アパレルは何歳まで働ける?店員や販売員の転職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパレル店員はオシャレな職場だし、男女問わず人気の職業です。しかしアパレル店員からよく聞くのが、「何歳まで今の仕事を続けられるだろうか・・・?」といった悩み。

スポンサードリンク

 

目次

1,アパレル店員・販売員は何歳まで現役で働けるのか?
2,若いうちから働いている人はキャリアアップを目指そう
3,アパレルは転々とする事が多い職業
4,長くアパレル関係の仕事を続けるには?
5,アパレル会社への転職方法
6,別の職業への転職方法
7,「アパレルは何歳まで働ける?」のまとめ

アパレル店員は華がある職業ですが、人前に立つ事もあり、「働ける年齢」は普通の職業に比べて短めです。20代前半であれば気にならないかもしれませんが、20代後半、30代と年齢を重ねるにつれて、将来が心配になってくる人も多いはずです。

今回は、「アパレルは何歳まで働けるのか?」についてと、「アパレル店員や販売員の転職方法」についてご紹介します。

 

1,アパレル店員・販売員は何歳まで現役で働けるのか?

アパレル店員、アパレル販売員は何歳まで現役で働けるのでしょうか?この疑問についての答えは、「ブランドのターゲット層次第」ということになります。

どういうことかと申しますと、アパレルブランドにはそれぞれターゲット層があり、そのターゲットのお客さんに対して洋服を販売しています。

例えば日本のブランド「ユナイテッドアローズ」ですと、20代や30代の男女がターゲット層となります。反対に「ユニクロ」ですと、ターゲット層はさらに広くなり、0歳児~お年寄りまで男女問わず着用できますよね?

渋谷系のギャル系ファッションの場合は、10代や20代前半の女性のみをターゲットにしています。

このターゲットに当てはまる人物像であれば、基本的にそのブランドの店員として働く事が可能です。渋谷系ギャル系ブランドの場合は、10代や20代の女性が店員として選ばれます。

「ユニクロ」であれば、年齢を問わず働く事が可能です。さすがにお年寄りやお子さんは、体力や法律の問題もあり働けませんが・・

 

自分の年齢に合ったアパレルショップを選ぼう!

もしこれからアパレル店員への転職を考えているのであれば、自分の年齢に合ったお店やブランドを選ぶようにして下さい。

10代や20代であれば若者向けのショップ、30代、40代であれば、婦人服や紳士服などちょっと大人向けのショップ、といった感じです。

アパレルショップの面接では、年齢や雰囲気などを見て採用を決めます。ショップにマッチした人物像であれば、採用される確率はグンと高くなります。

 

2,若いうちから働いている人はキャリアアップを目指そう

例えば20代の女性がギャル系ブランドで働き、30代、40代となった場合はどうなるでしょうか・・?別の仕事へ転職しなければいけないのでしょうか?

この場合は、別の職種へ「キャリアップ」する事で同じ職場で働き続ける事が可能です。

アパレルの仕事は「店員」「販売員」だけではありません。他にもブランドの「企画」「バイヤー」「プレス」「マネージャー」「MD」など様々な職業が存在します。

ギャル系ブランドのお店で40代や50代の女性は店員として見かけませんが、ブランドの企画やバイヤー、マネージャーには高齢の方がたくさん活躍されています。

最初からこういった職種で働くのは難しいですが、店員を数年続けてからキャリアアップして、ブランドの別の職種を任される事は多々あります。

もちろんこういった重要なポジションを任されるのは、「マーケティング力」や「服のセンス」があり、何よりブランドに情熱を注ぎ努力できる人だけです。全員がキャリアアップできる訳ではありません。

 

3,アパレルは転々とする事が多い職業

営業や製造業など一般的な職業では、何十年と働くのは日本社会では割と一般的です。しかしアパレル店員として、定年までずっと同じショップで働いている人はいません。

アパレル業界は衰退が激しいので、一箇所でずっと働き続けるのは不可能に近いです。自分の年齢やスキル、時代の流れに合わせて、働く場所を転々と変えていくのが一般的な働きです。

女性であれば結婚するまで働いて、結婚して子育てが落ち着いたら、また別のアパレルショップで働き出す、といったイメージでしょうか。男性も割と働くショップを転々としている方が多いように感じます。

中には大企業のアパレルブランドで実力を認められて、「企画」「バイヤー」「プレス」「マネージャー」として働き続ける人もいらっしゃいますが、そういった方はほんの一握りです。

 

4,長くアパレル関係の仕事を続けるには?

生涯アパレル店員として働きたいのであれば、大企業に勤めるのがオススメです。「ユニクロ」など年齢を問わず人気のブランドであれば、店員として長く働く事が可能です。

さらに大企業であれば、キャリアに応じて本社で働かしてくれる場所も存在します。このような職場選びができれば、アパレルの仕事を長く続けられます。

 

中小企業なら、最初からバイヤーや企画で働く事も可能

大企業のバイヤーや企画、マネージャーなどはキャリアを積まないと難しいです。しかし中小企業のアパレル会社であれば、こういった職種に最初から就かせてもらう事が可能です。

私もアパレル(小売)の仕事をしていた時期がありますが、たくさんのメーカーやブランドと取引をしてきました。

中小企業の場合は人が足りない事もあり、未経験者でも服の企画や営業をしている人が多かったですね。

 

アパレル系ネットショップがオススメ!

