残業や休日出勤で稼ぎたい!怒られずに上手に残業する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には残業で辛い思いをしている一方で、「もっと残業して稼ぎたい!」と考えている人たちもいらっしゃいます。基本給が少ないと、どうしても残業代や休日出勤で稼ぐしかありません。今回は、上司に怒られずに上手に残業をする方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

 

 

1,残業をしたいと感じる心理や理由とは?

「残業するとすぐに上司から怒られる・・」
「残業して給料を上げたい!」

このような悩みを抱えている人は多いです。特に家庭を持っている男性ですと経済的に余裕がなく、「残業」「休日出勤」を使って給料を稼ごうと考える方が増えています。

他にも欲しいものがあったり、極端に基本給が少ない会社ですと、このように感じる人が多いようです。

激務で残業に毎日追われている人からすれば不思議に感じるかもしれませんが、経済面に余裕がないのも辛いものです・・・

 

給料を増やすには残業や休日出勤しかない!

給料を増やすにはどんな方法がありますか?長期的に見れば仕事で成功を収めて出世することが挙げられますが、これはすぐに実行するのは難しいです。

短期で給料を上げようと思ったら、やはり残業や休日出勤が一番手っ取り早い方法となりますね。

 

2,残業を怒られずにする方法

残業は上司からの支持があって行うものです。これを勝手に行ってしまうと、上司から怒られることがあるので注意が必要です。

しかしある程度仕事を任されるようになれば、自分の意思で残業を行えるようになります。

仕事の進捗状況が良くなかったり、期日までに仕事が終らないようであれば、「残業」や「休日出勤」を行い仕事を終らせることになります。

残業や休日出勤は、時給が割り増しになることがほとんどなので、普通に働くよりも給料を増やせます。

 

まずは仕事を任せられるようになるまで我慢する

入社して間もない従業員が勝手に残業していれば、間違い無く上司から注意されます。ですので残業で稼ぎたい人は、ある程度仕事で自立できるまで、勝手に残業するのは控えるべきです。

職場の主導権を握れるようになれば、仕事の進捗状況に合わせて残業を行う事が可能になります。

 

昼間の仕事をゆっくり行う

仕事を任せられるようになれば、昼間の仕事をゆっくり行い、残業することが可能となります。故意に仕事をしないのはさすがにどうかと思うので、じっくりミスを減らして仕事に取り掛かってみましょう。

ミスの無いように仕事をすれば、残業も出来るし、上司からの評価も高くなります。

残業代欲しさに昼間さぼって夜働く人はいるようですが、どうせならサボるのではなく、仕事の見直しをしたり仕事の精度を高めた方がいいですよね。

 

社員同士で有給を取って残業で補う

私が以前勤めていた会社では、社員が有給を取ったら、別の社員が穴埋めとしてその日は残業をしていました。

このような仕組みを作れるようになると、社員が有給も取れるようになるし残業もできるので、しっかり休めてお金も稼げるようになります。

社員同士で相談して、有給や残業の日程を決めて、お互いに助け合いながら仕事を進めましょう。

 

仕事が終らない人を手伝う

普通の会社員であれば、残業が嫌いな人がほとんどです。ですので定時に仕事が終らないと、「早く終わらしたい!」って感じている人がほとんどですよね。

そういった人が近くにいれば、仕事を手伝ってあげるのもいいと思います。自分は残業ができるし、相手は早く帰れるようになるし一石二鳥ですね。

先輩や上司であれば、積極的に残業を手伝うことで評価が上がります。ただしあまりしつこいと、残業したがっているのがバレるので注意しましょう。

 

上司に新しい仕事を学ばせてもらう

残業がしたければ、仕事が終った後に新しい仕事を学んだり勉強させてほしいと、上司に頼んでみてはいかがでしょうか?

やる気がある部下は待遇されますし、熱意のある上司であれば喜んで仕事を教えてくれるはずです。

 

3,残業や休日出勤で稼げる仕事って?

 

工場職がオススメ!

普通の会社員ですと残業をしても、サービス残業になることがあり、自発的に残業を行い辛いです。

残業や休日出勤でお金を稼ぎたい場合は、「工場職」がオススメです。

私も過去に工場職の経験がありますが、工場職は自分のペースで仕事ができるので、残業や休日出勤を行いやすい仕事です。

工場ではある程度慣れてくると機械を任せられるので、自分のペースで仕事ができるようになります。

給料の賃金アップであれば、工場職の「夜勤」もオススメです。日勤に比べてかなり給料が高くなるので、稼ぎたい人であれば検討してみましょう!

工場・製造業専門の求人サイト【JobHouse】




 

歩合制の営業職は稼げる

残業や休日出勤で給料アップを狙うのもいいですが、やはり短期で給料を一気に上げたいなら、「歩合制の営業職」の仕事に就くべきです。

例えば保険の勧誘や、車の販売などですね。

こういった仕事は歩合制で給料が決まる事がほとんどなので、契約数を増やせれば給料も上がっていきます。トップ営業マンになると、役職レベルに稼ぐ人も多く存在します。

短期で給料を上げたいのであれば、こういった歩合制の営業の仕事に転職してもいいですね。

 

残業ができるのは中小企業

大企業は残業削減に向けて動き出している会社が増えています。反対に中小企業はまだまだ余裕が無く、人が足りない場合は残業や休日出勤でカバーしている状況です。

ですので残業をしたいのであれば、大企業よりも中小企業や零細企業で働いた方がいいですね。

 

基本給の高い仕事への転職を考える

おそらく今後、「残業」や「休日出勤」への規制はだんだん厳しくなっていきます。そうなるとこれまで残業で稼いできた人たちは、給料が安くて生活するのが苦しくなりますよね・・・

そうならないためにも、今のうちから転職エージェントを使って、基本給の高い仕事を探してみることをオススメします。

転職エージェントに無料登録を行えば、すぐに求人情報をチェックできます。

 

4,オススメ転職エージェント

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、大企業の就職先も豊富に揃えられています。

リクルートエージェントでは、担当者のサポートを受けられるので、すぐにでも転職を考えている方には是非オススメ。プロのサポートを受けることで、自分に合った就職先や面接応対方法、履歴書の書き方まで細かく教えてもらえます。

求人数も業界トップクラスなので、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

【リクルートエージェント】


 

独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

5,まとめ

以上です。今回は、残業や休日出勤で稼ぐために、上手に残業する方法についてご紹介しました。基本給が少なくて生活が厳しいと、残業や休日出勤をして補わなければいけません。

一昔前あれば長時間勤務は評価されていました。しかし最近では必要以上に残業を行う人は、会社側から目をつけられるし、注意されるようになってきました。

「残業削減」を掲げている企業も増えてますし、少しずつ残業への見方も変わってきました。

残業や休日出勤をしたいのであれば、工場職や製造業がオススメです。工場では仕事を全面的に任せられるので、自分のペースで仕事が行えます。

微調整していけば多少の残業をつけても何も言われないことが多いです。

それでも今後残業や休日出勤に対しては厳しくなっていくと思うので、基本給が安くて困っている人は、転職エージェントを利用して基本給の高い仕事への転職も考えておきましょう。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*