ブラック企業が多い職種について。離職率が高い激務な仕事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これから就職・転職を考えているのであれば、職種には十分注意して頂きたい。やはり職業や職種によっては、まだまだブラック企業が多い仕事も存在します。せっかく入社したのにすぐに転職することがないように、今回の記事を参考にして職種選びを行ってください。

スポンサードリンク

 

目次

1,ブラック企業の定義とは?
2,ブラック企業が多い職種:飲食店
3,ブラック企業が多い職種:IT関係
4,ブラック企業が多い職種:広告代理店
5,ブラック企業が多い職種:ファストファッションやファーストフード店
6,ブラック企業が多い職種:ホテル・旅館などの宿泊施設
7,ブラック企業が多い職種:運送業者
8,ブラック企業以外の会社に就職しよう!
9,まとめ

 

1,ブラック企業の定義とは?

ブラック企業とは、過重労働・違法労働・パワハラなどを平気で行い、従業員を人として扱っていない会社の事を指します。

ブラック企業に勤めると、人権を無視したような働き方をさせられます。退職に追い込まれるだけなら良いですが、病気や精神疾患にかかる人も大勢いらっしゃいます。

会社選びの大前提として、ブラック企業だけは避けるべきです!

 

ブラック企業の定義1:とにかく勤務時間が長い!

ブラック企業である最大の特徴が、「労働時間の長さ」です。労働時間は現代社会で大きな問題となっています。

完全にブラックな企業ですと、残業をすべて”サービス残業”としてしまい、従業員が残業代を受け取れなくしています。

勤務時間が長くても、しっかりとした手当てがつくのであればまだ許せますが、サービス残業で片付けられると、何のために働いているのか分からなくなりますよね・・

・過労死ライン 月の残業時間が80時間以上

過労死ラインを超えて残業させられていれば、それは完全なブラック企業です。しっかり残業代を貰っているとしても、過労死ラインを超えて残業させるような会社は長く働くべきではありません。

 

ブラック企業の定義2:有給休暇が使えない

ブラック企業では有給休暇はあっても、使えないことがほとんどです。外面は有給制度が整っているけど、誰も有給を使えない、使ってはいけない雰囲気が出ている、といった状態。

普通のホワイト企業であれば、社員には有給を積極的に消化させるようにします。しかしブラックでは使わせてもらえない。このような感覚を覚えたら、ブラック企業である可能性大です。

社員の幸せを考えず、とにかくこき使おうと考えるブラック企業ならではの発想です。

 

ブラック企業の定義3:社員への思いやりが一切ない

社員の人格を無視して、仕事を押し付けるような会社では働くべきではありません。

このような会社では使うだけ使われて、あっさりとクビにされてしまいます。どれだけ身を粉にして働いても、最後には切り捨てられるということです。

プライベートを犠牲にしてまで頑張って働くのが、馬鹿らしくなりますよね・・・

 

ブラック企業の定義4:ハラスメントの横行

ブラック企業では「モラハラ」「パワハラ」「セクハラ」など、社会で問題視されているハラスメントが横行しています。特にモラハラとパワハラは注意が必要。

仕事上で失敗をすると従業員は自分自身を責めます。そこに付け入り、「お前は仕事ができない」「ダメなやつだ」「常識がない」など人格を否定するような言葉を浴びせられます。

仕事でミスをしているので納得してしまい、それが日常的になっていきます。

 

結局の所、社員の満足度次第

一言に「ブラック企業」といっても、様々な定義がありますよね。

長時間労働であっても、それに見合った賃金を受け取っており、社員が満足しているのであればブラック企業とは言いがたいです。

これはベンチャー企業が良い例です。

ベンチャー企業は働く時間はブラック企業のような働き方ですが、社員が同じ「夢」や「志」を持って働いており、文句を言わず仕事を楽しんでいます。

しかし大企業でよくあるような、長時間労働で賃金が安く、社員が皆不満を持っているのであれば「ブラック企業」って言われますよね。

もちろん労働基準法に違反していない事も大切ですが、結局の所、「社員がどれだけ満足しているか?」に尽きると思います。

続いては、ブラック企業が実際に多く存在する「職種」をご紹介します。

 

