最悪な職場の人間関係は改善できる?対策や対処方法について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の転職理由で最も多いのが、「職場の人間関係」です。自分に問題があるのであれば解決や改善も可能ですが、職場の人間関係が元々最悪な場合はどのように対処するのがいいのでしょうか・・・?

スポンサードリンク

 

1,人間関係が最悪なら改善する努力をするべき!

「人間関係が最悪だから仕事が憂鬱だ・・・」
「どうすれば良い人間関係が築けるのか分からない。」

このような悩みを持った社会人は実は非常に多いです。よっぽど良い職場に恵まれない限りは、誰でも人間関係には悩まされるし「改善したい!」と考えているでしょう。

そこで大切なのは、改善するために”努力”することです。ただ毎日の人間関係にストレスを溜めているだけでは、どこかで仕事を辞めることになるだろうし、長続きしません。

しっかりした対策や改善策を練ることで、上手く仕事場で立ち振る舞えるようになり、仕事が長続きするようになります。

 

完璧な人間関係を目指す必要はない!

ついつい完璧な仕事場での人間関係に憧れますが、そうでなくても仕事を続ける事は可能です。


・優しくて思いやりのある上司
・互いにモチベーションを高めあえる気のあう同僚
・慕ってくれる真面目な部下
・何でも相談できる職場の友人

このような人間関係が築ければ、仕事に行くのも楽しくなるかもしれません。しかし実際に完璧な人間関係の仕事場に就職できる人って、ほとんどいないと思います。

私が知る限りでは、大抵の人は職場で多少の人間関係を抱えています。それでも皆仕事を続けられているのですから、小さなストレスであれば仕事を続けるのに支障はないはずです。

完璧でなくても仕事を続けるにあたり、ストレスを大きく溜めない環境を目指す事が大切です。むしろ完璧な人間関係ですと、社会での免疫我慢強さが身に付かないので後々苦労することになります。

程よいストレスを感じながら仕事を頑張るのが、自分自身が強くなるし成長していけます。とは言っても、ストレスがないに越した事はないんですけどね。

 

2,まずは信頼できる仲間を一人作る

職場には同僚・部下・上司と様々な人間関係で成立していますが、ストレス発散のためにも「信頼できる仲間」を一人作っておきましょう。

どんな仕事場であっても、自分と同じ考えを持った意気投合できる仲間が一人でもいれば、心強いし仕事を頑張れるものです。

現在の仕事場で愚痴を言い合えるような「仲間」がいない場合は、同僚でも部下でもいいので一人見つけてください。

 

二人で行動すれば自然と人が集まってくる

会社の休憩やお昼時に「一人」で行動するのと、「二人」で行動するのは全然違います。毎日仕事場で一人で行動している人は、周囲から見ても近寄り辛く感じます。

反対に二人で行動している人の場合は、他の社員も近づきやすいので自然と話しかけられるし、職場での交流関係も増えていきます。

休憩中に同僚と会話していれば、笑顔もこぼれるし、周囲から見ても「接しやすい人」というイメージがつきます。

まずは仲のいい同僚を一人見つけて、職場に溶け込んでいきましょう。

 

3,挨拶で人間関係を改善する

職場での人間関係が最悪だと感じているのであれば、まずは自分から進んで挨拶を行うようにしましょう。

人間関係がギスギスする理由って、相手が何を考えているか分からないからです。挨拶を積極的に行うことで、コミュニケーションが取れるようになるので、自分のことをなんとなく理解してもらえます。

 

挨拶はコミュニケーションには欠かせないツール

例えば仕事で揉めてしまい、仕事仲間とギスギスした経験はありませんか?

