アパレルから異業種への転職でおすすめは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、アパレル業界は売上低迷する企業が増えています。物が売れない時代が訪れており、アパレル業界から別の業界へと転職を考える人が大勢いらっしゃいます。

スポンサードリンク

 

 

1,アパレル業界は不況続き

アパレル業界はここ数年不況が続いています。消費者のニーズが「安くて良い物」に切り替っており、ユニクロなどのファストファッションが一人勝ちしている状況です。

さらにここに来て、ウイルスの影響もあり、大型店舗でさえもお店を続々と閉店していく状況に陥っています。

新しいもので言えば、ギャル系ファッションの代名詞でもある「セシルマクビー」がリアル店舗の撤退を決めましたね。

他にも老舗アパレル企業である「レナウン」の倒産であったり、アパレル大手のオンワードホールディングスも赤字に陥っています。

日本だけでなく海外でも「ニーマンマーカス」「ローラアシュレイ」「ブルックス・ブラザーズ」といった大手アパレル企業が軒並み倒産しています。

 

これからアパレル業界はさらに厳しくなる

ほぼ間違い無く、今後アパレル業界はさらに苦境に立たされます。

仮にウイルスを上手く乗り切れたとしても、その後すぐに景気が回復する事はありません。しばらく不況の時代は続くので、長引けば長引くほど倒産するアパレル企業が増えるのは間違いないです。

これまで好調だったファストファッションでも、売上不振に陥っている企業が出ており、今後ますますアパレル業界の懸念が高まっています。

 

2,異業種へ転職を考えるなら早い方が良い

アパレル関係から異業種への転職を考えているのであれば、できるだけ早い方が良いです。

まず異業種へ転職する場合「年齢」が大きく左右します。

20代~30代であれば、異業種であっても転職先はいくらでも見つかります。しかしこれが40代、50代になってくると正社員での仕事が中々決まらなくなります。

見つかったとしても「派遣社員」や「パート」などですね。

さらにこのまま不況が続けば、働いているアパレル会社が倒産するリスクもあり、倒産してから異業種への転職を行なう事態になります。

職を失ってから新しい仕事を探すとなると、精神的に追い詰められるし、焦って良い仕事を見つけられないので危険です。

もし将来的にアパレル企業から異業種への転職を考えているのであれば、今からでも転職活動に取り組むことをオススメします。

最近ではネットを通して簡単に転職活動が行えるので、そういったサービスを利用するのがリスクが無くて良いですよ。

 

3,アパレルからの転職でおすすめの異業種は?

それでは本題である、アパレルからの転職でオススメの異業種をご紹介します。

【オススメの異業種】
●ネットショップ関係
●営業職
●一般事務
●IT系
●工場

 

オススメの異業種1:ネットショップ関係

アパレルからの転職で最初にお勧めしたいのが、「ネットショップ」関連の仕事です。

ネットショップ系の仕事では衣類はもちろんですが、「雑貨」「小物」「アクセサリ」など様々なショップが存在します。

ネットショップのファッション関係の職場であれば、好きなファッションに身を包み、アパレルショップと似たような感覚で働く事ができます。

さらにこれまで培った「販売能力」やアパレルに対する「知識・経験」などを生かす事が可能です。

ネットショップ業界はウイルスの影響もそこまで受けておらず、業界自体も伸びているので今後も安心して働けます。

通常の企業のように土日休みに設定している会社が多く、リアル店舗よりも働きやすいのもメリットの一つですね。

接客の頻度もたまに電話で受ける程度なので、通常のアパレル店員に比べれば接客でのストレスが少なめです。

 

オススメの異業種2:営業職

「保険の営業」「車の営業」「不動産の営業」など、営業職では販売員の経験がある人を優遇してくれます。

営業職はアパレル販売員として培ってきた、「販売能力」「接客力」「コミュニケーション能力」などを活かせる職業です。

さらに営業職では頑張り次第で、給料がグングン伸ばせるのも魅力的。

上手く伸びている市場や会社を見つけられれば、これまで以上に大きな収入に結び付けられます。

営業職では基本的に「やる気」が一番必要とされています。未経験者でも活躍できる数少ない職業です。

 

オススメの異業種3:一般事務

アパレルからの転職で女性から特に人気なのが「一般事務」の仕事です。

アパレルは体力的にも疲れるし、接客やノルマなどでストレスが溜まります。一般事務であれば接客やノルマに悩む必要はなく、座って仕事ができるので体力的にも非常に楽です。

他にも「医療事務」など、そこまで難しくない資格を取るだけで働けるのでオススメです。事務関係は年を重ねてもずっと働けるので、女性からは人気が高いです。

 