2,ブラック企業が多い職種:飲食店

飲食店は世の中にお店の数が非常に多く、薄利多売な仕事です。利益率が低いので、どうしても経営状況が悪く、従業員をたくさん雇うことが厳しくなります。

ですので一人ひとりの従業員の労働時間は必然的に長くなり、さらに給料も安いことがほとんど。さらにたくさんの仕事を任せられ、職場全体がピリピリして、人格を無視した働き方をさせられる事が多いです。

どれだけ忙しくても、給料が高ければ働く人は一定数いらっしゃいます。しかし飲食業界は激務な上に給料も安いので、非常に離職率が高い職業となります。

普段のハードな仕事に加えて、欠勤者が出れば休日出勤や残業までも行わなければいけません。

 

3,ブラック企業が多い業種:IT関係

プログラマーやシステムエンジニアの仕事は、長時間労働を課せられることが多いです。一昔前のブラック企業といえば、「IT関連」の会社がほとんどでしたよね。

特に小さな会社ですと、ギリギリの経営をしている会社が多く、従業員一人ひとりに掛かる労働量は大きくなります。仕事が終らなければ終るまでやらなくてはいけないし、サービス残業となることも多いでしょう。

プログラマーには納期などもありますので、それに合わせて徹夜で仕事をすることもあります。

ただしこれは一部のIT企業だけです。最近では「働き方改革」を重要視しているIT企業が増えており、長時間労働を止めて、自宅勤務の時間を増やしたり、どこに居ても仕事ができる「リモートワーク」への取り組みを行っています。

ITはパソコンがあれば、社内に居なくても連携して働くことが可能です。私の知人の会社でも、少しずつリモートワークの制度を導入しており、従業員が会社に出てくる時間を減らしているそうです。

こういった取り組みを行っているIT企業に正社員として就職すれば、他の仕事よりもよりホワイトな職場で働けます!

 

4,ブラック企業が多い業種:広告代理店

広告代理店は激務でブラック企業が多いです。ニュースでも度々見かける、「過労自殺」「過労死」などはブラック企業を強く印象づけますよね。

社員の事を全く考えず、十分な休暇も与えずに仕事をさせてしまうと、こういった悲しい事故が起きてしまいます。

忙しいのはしょうがないかもしれませんが、社員を人として扱わなかったり、激務を押し付けていればこのようになるのは目に見えています。

広告代理店は「営業」「資料作り」「企画」「マーケティング」と、仕事量も非常に多いです。給料は高く設定されている事が多いですが、それ以上に激務過ぎて精神的に疲れてしまう人も多いです・・

 

5,ブラック企業が多い業種:ファストファッションやファーストフード店

最近人気なのが、「ファストファッション」「ファーストフード」ですね。経済面でも急成長を遂げている業界なので、仕事は忙しいし深夜まで働くこともあります。

ファストファッションやファーストフード店では、薄利多売の商売となります。ですので経費は落とすのが鉄則で、従業員の給料は割りと低め。

他のお店に比べてお客さんの数は多いですが、給料が少なく、勤務時間が長いのも特徴として挙げられます。

 

6,ブラック企業が多い業種:ホテル・旅館などの宿泊施設

ホテル・旅館などの宿泊施設は、平均勤務時間が非常に長くブラック企業が多いと言われています。

宿泊施設の仕事は勤務時間が長いのに加えて、体力面でもかなり厳しく離職率も高めです。その割には給料が高くないので辛い仕事ですね。

世間が休みの時期に入ると、宿泊者数もピークを迎えます。シーズン中は残業や休日出勤でカバーする事になるので、社員はかなり大変ですね。

一部の宿泊施設では、シーズンのみ社員やバイトを増員しますが、それでも人手不足に陥っています。

 

7,ブラック企業が多い業種:運送業者

最近は運賃の値上げに踏み切り、少しずつ改善されているようですが、大手の運送業者も長時間労働が当たり前です。

仕事が間に合わなければ、サービス残業をさせられることもしばしば。

運送業者の辛いところは、ただでさえ肉体労働なのに、残業や休日出勤なども課せられるところですね・・・

現在ネット通販が人気となった影響もあり、運送業者の荷物は増え続けています。その分ドライバーの労働量が増える事になります。これは最近問題になり、ニュースや新聞でも取り上げられていましたね。

 

8,ブラック企業以外の会社に就職しよう!

