家電量販店の仕事がキツイ、辞めたい理由とは?家電量販店からの転職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家電量販店はブラック企業が多いことで有名です。労働時間が長く仕事内容はきついものばかり、さらに覚える事が多く大変な仕事なんです。

スポンサードリンク

 

目次

1,家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由とは?
2,家電量販店を辞めたいなら、すぐに辞めるべき3つの理由
3,家電量販店からのオススメの転職について
4,オススメ転職エージェント3社
5,家電量販店がきつい、辞めたいのまとめ

家電量販店で働く人は、高確率で「仕事を辞めたい。」「既に転職を考えている。」と答えています。仕事がキツイ割には給料が安く、納得していない社員が多い印象ですね。

今回は家電量販店の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由や、家電量販店からの転職についてご紹介します。

現在家電量販店に勤めており「辞めたい」と考えている人はもちろん、これから家電量販店への転職を考えている人も是非参考にして下さい。

 

1,家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由とは?

まずは、「家電量販店の仕事がきつい、辞めたい」と感じる理由についてご紹介します。

【家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由】
●厳しいノルマ
●長時間労働
●覚える事が多い
●給料が安い
●休みが不規則
●体力的に疲れる
●お客様からのクレーム
●人間関係
●転勤

 

家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由1:厳しいノルマ

家電量販店で働くと、厳しいノルマが課せられます。家電の個人売上はもちろんですが、各種会員への入会、クレジットカードの作成、スマホやスカパーへの勧誘など、家電量販店には様々なノルマが存在します。

さらに季節や時期によって、様々な「キャンペーン」も行っており、キャンペーンにあわせてノルマが発生する事もあります。

家電量販店のノルマの何が辛いかと言いますと、成果が給料に反映されないことです。

自動車営業や保険のセールスであれば、個人売上に直結して給料が増えます。ですので従業員はやる気がでるし、お金のために頑張れるわけです。

しかし家電量販店では個人売上を伸ばしても、大して給料が上がらないため、ノルマがただのストレスに感じてしまいます。

 

家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由2:長時間労働

大手の家電量販店では、従業員の「長時間労働」「残業時間」が問題となっています。人手不足の影響もあり、月の残業時間は100時間を越す場合があります。

ただし最近では少しずつ家電量販店にも違う動きが出ています。例えば「ケーズデンキ」の場合は、「頑張らない経営」をモットーに、少しずつ従業員の仕事の満足度を高めています。

ヤマダ電機も2014年には「ブラック企業大賞」のノミネートされましたが、最近では労働環境の見直しをはかっています。他の仕事に比べると、まだまだ労働時間が長い物の少しずつ改善されているようです。

 

家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由3:覚える事が多い

家電量販店は商品点数が多く、覚える事が非常に多い仕事です。既存の商品についての知識はもちろんですが、毎月のように新商品が発売されるため、常に「勉強」は欠かせません。

商品の知識はもちろんですが、保証内容や各種キャンペーン事項など、様々な知識を頭に詰め込む必要があります。

普段の接客とは別で勉強する必要がある為、プライベートの時間を勉強に費やす方もいらっしゃいます。

 

家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由4:給料が安い

どんなキツク辛い仕事でも、給料さえ高ければ文句を言わず働く人はいらっしゃいます。しかし家電量販店の場合は、給料が安く仕事がきついため、辞めていく人が多いです。

下記は家電量販店の平均給料推移となります。

【家電量販店の給料推移】
●平成17年 平均年収475万円
●平成19年 平均年収462万円
●平成21年 平均年収452万円
●平成23年 平均年収429万円
●平成25年 平均年収436万円
●平成26年 平均年収442万円

残業が多いので平均年収はそこまで悪くないでが、時給換算すると他の仕事に比べてかなり安いですね。さらに給料は年々低下傾向にあり、この先が不安です。

 

家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由5:休みが不規則

家電量販店では休みがシフト制で組まれるため不規則です。休日はお客様の来店数が大幅に増えるため、基本的には平日に休む事になるでしょう。

しかし平日と言っても固定でないため、家族や友人と休みを合わせるのが難しいです。年間休日は110日前後と、他の仕事に比べるとやや少なめとなります。

 

家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由6:体力的に疲れる

平日はそうでもないですが、休日の家電量販店は大忙しです。無線でやり取りをしながら、あっちこっちお客さんのいる場所まで走っています。

労働時間が長く長時間立ちっぱなし、動きっぱなしになるので、意外と体力面でもきつい仕事となります。若い方であれば良いですが、ある程度の年齢になると、「体力面」が付いていかなくなり退職する方もいらっしゃいます。

 

家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由7:お客様からのクレーム

どんな商売でも接客業である以上、お客さんからのクレームはあります。ある調査によりますと、家電量販店は小売業の中でも百貨店に次いでクレームの量が多いそうです。

悪質なクレーマーになると、過度な謝罪や金銭的要求をしてくる事もあります。

クレームは従業員にとって強いストレスになる為、これをきっかけに「仕事を辞めたい。仕事がキツイ。」と感じる事があります。

 

家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由8:人間関係

職場にもよりますが、大手家電量販店は「人間関係」が悪いことで有名です。

職場全体が体育系の気質になっており、言葉遣いが悪く上司からは強い口調で命令される事も。さらに従業員同士もノルマがあるので、常にピリピリしており、お客さんを取り合いするような環境です。