 

▼人間関係が悪化する原因▼

 
1、仕事の意見の食い違いで揉める
2、何となく気まずくなり挨拶をしなくなる
3、お互いにモヤモヤやイライラが溜まり嫌いになる
4、ちょっとでも気に入らない事があると関係はさらに悪化する

 

仮に2番の段階で、元気よく「おはよう!」「お疲れ様!」と、どちらかが挨拶をしていれば、仕事で揉めたことなど綺麗に洗い流せたはずです。

変にギクシャクしてしまい挨拶をしなくなると、少しずつ関係性が悪くなり最後には最悪な人間関係を作ってしまいます。

そうならないためにも、日頃から元気よく挨拶をする癖を付けておき、コミュニケーションを取るようにしておきましょう。

 

今からでも遅くない!挨拶をすることで職場の人間関係が改善できる!

毎日挨拶することで人間関係を悪くさせないことが可能です。しかし既に職場での人間関係が最悪だったらどうでしょうか・・・?

この場合でも挨拶を積極的に行う事をオススメします。職場でギスギスしている状態ってお互いのことを、「この人は自分とは合わない」「何を考えているか分からない」と勝手に解釈していることがほとんどです。

挨拶をしてコミュニケーションを取ることで、人間関係が改善されることがあります。

 

4,苦手な人に歩み寄ってみる

職場には必ず「苦手な人」や「嫌いな人」っていますよね。自分がそう感じているのであれば、相手も同じように感じている事がほとんどです。

お互いに「相手も同じように感じているだろう・・」と考えてしまっているので、心を開かないし関係性を改善しようとも考えません。そんな時は、自分から勇気を出して一歩踏み込んでみる事も大切。

 

プライベートな会話で踏み込む!

普通に仕事の話をしていても、苦手な人が心を開いてくれる事はありません。それよりも共通の話題を探し、プライベートな会話で責める事をオススメします。

例えばお互いに子供がいるのであれば、子供について質問してみるのもありです。ギャンブルが好きならば、ギャンブルについて質問してみるのもいいですね。

相手の人が興味のある内容で話しかけると、意外と会話が盛り上がってすぐに意気投合できますよ。

 

5,「ありがとう」と「ごめんなさい」をちゃんと言葉にする

日常生活で使うことが多い、「ありがとう」「ごめんなさい」という言葉。これらの言葉には、職場の最悪な人間関係を改善する力があります。

 

小さなことにでも感謝の気持ちを伝える

 

▼ありがとうを言うタイミング▼

 
・職場でペンを借りたとき
・落ちた物を拾ってもらった時
・仕事を手伝ってもらった時
・資料を作ってもらったとき

 

物を拾ってもらったり、ペンを借りた時に適当にお礼を言っていませんか?小さな事をしてもらった時こそ、しっかり「ありがとうございます。」と感謝の気持ちを伝えましょう。

感謝の気持ちを伝えると、言った方も言われた方も気持ちがいいので、お互いの関係性が良好になります。特に人間関係が悪い時は、このような言葉の掛け合いで改善されることが多いです。

「資料を作る」というのがその人にとっての仕事だったとしても、作ってもらったなら「ありがとうございます。」と一言伝えましょう。

“仕事なんだから当たり前”という気持ち捨てて、素直に感謝の言葉をかけてください。。

 

迷惑をかけたなら、ちゃんと言葉にして謝る

仕事場では自分のミスを認めたくなくて、ついつい謝らずに済ませていませんか?「誰も気にしてない」って当事者は考えるかもしれませんが、迷惑をかけられた方は意外と根に持つものです。

「ミスして申し訳ありませんでした。」としっかり言葉にする事で、反省の気持ちや謝罪の気持ちを相手に伝える事ができます。このような些細な事が積み重なると、信頼できなくなり相手に嫌悪感を抱いてしまいます。

人間関係を悪くしないためにも、ミスをしたときや相手に迷惑をかけたときは、言葉にして謝罪するようにしましょう。

 

