目を使わない仕事・目を酷使する仕事特集。目に優しい職業に就こう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事・職業によっては、普段から「目」を酷使しており、視力低下を引き起こす事があります。特にプログラマーや経理のように、日頃からパソコンを使っていると目が悪くなりやすいですよね。

スポンサードリンク

 

今回は「目を使わない仕事・目を酷使する仕事」についてご紹介します。視力低下を防ぎたいのであれば、是非参考にしてくださいね。

 

1,目を使わない仕事を選ぶポイント

目を使わない仕事・職業を探す場合、いくつかポイントをおさえる必要があります。仕事探しで重要なのは、下記の5つのポイントです。

【仕事探しのポイント】
●パソコンを使う仕事は避ける
●運転をする仕事もNG
●細かい文字を見る作業もNG
●外出できる仕事は目に良い
●接客業は目を使わない

まずパソコンを使う仕事は論外。仕事中に少し利用するくらいであれば良いですが、一日中デスクワークでパソコンを使っていると、思っている以上に眼球に疲れが溜まります。

運転や細かい文字を見る作業なども、集中して見るので目が疲れます。

外出する仕事は、「緑」「景色」を見られるので目にも良くオススメです。他にも「見る」「書く」「読む」などモノを相手にする仕事よりも、接客する仕事の方が目は疲れません。

 

2,目を使わない仕事特集

それではさっそく、目を使わない仕事を見ていきましょう。どのような職業に就けば、目への負担を押さえられるのでしょうか?

【目を使わない仕事】
●接客業
●営業
●販売業
●農業・漁業
●外仕事
●飲食業
●清掃員
●運送業・引越し業

 

目を使わない仕事1:接客業

接客業やサービス業全般は、基本的に目を酷使する事はありません。対人で仕事を行うため、人間関係のストレスは生じますが、目や体を酷使しなくて済みます。

 

目を使わない仕事2:営業

営業職は外出する事も多く、外で「緑」など景色を見られるので目にも優しいです。

これは小さな事に感じるかもしれませんが、何年、何十年と続けば、毎日パソコン画面を見ているのと、緑など景色を見ているのでは、視力低下に大きな差が生まれます。

営業は仕事によっては、プレゼンで資料製作したり、パソコンを使う場合もあるので注意が必要。資料作成などが少ない営業を選ぶことをお勧めします。

 

目を使わない仕事3:販売業

「アパレル販売員」「雑貨屋店員」「家電量販店店員」などの販売員の仕事は、目が疲れるという事はありません。

こちらも対人関係の仕事となるため、パソコン作業も少ないし、細かいものを見るというような作業はありません。

 

目を使わない仕事4:農業・漁業

農業・漁業といった自然を相手にする仕事では、景色を見ていられるので目に優しいです。パソコン作業なども一切なく、目を全く使わない仕事と言えます。

 

目を使わない仕事5:外仕事

土木作業、ペンキ塗り、大工さんなど、外仕事もパソコンを使わず、景色を見られるので目には優しいですね。

ただしどの職業も、体力勝負となるので注意しましょう。

 

目を使わない仕事6:飲食業

飲食業はホールスタッフも料理人も、目を使う事はほとんどありません。

 

目を使わない仕事7:清掃員

清掃員の仕事は、施設やビルを清掃するのが主な仕事内容となります。目を使うことはほとんどないでしょう。

 

目を使わない仕事8:運送業・引越し業

運送や引越し作業員は、力を使うことはありますが目が疲れることはありません。運転は多少しますが、一日中運転するわけではないので心配するほどではないでしょう。

 

3,目を酷使する仕事特集

続いては反対に、「目を酷使する仕事・職業」をご紹介します。目への負担を抑えたいのであれば、下記のような職業は避けるべきです!

【目を酷使する仕事】
●プログラマー・エンジニア
●経理・事務職
●ネットショップ関係
●運転手
●WEBライター・ブロガー
●コールセンター
●クリエイター・デザイナー
●医者
●作家・漫画家

 

目を酷使する仕事1:プログラマー・エンジニア

基本的にパソコンを使うデスクワーク全般は、目を酷使するので注意が必要。僕も10年近くパソコンを仕事で使っていますが、視力がどんどん低下しています。

特に「プログラマー」「エンジニア」といった技術職は、朝から晩までパソコンを使い、さらに細かい英数字を見ているので目に疲れが溜まります。

数ある職業の中でも、IT職で働く「プログラマー」「エンジニア」は一番目の疲れが大きいのではないでしょうか?