現在成長しているのは、ネット通販を行っている会社です。アパレル関係の通販会社は年々増えており、若い人はもちろん、年配の方でも通販会社で活躍しています!

通販会社であれば店頭に立つ必要がないので、「年齢」があまり関係ありません。

洋服やブランドに対する知識さえあれば、仕事上は何も問題がないです。ようするに何歳になっても働き続ける事が可能という事です。

通販会社の職場を見てみると分かりますが、女性服の会社でも男性が活躍していたり、年配の方も意外と職場に多い印象を受けます。

生涯アパレル関係の仕事を続けたいのであれば、成長段階のアパレル系通販会社に転職してみるのもオススメです。

 

5,アパレル会社への転職方法

アパレル会社への転職を考えているのであれば、「ファッション特化型の転職エージェント」を利用してください。

ファッション特化型の転職エージェントでは、普通の転職エージェントで取り扱っていないような、ファッション分野の求人が多く掲載されています。

無料登録を行うことで全てチェックできるようになります。

 

ファッション特化型転職エージェントおすすめ1:クリーデンス

クリーデンス

【公式サイト】
クリーデンス

クリーデンスは、アパレル・ファッション関係に特化した転職エージェント。転職業界大手のパーソルキャリアが運営しており、信頼と実績があるので安心してご利用いただけます。

パーソルキャリアは大手転職エージェントサービス「DODA」を手がけている事もあり、企業とのコネクションも強いのが特徴。ファッション・アパレル業界への独自のパイプを持っており、求人数も非常に多いです。

大手アパレルブランドはもちろん、「セレクトショップ」「インポートブランド」「外資系ブランド」と様々な求人が準備されています。

【クリーデンスの参考企業一覧】
・BUYMA
・STUDIOUS
・ビームス
・マークスタイラー
・ユナイテッドアローズ
・ISSEY MIYAKE
・SAINT LAURENT
・SACAI
・TASAKI

誰もが知っているような有名ファッションブランドの求人も取り扱っており、毎年多くのマッチングを行っています。取り扱いの企業数は2,800社にも及ぶので、アパレルやファッション関係のいい転職先が見つかります。

クリーデンスでは、無料登録を行えば転職エージェントのサポートも受けられるようになります。ファッション業界に精通した人たちから、生のアドバイスをもらえるので就職・転職率は高くなります。

常時1000件以上の非公開求人も用意しているので、ファッション・アパレル業界への転職を考えているのであれば、必ず登録しておきたいサイトです。

【関連記事】・アパレルやファッション関係におすすめ転職エージェント(特化型4選、総合型5選)

 

6,別の職業への転職方法

総合型転職エージェントを利用すれば、アパレルはもちろんですが、その他のたくさんの職業をリサーチ捜せます。

転職エージェントでは担当者が付きます。その担当者に転職での希望を伝えれば、希望に合った求人を紹介してもらえます。

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、大企業の就職先も豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。登録は無料でできます。
 

▼リクルートエージェントに登録するべき人▼

 
すぐにでも転職先を見つけたい
転職のプロに手助けして欲しい
自分に合った職業を見つけたい
面接の方法や履歴書の書き方などのアドバイスが欲しい

 

転職エージェントなので、担当のエージェントのサポートを受ける事ができます。いい転職先があればすぐにでも転職を考えたいのであれば、リクルートエージェントに相談してみるのがオススメです。

【リクルートエージェント】


 

無職やフリーターの方にオススメしたいジェイック

ジェイックは、無職やフリーターを積極的に支援している転職エージェント。学歴や正社員の経験がないと、大手転職エージェントでは断られる事があります。

しかしジェイックを使えば、学歴に関係なくサポートが受けられるので、フリーターや無職の方は非常に助かります。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!



 

サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

 

7,「アパレルは何歳まで働ける?」のまとめ

以上です。今回は「アパレルは何歳まで働けるのか?」についてと「アパレルの転職方法」についてご紹介しました。

アパレル店員に年齢制限は特別ありません。しかし一般的な常識として、ブランドのターゲット層と同じくらいの年齢の人が、店員として活躍するのが普通です。

アパレル業界で長く働きたいのであれば、「1,大企業でキャリアアップを狙う」「2,ターゲット層が広いブランドショップで働く」「3,アパレル系通販会社で働く」このような働き方がオススメです。

将来が不安であれば、転職エージェントを使って、別の職業への転職活動を行ってみるのがオススメです。

 

転職の際は必ず会社の口コミや評判をチェックする!

これから転職活動を行う場合は、必ず面接を受ける前に企業の口コミをチェックしておきましょう。

キャリコネは、企業の「口コミ」「評判」を知る事ができるサイトです。実際働いていた人が口コミを投稿しているので、リアルな会社の内情を知る事ができます。

こういった無料のサイトを利用するだけでも、人間関係の良し悪しなどを事前に知る事ができます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*