6,仕事に対して真面目に取り組む

職場で良い人間関係を作りたければ、必ず仕事に対しては真面目に取り組むことです。

・上司の目を盗んで休憩を長く取る人
・遅刻癖がある人
・仕事を雑にこなし周囲に迷惑を掛ける人

こういった人が度々、職場での人間関係を悪くすることがあります。真面目に仕事をしている社員からすると、不真面目な社員は迷惑な存在になります。

直接相手に迷惑をかけていないつもりであっても、片方で真面目にやっていると、どうしても不真面目な社員を許せません。

真面目な社員と不真面目な社員では互いにあたりが強くなり、結果的に最悪な人間関係へと発展し易いのです。

 

日本人は真面目な人が多い

日本人って異常なまでに仕事に対して真面目です。

「絶対仕事を休んではいけない。」
「社会人で遅刻はありえない!」

こういった風習が日本ではあるので、不真面目な人間は社会で嫌われやすいです。仕事場で良好な人間関係を築きたければ、真面目に一生懸命仕事に取り組むことが大切です。

 

7,あらかじめ人間関係の良好な会社を選ぶ事も大切

仕事場にはどうしても当たり外れがあります。そこそこ良好な人間関係の職場もあれば、どうしようもないくらい最悪な人間関係の職場も存在します。

もしこれから「転職」を考えているのであれば、あらかじめ企業調査をして会社の下調べをしておくことをオススメします。

 

8,人間関係が最悪で改善できない場合は転職を考えてみる

人間関係が最悪で改善できない場合は、無理して働くのではなく転職を考えてみましょう。転職サイトや転職エージェントを利用すれば、現在の仕事を続けながら転職活動が行えます。

次の就職先を見つかってから仕事を辞めればいいので、リスクなく転職活動を行えるのでオススメ。転職活動をすぐに行わないにしても、無料登録だけしておくと、いざというときにすぐに転職活動ができます。

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、大企業の就職先も豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。登録は無料でできます。
 

▼リクルートエージェントに登録するべき人▼

 
すぐにでも転職先を見つけたい
転職のプロに手助けして欲しい
自分に合った職業を見つけたい
面接の方法や履歴書の書き方などのアドバイスが欲しい

 

転職エージェントなので、担当のエージェントのサポートを受ける事ができます。いい転職先があればすぐにでも転職を考えたいのであれば、リクルートエージェントに相談してみるのがオススメです。

【リクルートエージェント】


 

リクナビネクスト(転職サイト)

リクナビネクストは大手の転職サイトです。豊富な求人情報以外にも無料登録を行うことで、様々なサービスが使えるようになります。

「グッドポイント診断」はリクナビでも非常に人気のサービス。

「グッドポイント診断」では、「社交性」「継続力」「親密性」「決断力」など18種類の項目から、客観的にあなたの強みを教えてくれます。

自分の強みを知ることで、どういった職業が向いているのか見つけやすくなります。さらに強みが分かることで、就職や転職での面接時に自分のアピールの仕方が分かるようになり、面接で成功する確率も上げられます。

さらに「スカウト登録」をしておけば、自分の強みや経歴を見た企業から思いもよらない就職のオファーが届くこともあります。自分の経歴や強みをベースにオファーが届くので、そこから自分に合った仕事を探し出すのもオススメ。

リクナビネクストは転職サイトなので、基本的に担当者のサポートは受けられません。
 

▼リクナビネクストに登録するべき人▼

 
今すぐ転職したいわけではない
とりあえずどんな求人があるのか見てみたい
エージェントのサポートは必要ない

 

リクナビNEXT

 

9,まとめ

以上です。今回は、職場の人間関係の改善方法や、対策や対処方法についご紹介しました。職場の人間関係が悪いと、仕事にも集中できないし、どこかで必ず退職することになります。

仮に無理して仕事を続けても、「うつ病」や「精神疾患」に掛かる可能性が高く危険です。人間関係で大きなストレスを感じているのであれば、改善するために努力するべきです。

どうしても改善できない場合は、転職エージェントや転職サイトを利用して新しい仕事を探してみるのもオススメです。転職する場合は、人間関係の比較的いい職場を探すためにも、「キャリコネ」など口コミがチェックできるサービスを利用してくださいね。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*