 

家電量販店がきつい、辞めたいと感じる理由9:転勤

大手の家電量販店では「転勤」は付き物となります。人材を上手く回したり、社員の育成のために行われますが、県外に飛ばされる事も多々あります。

入社時に転勤について聞かれるようですが、これを断ると面接段階で落とされるのだとか・・・。仕事とはいえ、友達や家族から離れるのは辛いですよね。

 

2,家電量販店を辞めたいなら、すぐに辞めるべき3つの理由

家電量販店を辞めたいなら、すぐに辞めるべき理由には下記の3つがあります。

【家電量販店を辞めるべき3つの理由】
●将来性がない
●次の仕事に生かせない
●年齢に限界がある

年々販売員の仕事は少なくなっています。「小売店」「スーパー」などではレジの自動化が進んでおり、「販売員」という仕事自体がなくなっていくはずです。ようするに将来性がないという事。

さらに家電量販店は次の仕事に活かすのが難しい職業です。同じ家電量販店への転職であればOKですが、それ以外であれば強みにはならないでしょう。

先ほども申しましたが、家電量販店の仕事は体力が必要です。ある程度年齢を重ねるとキツクなってくるので、どこかで転職を余儀なくされます。

しかし年配になってから転職するのは厳しいので、今のうちに長く働ける仕事に転職するのがオススメ。

 

3,家電量販店からのオススメの転職について

続いては、家電量販店からのオススメの転職先についてご紹介します。家電量販店で働くと、専門的な知識はつきますが、他で生かすのは正直難しいです。

家電についての知識を生かすのは難しいですが、「接客スキル」を次の仕事で生かす事は可能です。

 

家電量販店からの転職にオススメな仕事1:営業職

家電量販店ではノルマが課せられる為、接客を行いながら「営業」も同時に行います。営業の駆け引きや押すべきポイント、交渉などが身についているはずです。

こういったスキルを上手くいかせれば、「営業職」の仕事で成果を出す事が可能。

稼げる営業職でトップセールスマンになれば、現在の月収を2倍、3倍にすることも可能です。

【稼げる営業職】
・IT・WEB系の広告関連の営業
・銀行・証券会社の営業
・保険の営業
・医療機器営業
・不動産営業
・自動車販売の営業

営業職によっては歩合制を導入しておらず、稼げない仕事もあるので注意。上記のような仕事は、歩合制で稼げる環境が整っている事が多いのでオススメです。

 

家電量販店からの転職にオススメな仕事2:薬剤師

薬剤師の仕事は、給料が高く社会的にも認められており、尚且つ体力が必要ない職業です。高齢になってからも働けるし、女性であれば妊婦や出産を終えた後でも、すぐに復帰が可能な仕事です。

働く場所は、主に「ドラッグストア」や「薬局」などとなります。将来性もあり薬剤師としての専門的な知識が身につくため、将来的にも安泰です。

薬剤師になるためには、国家資格を取ったり専門の大学に通う必要があります。ややハードルは高いですがオススメです。

 

家電量販店からの転職にオススメな仕事3:工場・製造業

接客に疲れてしまったのであれば、「工場・製造業」への転職をオススメします。工場の仕事は基本的に定時で帰れることが多く、さらに接客をする必要がありません。

退屈に感じる人もいらっしゃいますが、それだけ仕事でのストレスが少ないという事です。

家電量販店での接客や長時間労働が嫌になったのであれば、工場への転職を考えてみましょう。

 

4,オススメ転職エージェント3社

転職を考えているなら、「転職エージェント」を利用するのがオススメ。転職エージェントとはネットを使って利用できる、無料の転職サービスです。

全国の優良求人をネット上でチェックしたり、転職のプロに様々な相談ができます。非常に便利で転職には有利なので、少しでも興味があれば無料登録を行ってください。

 

オススメの転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:無職やフリーターの方にオススメしたいジェイック

ジェイックは、無職やフリーターを積極的に支援している転職エージェント。学歴や正社員の経験がないと、大手転職エージェントでは断られる事があります。

しかしジェイックを使えば、学歴に関係なくサポートが受けられるので、フリーターや無職の方は非常に助かります。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

 

オススメの転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

人材紹介【パソナキャリア】


 

5,家電量販店がきつい、辞めたいのまとめ

以上です。今回は家電量販店がキツイ、辞めたいと感じる理由や、家電量販店からの転職についてご紹介しました。

家電量販店は一時よりは減りましたが、まだまだ職場環境が厳しく離職率の高い仕事です。

家電量販店の中でも「ヤマダ電機」「ケーズデンキ」に関しては、少しずつ改善されているようですので、転職先に考えても良いかもしれませんね。

家電量販店から異業種に転職するのであれば、転職エージェントを使って、自分に合う仕事がないか探してみましょう。

 

転職の際は必ず会社の口コミや評判をチェックする!

これから転職活動を行う場合は、必ず面接を受ける前に企業の口コミをチェックしておきましょう。

キャリコネは、企業の「口コミ」「評判」を知る事ができるサイトです。実際働いていた人が口コミを投稿しているので、リアルな会社の内情を知る事ができます。

こういった無料のサイトを利用するだけでも、人間関係の良し悪しなどを事前に知る事ができます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*