ブラック企業で働くと、本当に毎日が地獄になります。まず帰宅時間が遅くなるので、家族や友達との時間が過ごせません。

そのせいでストレスは溜まり続け、慢性的なうつ状態に陥っていきます。

ブラック企業でも、給料が高くお金のためと割り切って前向きに頑張れるのであれば別です。しかし「仕事が辛い」「仕事を辞めたい」と感じているなら、早い段階で普通の会社に転職するべきです。

自分でブラック企業なのかどうか判断できない場合は、第三者へ相談するなど適切な対応を取ってください。

【関連記事】・「仕事を辞めたい&職場で悩みがある」適切な相談相手や相談窓口

 

困ったときは転職エージェントを使おう

解決策として一番オススメなのは、「転職エージェント」を利用することです。転職エージェントに無料登録を行えば、転職のプロに相談ができるようになります。

「現在の会社はブラック企業ではないか?」
「他の職場はどのような働き方をしているのか?」

転職エージェントでは、上記のような気になる事を何でも聞く事ができます。

もちろん全国の優良企業の求人をチェックする事も可能です。次の転職先を探す場合は、転職エージェントの担当者に話を聞けば、会社がブラックかどうか、ある程度調べる事が可能です。

これだけでも次の職場でブラック企業を避ける事ができますね。

何の下調べも無くハローワークなどで面接をしてしまうと、ブラック企業に当たる可能性が高くなります。

ネット上の転職サイトを使って、上手にブラック企業でない会社選びを行いましょう!

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、大企業の就職先も豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。登録は無料でできます。
 

▼リクルートエージェントに登録するべき人▼

 
すぐにでも転職先を見つけたい
転職のプロに手助けして欲しい
自分に合った職業を見つけたい
面接の方法や履歴書の書き方などのアドバイスが欲しい

 

転職エージェントなので、担当のエージェントのサポートを受ける事ができます。いい転職先があればすぐにでも転職を考えたいのであれば、リクルートエージェントに相談してみるのがオススメです。

【リクルートエージェント】


 

無職やフリーターの方にオススメしたいジェイック

ジェイックは、無職やフリーターを積極的に支援している転職エージェント。学歴や正社員の経験がないと、大手転職エージェントでは断られる事があります。

しかしジェイックを使えば、学歴に関係なくサポートが受けられるので、フリーターや無職の方は非常に助かります。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!



 

サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

 

9,まとめ

以上です。今回はブラック企業が多い職種・職業についてご紹介しました。ブラック企業は離職率が高く激務なことがほとんどです。

ブラック企業にもしも入社してしまった場合は、無理して続けると「うつ病」「精神疾患」などを発祥する可能性があるので注意。

「この会社おかしい・・・」
「仕事が辛すぎる・・」

こんな風に感じた場合は、迷わずすぐに転職活動を行ってください。転職エージェントを利用すれば、すぐにでも転職活動が行えるし、転職のプロに仕事の相談を無料で行えます。

無理して働くのは状況を悪化させるだけです。「おかしい」と感じたら、第三者に相談したり何かしらアクションを取ることが大切です。

【関連記事】・休憩が取れない会社はおかしい!ブラック企業で休憩が貰えない理由とは?

 

転職の際は必ず会社の口コミや評判をチェックする!

これから転職活動を行う場合は、必ず面接を受ける前に企業の口コミをチェックしておきましょう。

キャリコネは、企業の「口コミ」「評判」を知る事ができるサイトです。実際働いていた人が口コミを投稿しているので、リアルな会社の内情を知る事ができます。

こういった無料のサイトを利用するだけでも、人間関係の良し悪しなどを事前に知る事ができます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*