、必ず面接を受ける前に企業の口コミをチェックしておきましょう。

キャリコネは、企業の「口コミ」「評判」を知る事ができるサイトです。実際働いていた人が口コミを投稿しているので、リアルな会社の内情を知る事ができます。

こういった無料のサイトを利用するだけでも、人間関係の良し悪しなどを事前に知る事ができます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


 

6,まとめ

以上です。今回は、休憩が取れない会社について記事を書かせてもらいました。職場での休憩は労働基準法で明確に定められいてるので、守らないのはおかしいです。

創業間もない会社であればまだしも、普通の会社で休憩を取らせないのは「ブラック企業」である可能性が高いです。

自分の意思で休憩を取っていないのならいいですが、会社側の意思であれば転職してしまうのもオススメです。

転職エージェントであれば無料登録すればすぐに転職活動が始められるので、興味がある方は利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*