ベンチャー企業が辛いから辞めたい。退職理由や転職方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンチャー企業は普通の会社に比べると、少し特殊な企業です。働く上での「やりがい」は十分に感じられますが、それ以上に大変なので辛い思いをする事が多いです。ベンチャー企業に勤めたのはいいけど、「仕事を辞めたい。」と感じてしまう若者は少なくありません。

スポンサードリンク


 

目次

1,ベンチャー企業は離職率が高い仕事
2,ベンチャーは誰にでも勤まる仕事じゃない
3,「仕事を辞めたい」と思ったら無理をしない
4,ベンチャー企業が辛い、辞めたいと感じる理由とは?
5,仕事を辞めたいなら、転職エージェントで新しい仕事を探す
6,ベンチャー企業についてのまとめ

 

1,ベンチャー企業は離職率が高い仕事

当然ですがベンチャー企業は他の業界に比べて、圧倒的に離職率が高い仕事となります。

主な理由は下記のようなものとなります。

【離職率が高い理由】
●ベンチャー企業には20代~30代の若い人が多い
●普通の仕事に比べてハードワーク
●会社側のルールや考え方がちゃんと定まっていない

ベンチャー企業に就職してくる人たちは、基本的に20代~30代の若者が多いです。このような若者は「安定」を求めてベンチャー企業には入社して来ません。

どちらかというと、短期的な「学び」や「成功」を手にしたいという若者が多いです。生涯働くというよりも、「チャレンジ精神」で入社してくるので、その分離職率は高めとなります。

「自分と職場が合わなければ次の転職先を見つける」といったスタンスで働く人が多いように感じます。

他にも仕事内容がハードであったり、会社のルール、考え方がしっかり定まっていないのも、離職率が高まる原因となっています。

 

2,ベンチャーは誰にでも勤まる仕事じゃない

ベンチャー企業は思っている以上に大変で辛い仕事です。ちょっとしたチャレンジ精神で入社しても、すぐに辞めてしまう方は非常に多いです。

一般的な大企業や中小企業とは働き方が全く異なっており、必要とされる人材も違います。一般的な企業と同じ感覚で入社してしまうと、「思っていた仕事と違った・・」というギャップが生じるでしょう。

もちろん労働時間は長いし、規則やルールはあってもないようなもの。ベンチャー企業の一寸先は「闇」です。少しでも手を抜けば倒産してしまうので、大企業のような働き方をしていてもダメです。

会社を軌道に乗せるためには、従業員一人一人が全力で働く必要があります。

新しいサービスを一人で立ち上げたり、オフィスで寝泊りする事もあるでしょう。それくらいやる気が無くてはベンチャーは勤まりません。

 

普通の会社員はベンチャーで働くべきではない

将来独立を考えていたり、何かビッグビジネスに人生を掛けたい人以外は、ベンチャー企業への就職・転職はオススメしません。

ベンチャー企業はそれだけリスクが高いし、普通の会社員に勤まる仕事ではありません。

普通の会社員であれば、やはり安定の大企業や中小企業で働くのが一番です。

 

独立を考えている人にはベンチャー企業はオススメ!

将来的に「独立」「フリーランス」などに興味がある人であれば、ベンチャー企業で会社の仕組みを知る事はとっても勉強になります。

ベンチャー企業の創業に携わっている人は、高確率で会社を退社した後に自分で起業しています。やはり社長の側で働くことで、必要な「知識」「知恵」が身につくので、自分でも起業するのでしょう。

将来的に独立を考えているのであれば、大企業で末端社員でいるより、ベンチャー企業で会社を支えたほうがよっぽど為になりますよ。

 

仕事で一発当てたい人にもベンチャー企業はオススメ!

仕事での「キャリア」や「安定」など面倒なことは考えずに、一発当てて成功したい人は「ベンチャー企業」はオススメです。大企業は安定しますが、飛びぬけた給料を貰ったり、一気に経営陣まで昇進するのは不可能です。

地道に結果を出し少しずつ昇給していく事は可能ですが、結果を出した次の日から社長の側で働くなんて無理ですよね。

そういった意味でもベンチャー企業は、社長に認められればすぐにでも側近として働けるので夢があります。会社の株を保有しており、会社が買収されればそれこそ大金持ちにもなれますからね。

 

仕事に人生を掛けたい人にもベンチャー企業はオススメ

「プライベート」と「仕事」で、仕事に生活の軸を置きたい方にもベンチャーはオススメ。こういう人は、仕事で寝泊りしたり休日すべて返上したりと、仕事への意気込みが違います。

ちょっとくらい仕事ができなくても、やる気は評価されますので、少なからず昇進することが可能です。

創業間もなくどうなるか分からない職場で、休まず一生懸命働いてくれていたら、普通の経営者であれば「恩返ししたい。」と感じます。

そこでさらに仕事ができれば、経営陣に仲間入りすることもあり得ます。

 

3,「仕事を辞めたい」と思ったら無理をしない

ベンチャー企業でもっともやってはいけないのが、無理をして働き続ける行為です。

これはどんな仕事にも共通して言えますが、「仕事を辞めたい」「仕事に行きたくない」という気持ちが強くなっていくと、それがエスカレートして「うつ病」など精神疾患に繋がる恐れがあります。

特にベンチャー企業は一人一人が重要なポジションを担っているため、仕事を辞めるのが難しい環境になります。「辞めたい」という一言が言い出せないと、慢性的なストレスがたまり続けるのでよくないです。

精神的に追い詰められているようであれば、すぐにでも普通の仕事への転職をオススメします。

 

4,ベンチャー企業が辛い、辞めたいと感じる理由とは?

