新聞配達はきつい仕事?仕事を辞めたいと感じる理由について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験者からでもスタートできる「新聞配達」の仕事は、バイトや正社員として働く人が多くいらっしゃいます。手軽に働けるため人気が高いですが、経験者からは「体力的にきつい!」「朝早いのがしんどい。」といった声も出ています。

スポンサードリンク

 

目次

1,新聞配達の仕事内容について
2,新聞配達がきつい、辞めたいと感じる理由とは?
3,新聞配達員として働くメリットについて
4,新聞配達員に向いてる人、向いてない人の特徴
5,新聞配達からオススメの転職先について
6,オススメ転職エージェント3社
7,新聞配達がキツイ、辞めたいと感じる理由のまとめ

新聞配達員は朝早くから動き回るため、体力的にはきつい仕事です。しかし誰でもすぐに働けるし、福利厚生も充実しているので、割と働き易い環境が整っています。

今回は新聞配達がきつい、辞めたいと感じる理由や、新聞配達員の向き不向きなどについてご紹介します。

現在新聞配達員として働いている人はもちろん、これから就職を考えている人も是非参考にしてくださいね!

 

1,新聞配達の仕事内容について

新聞配達の仕事内容は、朝の新聞配達以外にも夕刊の配達、新規のお客様への勧誘の営業などを行います。

他にも、事務所では新聞に折り込みチラシを挟む作業や、事務所に届いた新聞を荷台から下ろす作業などがあります。

職場によって仕事内容は異なります。朝刊だけ配達する場合もあるし、新聞にチラシを挟むだけの仕事を任される事もあります。

新聞配達員の1日のスケジュールは下記の通り。


【新聞配達の勤務時間】

●2:30~    出社
●3:00~5:00  朝刊の配達
●5:00~14:00 一旦退社
●14:00~17:00 夕刊の配達
●17:00~ 退社

新聞配達の仕事では、基本的に「朝刊」「夕刊」を配るのがメインとなります。職場によっては事務所で事務作業やその他の作業が発生するといった感じです。

5:00~14:00は自由時間となる事が多いですが、全体を通してみると他の仕事に比べて仕事時間が長めとなっています。

 

新聞配達の給与について

新聞配達員は「正社員」と「アルバイト」で構成されています。

ちなみにアルバイトの場合は時給1,000円~1,300円くらいが相場となっており、他のバイトに比べて賃金はやや高め。正社員の場合は年収300万~400万円くらいです。

未経験者からスタートできる割には、給料は割と高く設定されています。

 

2,新聞配達がきつい、辞めたいと感じる理由とは?

続いては新聞配達の仕事がきつい、辞めたいと感じる「理由」についてご紹介します。


【新聞配達の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由】

●とにかく朝が早い
●社会的地位の低さ
●体力面がきつい
●給料が上がらない
●拘束時間が長い
●営業でのノルマ
●休みが不規則

 

新聞配達の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由1:とにかく朝が早い

新聞配達員のきつい所といえば、やはり朝早いことでしょう。どの新聞配達の販売所でも、基本的に2時~3時までには出社しなくてはいけません。

朝が強い人であれば良いですが、朝が弱い人にとっては起きるのが本当にしんどいです・・・

毎日の早起きが嫌になり、「仕事を辞めたい。」と感じる人は少なくないです。

 

新聞配達の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由2:社会的地位の低さ

「新聞配達員」と聞くと、どうしてもアルバイト職が強く、社会的地位が低いと感じてしまう人も多いようです。

人によっては「自分にしか出来ない仕事をしたい!」「人に尊敬される仕事をしたい。」という理由から、転職を考える人もいらっしゃいます。

 

新聞配達の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由3:体力面がきつい

新聞配達の仕事では、「自動車」「バイク」「自転車」などを使い配達を行います。

乗り物を使うため、そこまで体力面で疲れる訳ではないのですが、やはり季節によって”きつさ”を感じる事はあります。

真夏の夕刊はやはり気温が高いので辛いですし、真冬も寒さで体力が奪われます。新聞配達の仕事をするなら、オフィスワークに比べて体力的に疲れる事は理解しておきましょう。

 

新聞配達の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由4:給料が上がらない

新聞配達の仕事の場合、時給が良いため最初は給料が高く感じるのですが、その後上がりづらいのがデメリットとなります。

新聞の配達数による歩合や営業の成約数などによって給料を増やすことは可能です。しかし基本給はあまり変わらない事が多いです。

勤続年数が増えれば、昇給する可能性は考えられますが、職場によってはずっと同じ給与体制のままの場合も考えられます。

 

新聞配達の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由5:拘束時間が長い

新聞配達の仕事は1日の中で「出社」や「退社」を繰り返すため、全体で見ると拘束時間が長く感じます。昼間は自由な時間を取れるので、それをメリットと見れるかデメリットと見るかで変わってきます。

 

新聞配達の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由6:営業でのノルマ

新聞配達の仕事では集金や勧誘の「ノルマ」がきつい、という声があります。しかしこれは最近では販売所でもノルマのない職場が多いようです。

調べれば、「ノルマなし」と記載されている求人も多く存在します。

 

新聞配達の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由7:休みが不規則

新聞配達員はシフト制で休みを取っています。土日祝日も配達の仕事はあるので、休みは不規則だし少ないです。ほとんどの新聞配達員は週休1日で働いています。

さらにシフトで仕事に入っているため、急用などが入っても休めないのが辛い所ですね。

 