 

目を酷使する仕事2:経理・事務職

経理や事務の仕事では、パソコンでデータ入力などを行なうので注意しましょう。

経理・事務職はデスクワークとなりますので、一日の大半をパソコン画面を見て過ごします。

 

目を酷使する仕事3:ネットショップ関係

最近ではネットショップ関係の仕事も増えましたね。ネットショップ関係の仕事では、基本的にパソコンを使った仕事がほとんどなので眼が疲れます。

発送や商品撮影などもありますが、パソコンを使って、ページ編集や画像編集を行なう時間の方が圧倒的に長いです。

 

目を酷使する仕事4:運転手

長距離トラック運転手、バス運転手、タクシードライバー、レーサーなど、運転する仕事は目を使います。

運転中は集中して外を見るため、思っている以上に目に疲れが溜まります。

 

目を酷使する仕事5:WEBライター・ブロガー

WEBライター・ブロガーなどパソコンで文字をタイピングする仕事も、目を酷使するのでNGです。

 

目を酷使する仕事6:コールセンター

コールセンターの仕事では、パソコンで調べながらお客様からの問い合わせに対応します。1日中パソコンの前で仕事をするので目を使います。

 

目を酷使する仕事7:クリエイター・デザイナー

「映像編集」「音楽編集」「洋服のデザイナー」「WEBデザイナー」などの仕事は、パソコンを使って作業を行ないます。

長時間画面を見ていることになるので、目に疲れがたまりやすいです。

 

目を酷使する仕事8:医者

医者は論文を見たり、細かい作業が多いので意外と眼に疲れが溜まる人が多いです。

 

目を酷使する仕事9:作家・漫画家

作家や漫画家などは、細かい文字を見たり書くのが仕事なので目が疲れます。

 

4,仕事で目を使うデメリットについて

続いては、仕事で目を酷使することで生じる「デメリット」をいくつか挙げます。

【目を酷使するデメリット】
●視力低下
●病気に繋がる可能性がある
●めまい、吐き気
●頭痛、肩こり

 

目を酷使するデメリット1:視力低下

目を使う仕事に就くと、想像以上に視力が低下していきます。僕も以前は1.5あった視力が、現在は0.6とかまで落ちてしまいました。

パソコンを使う仕事に変わってから、一気に視力が落ちたので間違いありません。

 

目を酷使するデメリット2:病気に繋がる可能性がある

目の疲れは様々な「病気」を引き起こす可能性があります。「ドライアイ・眼精疲労」だけでなく、体調不良にも繋がるので注意しましょう。

 

目を酷使するデメリット3:めまい、吐き気

目に疲れが溜まると、慢性的な「めまい」「吐き気」を引き起こすことがあります。

 

目を酷使するデメリット4:頭痛、肩こり

目の疲れは「頭痛」「肩こり」などにも繋がります。

 

5,転職エージェントで仕事を探してみる

転職エージェントとは、ネットを使って無料で転職活動が行えるサービス。

転職エージェントへの無料登録をしておけば、いつでも仕事探しができるようになります。気軽に転職活動が行えるので、とてもオススメです。

目を使わない仕事をお探しであれば、一度無料登録してどのような職業があるのかチェックしてみましょう!

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

オススメの転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

人材紹介【パソナキャリア】



 

6,目を使わない仕事特集のまとめ

以上です。今回は「目を使わない仕事・目を酷使する仕事」についてご紹介しました。基本的にデスクワーク系の「ホワイトカラー」の仕事であれば、パソコンを使うので目が疲れます。

他にも運転したり、文字を見る仕事なども目が疲れやすいので注意しましょう。

反対に外出したり接客関係の仕事であれば、目は疲れないのでオススメです。

目の疲れは「眼精疲労」「ドライアイ」など目だけでなく、「頭痛」「肩こり」なども引き起こします。

できるだけ目に負担をかけたくないのであれば、今回ご紹介した仕事・職業を参考に仕事選びを行ってください。

転職エージェントで簡単な無料登録を行なえば、今すぐ求人をチェックできるようになりますよ。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*