続いてはベンチャー企業が辛い、辞めたい、と感じる理由をいくつかご紹介します。

 

辞めたいと感じる理由1:優秀な人間が多い!

ベンチャー企業は一人一人の能力が物を言います。ベンチャーの社長は会社の成長のために、スキルや能力が高い人間を採用します。

ベンチャー企業の社内には、「必要のない社員」という人間が一人もいません。

大企業であれば「いなくてもOKな人」って何人もいますよね・・?しかし、ベンチャー企業は一人一人が重要な仕事を任せられています。自然と能力が高い人間が集まるので、自分とのギャップに仕事を辞めたいと感じる人が多いです。

 

辞めたいと感じる理由2:仕事量が多い&責任のある仕事が多い

ベンチャーのイメージって完全なブラック企業ですよね。というか新しいサービスを世の中に広めていくのであれば、「仕事は定時で帰れる」「残業はよくない」など、甘いことは言ってられません。

倒産するか成功するかの瀬戸際で頑張っているので、働く時間が長いのは当たり前といえば当たり前です。仕事量が多いのはもちろんですが、さらに一つ一つの仕事の責任が大きく、プレッシャーが重く圧し掛かります。

プライベートを犠牲にして働くことになるので、仕事に魅力を感じてないと続けられませんよね。


「毎日定時で帰りたい!」
「休日出勤はできればしたくない!」

このような考えの人であれば、ベンチャー企業への就職・転職はまずオススメしません。

 

辞めたいと感じる理由3:将来が不透明

ベンチャー企業は、将来がどうなるか全く分からないという不安要素が大きい職業です。もしかしたら大金持ちになっているかもしれないですが、職を失って転職活動している可能性もあります。

会社の業績次第で天国にも落ちるし、地獄にも落ちます。

やはり結婚などを機に将来の安定を考えるようになれば、「仕事を辞めたい。」って感じるようになってきます。他にも業績が横ばいであったり、成長率が悪いと、将来が不安になり仕事を辞めたくなります。

 

辞めたいと感じる理由4:休みがない

ベンチャー企業では休日は一応設定されていますが、休日出勤なんてザラにあります。仕事をしていても常に不具合だらけだし、その対応に追われる日々が続きます。

突然の休日出勤や残業はもちろん、忙しい会社だと寝泊りしている従業員もたくさんいらっしゃいます。

ベンチャー企業での休みあってもないようなもの。休日返上でプライベートを犠牲にして、仕事に全てを捧げる心構えが必要です。

 

5,仕事を辞めたいなら、転職エージェントで新しい仕事を探す

もし「ベンチャー企業を辞めたい。」「ベンチャーで働くのが辛い・・」このように感じているのであれば、すぐにでも転職活動を始めてください。

とは言ってもすぐに仕事を辞めるとリスクが高いのでNG。

まずは転職エージェントに無料登録を行い、次の転職先を見つけてから仕事を辞めるのがオススメです。

 

仕事を辞める理由は?

ベンチャー企業を辞める理由は、「体調不良」「精神疾患」などを理由にするのが一番です。体の不調を訴えれば、会社側も無理に引き止める事はできません。

実際に毎日辛い思いをしている訳ですから、嘘ではないですからね。

続いては、私のオススメの転職エージェント3社をご紹介します。

 

オススメ転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】


 

オススメ転職エージェント2:無職やフリーターの方にオススメしたいジェイック

ジェイックは、無職やフリーターを積極的に支援している転職エージェント。学歴や正社員の経験がないと、大手転職エージェントでは断られる事があります。

しかしジェイックを使えば、学歴に関係なくサポートが受けられるので、フリーターや無職の方は非常に助かります。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!



 

オススメ転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

 

6,ベンチャー企業についてのまとめ

以上です。今回は「ベンチャー企業が辛い」「ベンチャー企業を辞めたい」と感じた場合の、対処法や転職方法などについてご紹介しました。

ベンチャー企業は通常の会社とは何もかもが違います。「働き方」「労働時間」「仕事内容」など、一般の企業と同じように考えて入社すると大変な思いをします。

仕事は続けられれば続けるのが一番ですが、あまりにも辛い場合は体を壊す前に転職して下さい。辛い状態で無理して働いていても、どこかでダメになるだけです。

それくらいでしたら、転職エージェントを使って、さっさと新しい就職先を探して再スタートしたほうが賢いですね。

 

転職の際は必ず会社の口コミや評判をチェックする!

これから転職活動を行う場合は、必ず面接を受ける前に企業の口コミをチェックしておきましょう。

キャリコネは、企業の「口コミ」「評判」を知る事ができるサイトです。実際働いていた人が口コミを投稿しているので、リアルな会社の内情を知る事ができます。

こういった無料のサイトを利用するだけでも、人間関係の良し悪しなどを事前に知る事ができます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*