オススメの異業種4:IT系

手に職をつけて安定した会社で働きたいのであれば、「IT企業」がオススメです。例えば「プログラミングスキル」などがあれば、IT企業では高い確率で採用してもらえます。

【プログラミングを学びたい方はコチラから】
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

プログラミングができるようになれば、ゲームやアプリを開発したりWEBページを作る事も可能になります。様々な仕事に活かせられるので、就職活動に非常に有利です。

プログラミングはネットを通して学ぶ事も可能です。

IT関係の仕事は基本的にどこでも行えます。リモートワークを取り入れている企業も増えており、ウイルスの影響を受けずに働けます。

 

オススメの異業種5:工場

接客など人間関係に疲れてしまったのであれば、「工場」への転職がオススメです。工場は職場の人間関係は多少ありますが、接客などが皆無で人間関係のストレスが限りなく少ない仕事です。

給料も比較的安定しており、残業が少なく自分のペースで働く事が可能。

土日も休みを貰えるので、ストレスを感じづらい仕事です。

 

4,転職エージェントを使ってみよう

アパレルから転職を考えている人は非常に多くいらっしゃいます。しかし現状、すぐに会社が倒産する訳でもなく、転職への一歩が踏み出せていない人がほとんどです。

そんな人にお勧めなのが「転職エージェント」を使った転職方法。

転職エージェントとはネットを使って転職活動が行える画期的なサービス。現在働いている会社を辞める必要がないので、リスクもなく安心です。

簡単な無料登録を行うだけで、「求人のチェック」「アドバイザーへの相談」「適職探し」など様々なサービスが受けられます。

少しでも転職を考えているのであれば、無料登録を行っておく事をお勧めします。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

オススメの転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

人材紹介【パソナキャリア】


 

5,異業種へ転職するメリット

続いてはアパレル業界を辞めて、異業種へ転職するメリットをご紹介します。

【異業種に転職するメリット】
●倒産や解雇のリスクヘッジ
●給料が上がる
●体力面・精神面で楽になる
●土日祝日、大型連休も休める

 

異業種に転職するメリット1:倒産や解雇のリスクヘッジ

アパレル業界から異業種への転職を考える理由は様々ですが、やはり会社の倒産や解雇のリスクヘッジのために行なう人が多いでしょう。

アパレル業界は業績が厳しい会社がほとんどです。利益率が悪く外部の影響が受けやすい業種です。現に今回のウイルスの影響でも、飲食店に次いで倒産率が高いと言われています。

将来的に長く働くのは危険であり、倒産や解雇の確率が高い業種です。

 

異業種に転職するメリット2:給料が上がる

アパレルの中でも特に「販売員」は給料が基本的に安いです。20万円前後しか貰えない事が多く、会社自体も薄利多売で経営的にキツイので、どこのお店でも昇給するのが難しいです。

ファストファッションなど儲かっているアパレル企業でさえも、利益には非常にシビアなので、従業員の給料は思っているほどよくありません。

営業やIT系など、羽振りのよい業界であれば大きな給料アップが見込めます。アパレルから上手く転職した人だと、1.5倍~2倍近くの給料を得ています。

 

異業種に転職するメリット3:体力面・精神面で楽になる

アパレル系の仕事は一日中立ちっぱなしで体力的にキツイ仕事。もちろん常に接客を行い、毎月販売のノルマにも追われるため、精神的にも非常に疲れます。

若いときであれば何とかなりますが、将来的に30歳、40歳になれば働くのがどんどん辛くなっていきます。

若い人がターゲットのショップであれば、年齢が影響して「お店と合わない」という理由で働けなくなる懸念もあります。

 

異業種に転職するメリット4:土日祝日、大型連休も休める

アパレル企業で働いており辛いのは、休みが少ないことですよね・・。特に販売員は土日祝日、大型連休はほとんど休みが貰えないません。

友達や家族と過ごす時間がなく、辛い思いをしている方も多いのではないでしょうか?

アパレルの仕事を辞めれば、友達や家族との時間が増えて、プライベートをおもいきり満喫できます。

 

6,アパレルから異業種への転職のまとめ

以上です。今回は、アパレル業界から異業種への転職についてお話しました。アパレル業界は年々厳しくなっており、さらにウイルスの影響で今後倒産する企業が増えていく見通しです。

現在アパレル企業で働いているのであれば、将来を危惧して「転職」を考えている人も多く存在するでしょう。

そんな時はまずは転職エージェントを利用してみてください。現在のアパレルの仕事を続けながら、気軽に転職活動ができるのでオススメです。

会社が倒産してからでは遅いので、今のうちにリスクヘッジのためにも転職活動を行なっておきましょう。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*