3,新聞配達員として働くメリットについて

これまで新聞配達員を辞めたい理由ばかり書きましたが、続いては働くメリットをご紹介します。


【新聞配達員として働くメリット】

●寮に入れる
●単純作業なので誰にでもできる
●人と関わる事が少ない
●意外と自由な時間が多い

 

新聞配達員として働くメリット1:寮に入れる

新聞配達の販売所では、「寮」を完備している職場が多いです。寮に入れば「家賃」「水道光熱費」が浮きますので、お金を貯め易いです。

貯金目的で新聞配達の短期で働いて、お金が貯まったら仕事を辞める人も大勢いらっしゃいます。

 

新聞配達員として働くメリット2:単純作業なので誰にでもできる

新聞配達の仕事は、単純作業ばかりです。未経験者からでもすぐに働けるし、特別なスキルや知識が必要でないのが嬉しいですね。

 

新聞配達員として働くメリット3:人と関わる事が少ない

新聞配達の仕事は人と関わる事が少ない仕事です。一部営業を行う場合もありますが、それ以外は1人でポスティングを淡々と行うだけでOKです!

職場での人間関係や、お客さんの相手をするのが苦手な人にオススメです。

 

新聞配達員として働くメリット4:意外と自由な時間が多い

全体で見ると拘束時間が長いように感じますが、朝5:00~昼14:00は自由時間となっており、比較的自分の時間を確保できる仕事です。

昼間にランチや買い物にも出かけられるので、平日自由に動きたい人にはオススメです。

 

4,新聞配達員に向いてる人、向いてない人の特徴

新聞配達員に向いてる人、向いてない人の特徴にはどういった物があるのでしょうか?


【新聞配達員に向いてる人の特徴】

●朝に強い人
●外で動く仕事が好き
●人と関わるのが苦手な人
●仕事を淡々とこなしたい人


【新聞配達員に向いてない人の特徴】

●朝が弱い人
●オフィスワークなど、ジッとしている仕事が好き
●仕事を通して人と関わりたい人
●仕事にやりがいを求める人

新聞配達員として働いていくためには、仕事の向き不向きを理解する必要があります。どんな仕事でも自分の性格に合わないと、やはり続けるのが困難になります。

 

5,新聞配達からオススメの転職先について

「新聞配達の仕事がきつい、辞めたい!」こんな風に感じた場合は、別の職業への転職を考えてみてください。続いては新聞配達からオススメの転職先についてご紹介します。

 

新聞配達からオススメの転職先1:工場・製造業

工場の仕事は、未経験者からでもスタートできる職場が非常に多いです。

正社員で仕事を探しても良いですが、工場勤務の場合、「派遣⇒正社員」へのキャリアアップが簡単なのでオススメです。

40代や50代の方でも、工場の派遣から始めて正社員へのキャリアアップを実現している方は、たくさんいらっしゃいます。

ランスタッドは、工場、製造業、梱包作業、軽作業などの仕事が充実している派遣紹介サイトです。求人数が多く、担当者のサポート体制にも高い評価があります。

電話やWEBで3分で簡単に無料登録が行えます!高時給の派遣の仕事が充実しているので、興味があれば登録して求人のチェックを行いましょう!

世界最大級の総合人材サービス/ランスタッド


 

新聞配達からオススメの転職先2:トラックの配達員

トラック配達員の仕事は体力的には新聞配達より大変ですが、給与が高い職場が多いのでオススメ。

 

新聞配達からオススメの転職先3:ゴミ収集の仕事

ゴミ収集の仕事は汚れ作業になりますが、働く時間が短く休日もしっかり取れるのでオススメ!新聞配達員と同様で、未経験者からでもスタートできるのが嬉しい!

ゴミの回収が主な仕事内容なので、外での作業となり新聞配達に似ています。

 

新聞配達からオススメの転職先3:営業の仕事

とにかく高い給料が欲しいのであれば、営業の仕事への転職を考えましょう。特に「不動産」「保険」「自動車」「金融」などのトップセールスマンになれば、月給100万も夢ではありません。

 

6,オススメ転職エージェント3社

転職エージェントとは、ネットを使って無料で利用できる転職サービスです。全国の求人情報をネット上でチェックできるので、非常に便利でオススメです。

さらに転職エージェントでは、転職のアドバイザーに無料で仕事に関する相談が行えます。

「月収30万以上の仕事を探して欲しい!」「高齢者でも働ける仕事を探して欲しい。」など、希望の転職先を探してくれます。

 

オススメの転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:無職やフリーターの方にオススメしたいジェイック

ジェイックは、無職やフリーターを積極的に支援している転職エージェント。学歴や正社員の経験がないと、大手転職エージェントでは断られる事があります。

しかしジェイックを使えば、学歴に関係なくサポートが受けられるので、フリーターや無職の方は非常に助かります。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

 

オススメの転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

人材紹介【パソナキャリア】


 

7,新聞配達がキツイ、辞めたいと感じる理由のまとめ

以上です。今回は、新聞配達がキツイ、辞めたいと感じる理由についてご紹介しました。

新聞配達は未経験者からでもスタートできて、福利厚生など待遇も良いので人気です。しかし「朝が異常に早い」「給与や休みへの不満」「社会的地位の低さ」から仕事を辞めていく人も多くいらっしゃいます。

新聞配達の仕事が自分に合わない場合は、異業種への転職も考えてみてください。

世の中にはもっと働き易く、条件の良い職場が存在します。転職エージェントを使えば、理想的な職場が見つかるのでオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*