管理職になる事で生じるメリット・デメリット7つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で実力を認められると「管理職」に昇進する場合があります。皆さんは管理職に対してどのようなイメージを持っていますか?一般職と比べて、良い面、悪い面は一体どういった所なのでしょうか?

スポンサードリンク

 

一昔前であれば、「管理職」は憧れのポジションだったかもしれません。部下をまとめて仕事の指揮をとる、給料も高く周囲からは尊敬される存在です。

しかし最近では世の中の考え方が少しずつ変わってきています。

管理職になったことで得られる「メリット」よりも、「デメリット」の方が大きく感じてしまい、管理職を拒否する人が増えています。

今回は、管理職になることで得られるメリット・デメリットをそれぞれご紹介していきます。

 

1,管理職になるメリット7つ

まずは管理職になる事で得られる「メリット」をご紹介します。金銭面や社会的地位のアップなど、管理職は一般職に比べてメリットが多いです。

 

管理職になるメリット1:給料アップ

管理職になれば役職がつくので、「基本給のアップ」「ボーナスアップ」「役職手当」など、様々な形で会社から受け取る給料が増えます。

もちろん職場によって変わりますが、大企業の管理職であれば、年収は大幅にアップする事がほとんどです。

ただし気をつけて欲しいのは、必ずしも給料が上がるとは言い切れないという事。大企業ではあまり聞きませんが、零細企業や中小企業ですと、管理職になったせいで、反って給料が下がる事例が多発しています。

この原因は残業代がつかなくなるからです。これについては「デメリット」の方で後程ご説明します。

 

管理職になるメリット2:会社でのポジションや社会的地位が高まる

管理職は一般職とは違い「役職」がつきます。一般社員とは区別され、社内でのポジションや社会的地位が高くなります。

社内での権限を持つことができるので、一般社員に仕事の支持をしたり評価を下す立場になります。

一般社員は立場的には全員同じなので、年齢や経験で上下関係が決まります。しかし管理職になれば、例え年齢が若かったり経験が浅くても、一般社員よりも上に立つ事ができます。

 

管理職になるメリット3:経営陣側に立てる

管理職になると、従業員側から経営陣側に立場が逆転します。役員や上層部とコネクションが出来るため、今後も出世し易くなるでしょう。

会社の重要な方針の変更や仕事についても、管理職であれば上層部と共有する事ができます。

 

管理職になるメリット4:今後のキャリアアップに繋がる

管理職は役職がつくので、今後のキャリアアップにも生かせます。例えば転職する場合ですが、「○○会社で管理職をしてました。」というだけでも、面接官からは評価してもらえます。

管理職は部下のマネジメントをしたり、仕事全体を把握することができなければ勤まりません。管理職で働いていたという経歴があるだけでも、次の仕事につなげやすいです。

 

管理職になるメリット5:管理職のスキルが身につく

管理職は一般職とは仕事内容が異なります。具体的には「社員のマネジメント」「上層部との連携」「業績アップ」「業務改善」などなど。

管理職の仕事は多岐に渡ります。一般職では学べないようなスキルがたくさん身につくので、自分自身の能力アップに繋がります。

 

管理職になるメリット6:仕事に対するモチベーションが高まる

役職を貰うという事は、それだけ上から期待されている証拠です。普通の人であれば、仕事に対するモチベーションが高まり、やる気が出るはずです。

仕事でさらに結果を出そうとするので、それが昇進・昇給へと繋がります。

 

管理職になるメリット7:リストラされない

管理職は一般職に比べて、リストラの対象になりにくいです。それなりに重要なポジションなので、業績悪化でリストラする場合は、まずは末端社員からとなるのが普通でしょう。

長く働いていると、必ず不景気を経験します。そんなときに管理職になっておけば、そこまで焦らずに済みます。

 

2,管理職になるデメリット7つ

続いては、管理職になる事で生じる「デメリット」についてご紹介します。メリットとデメリットをしっかり把握して、自分には一般職か管理職どちらが向いているのか考えましょう。

 

管理職になるデメリット1:残業代がつかない

管理職になるもっとも大きなデメリットは、残業代が付かなくなる事です。一般社員であれば、企業は残業代を付ける事が義務付けられています。

しかし管理職の場合は、企業は残業代を支払う義務がなく、残業代が支払われなくなる事が考えられます。

最近では管理職になったせいで給料が下がった、という事例が増えており、それが原因で管理職になる事を拒む人が増えています。

確かに仕事量や責任だけ増えて、肝心の給料が下がっているのでは、管理職になる意味が感じられませんよね・・

 

管理職になるデメリット2:一般社員との距離感を感じるようになる

管理職になると「経営陣側」に立つことになります。一般社員が雇われているのに対して、雇う側(経営陣側)に立つので、やはり一般社員とは距離感が生まれます。

一般社員で腹を割って話をしてくれる人は減りますし、「管理職」というだけで敵対心を持つ人も出てきます。

これまで仲良くしていた一般社員と距離感が生まれるのは、やはり寂しく感じてしまいます。

 

管理職になるデメリット3:責任感やプレッシャーが増える

管理職は部下をまとめるリーダー的な存在です。任された職場の指揮権を持つことになるので、仕事に対する「責任」「プレッシャー」は間違い無く増えます。

仕事の業績が低迷すれば、上層部から注意されるのは部下ではなく管理職です。

職場によっては「ノルマ」が設定されており、ノルマを達成するために、業績を上げる方法を考えなければいけません。こういった仕事も管理職に回ってくる恐れがあります。

 

管理職になるデメリット4:部下のマネジメントを行わなければいけない

管理職になると部下のマネジメントも仕事の一環となります。これは思っているよりも大変です。聞き分けの良い部下ばかりであれば良いですが、社会には必ず反発する部下がいます。

特に面倒なのは「年上の部下」です。部下が年上だと反発心が強く、年下の上司の言う事を聞いてくれません。

他にも「頻繁に遅刻する部下」「コミュニケーションを取れない部下」「ミスばかり出す部下」こういった部下を指導するのは、管理職の役目となります。

 

管理職になるデメリット5:上司や取引先とのやり取りが増える

管理職になると、上司や取引先とコミュニケーションを取ること増えます。飲み会などは頻繁に参加する必要があります。

社交的な人であれば問題ないですが、こういったコミュニケーションを嫌う人には、とっても苦痛に感じるはずです。

 

管理職になるデメリット6:長時間労働になる

管理職になると、一般職に比べて労働時間が間違い無く増えます。

一般社員は残業代をつけたり、働かせすぎると問題になる可能性があります。

しかし管理職の残業はこういった問題が起きづらく、さらに残業代を支払う義務がないので、会社側は一般社員よりも管理職に残業をさせようとします。

それと単純に管理職は仕事量が多いので、当たり前のように毎日残る必要があります。

 

管理職になるデメリット7:管理職に向いてないと体を壊す可能性がある

管理職には、向き不向きが存在します。一般職とは違いプレーヤーではなくなるため、これまでの仕事とは大きく仕事内容に変化があります。

管理職の仕事に向いていれば良いですが、仮に管理職の仕事が向いていない場合は、ストレスやプレッシャーに押しつぶされる可能性があります。

仕事が合わない場合、最悪、職を失ったり体を壊すリスクもあるので注意しましょう。

 

3,職場に不満を抱えているなら転職を考える

管理職になるのが嫌なのであれば、「転職」を考えても良いと思います。

現在の職場で管理職になって、大きなメリットを受けられるのであれば良いかもしれません。

しかし「給料が安い」「責任が重い」など、デメリットの方が強く感じるようであれば、管理職を続けるのが辛く感じてしまいます。

辞退できるのであれば管理職を辞退しても良いと思いますが、辞退できないのであれば、転職できる環境を整えておく必要があります。

 

転職エージェントへの無料登録を済ませておこう

転職エージェントとは、ネット上で使える無料の転職サービスです。登録する事で全国の求人をチェックしたり、転職のプロのサポートを受けられます。

今の仕事が辛く感じていたり、新しい仕事に興味がある人は是非利用してください。

 

4,オススメ転職エージェント

続いては私がオススメの転職エージェント3つをご紹介します。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

オススメの転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

 

5,管理職のメリット・デメリットのまとめ

以上です。今回は、管理職になる事で生じるメリット・デメリットについてご紹介しました。これから管理職になる可能性がある人は、是非今一度良く考えてください。

一度管理職になってしまうと、やはり一般社員に戻るのは難しいです。メリットとデメリットをしっかり把握した上で、管理職になるのか検討しましょう。

職場によっては管理職の待遇が全く異なるので、ちゃんと調べて精査する必要があります。

仕事はこの先何年、何十年も続けていかなくてはいけません。管理職は一般職に比べて、間違い無くストレスやプレッシャーは大きくなるので、よく考えて答えを出してくださいね。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*