転勤で生じるメリット&デメリットについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に出て会社勤めをしていると、「転勤」を言い渡される事があります。今回は転勤のメリット・デメリットをご紹介します。

スポンサードリンク

 

転勤による感じ方は人それぞれ違います。

「転勤になってしまった。最悪だ・・・。」と感じる人もいれば、「やっと今の部署から離れられる!」「仕事で出世できる!」と、転勤に対してポジティブに考える人もいらっしゃいます。

転勤を前向きに考えられるかどうかは、その人の今の状況が大きく影響します。

結婚していたり今の職場に満足しているなら、転勤はできれば避けたいですよね。反対に独身であったり、今の職場に不満を抱いている場合は転勤したいと感じるかもしれません。

今回は転勤のメリットデメリットをご紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

 

【絶対登録するべき転職サイト】
リクルートエージェント100,000件以上の求人があると言われている、実績のある大手転職エージェント。他では取り扱っていない求人がたくさんあるので、無料登録を行い使ってみてください。
【公式サイトはコチラ】
リクルートエージェント

1,転勤で生じる5つのメリット

まずは「転勤で生じるメリット」についてご紹介します。転勤は嫌がる人が多いですが、実は意外と多くのメリットが隠されています。

【転勤で生じる4つのメリット】
●仕事で昇進できる
●職場の人間関係をリセットできる
●新しい人との出会いがある
●給料が上がる可能性が高い

転勤で生じるメリットは上記の4つとなります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

転勤で生じるメリット1:仕事で昇進できる

転勤は言わば会社側からの”お願い”です。素直に会社の頼みを聞いてくれれば、良い社員として会社から高く評価されます。

さらに転勤するという事は、新しい仕事を任される訳ですから、そこには昇進するチャンスが眠っています。

実績を認められて転勤を命じられたのであれば、他の社員に比べて早く出世できるはずです。転勤はスピード出世に繋がるので、昇進を考える人にとっては、大きなチャンスとなります。

 

転勤で生じるメリット2:職場の人間関係をリセットできる

今の職場で人間関係に悩まされているのであれば、「転勤」は人間関係をリセットできるので非常にオススメ。転勤すると一緒に働く人、上司、部下など周囲の人が全て一新されます。

嫌いな上司や苦手な同僚、扱い辛い部下などの人間関係の悩みが、転勤を気に綺麗にリセットできます。

次の職場で良い人間関係に恵まれれば、今よりずっと働きやすい環境になるはずです!

 

転勤で生じるメリット3:新しい人との出会いがある

転勤すると新しい人との出会いがあります。同年代の気が合う同僚や綺麗な女性社員、尊敬できる上司など、転勤先では色々な出会いが期待できます。

もちろん良い出会いばかりじゃないかもしれませんが、新しい出会いは増えます。

 

転勤で生じるメリット4:給料が上がる可能性が高い

転勤を機に給料が上がる事例はたくさん出ています。転勤で「手当て」が付く場合もあるし、転勤をお願いする代わりに「昇給」してくれる会社も多く存在します。

給料が下がるのであれば、転勤なんて誰もOKしませんからね。

会社側は社員にすんなり転勤OKしてもらうために、「昇給」や「手当て」を行う事が多いです。

 

2,転勤で生じる5つのデメリット

続いては、転勤で生じるデメリットについてご紹介します。

【転勤で生じる4つのデメリット】
●結婚していると、家族に大きな負担がかかる
●手続きや引越し作業が面倒
●人間関係をまた1からスタートしなけばいけない
●家族、友人、恋人と離れなければいけない
●帰省の度にお金がかかる

 

転勤で生じるデメリット1:結婚していると、家族に大きな負担がかかる

独身であれば問題ないのですが、結婚していると転勤のせいで、家族に大きな負担をかけることになります。

まず単身赴任で転勤する場合、家の事をすべて奥さんに任せなければいけませんよね。特に小さいお子さんがいる家庭だと、「子育て」で奥さんに大きな負担がかかります。

一緒に引越しする場合でも、「子供が転校しなくてはいけない」「奥さんが仕事を辞める必要がある」など、やはり家族には大きな負担がかかります。

独身だと身軽で良いのですが、結婚して子供がいると、転勤で家族に大きな負担をかけることになります。

 

転勤で生じるデメリット2:手続きや引越し作業が面倒

転勤になれば、引越しの手続きや引越し作業を自分たちで行う必要があります。

「住民票の移動」「引越し」は手間がかかるし非常に面倒です。

仕事の合い間を見て行うことになるので、何かと疲れます。

 

転勤で生じるデメリット3:人間関係をまた1からスタートしなけばいけない

転勤すると人間関係を1から再スタートさせなければいけません。

仲の良い同僚や信頼できる上司、可愛い部下など、今の職場で良好な人間関係を築けている場合は辛いですよね。

 

転勤で生じるデメリット4:家族、友人、恋人と離れなければいけない

転勤すると地元の「家族」「友人」「恋人」とは離れ離れになります。一人で知らない土地に行くわけですから、やはり寂しいし退屈です。

 

転勤で生じるデメリット5:帰省の度にお金がかかる

職場によっては、帰省の旅に「費用」を出してくれる会社と、全く出してくれない会社が存在します。後者の場合は、自分で帰省の交通費を出す必要があるので出費が嵩みます。

 

3,転勤って断る事はできるの?

転勤にはメリット・デメリットが存在しますが、やはり普通の人であれば、転勤はできればしたくないですよね・・・・。転勤をしたくない場合は、断ることってできるのしょうか?

基本的に転勤は、会社からの人事命令なので断る事ができません。

「親の介護が必要」「自分の精神状態が不安定」など、何か転勤できない理由があれば断れますが、「転勤したくない。」など個人的な意見で断るのは難しいでしょう。

転勤命令は会社の方針に基づくものなので、命令が出たら素直に従うしかありません。

 

4,転勤が嫌なら仕事を変える

どうしても転勤したくない場合は、転勤の少ない仕事への転職を検討してみましょう。

大企業や国家公務員、建設関係や銀行員は転勤が多い仕事と言われています。こういった仕事を避けることで、転勤のない生活を送る事ができます。

転職エージェントに相談すれば、転勤の無い仕事を探してくれるので、とっても便利ですよ。

すぐに転職する必要はありませんが、いざという時のために転職エージェントに無料登録を行い、どういった仕事があるのかチェックしておきましょう。

 

5,オススメ転職エージェント

転職エージェントとは、ネットを使って無料で利用できる転職サービスです。全国の求人情報をネット上でチェックできるので、非常に便利でオススメです。

さらに転職エージェントでは、転職のアドバイザーに無料で仕事に関する相談が行えます。

「月収30万以上の仕事を探して欲しい!」「高齢者でも働ける仕事を探して欲しい。」など、希望の転職先を探してくれます。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

6,転勤で生じるメリット・デメリットのまとめ

以上です。今回は転勤で生じるメリット・デメリットについてご紹介しました。

転勤は下記のような人に向いています。

【転勤に向いている人】
●出世意欲の強い人
●独身
●一人でも孤独を感じない人
●今の職場に不満がある人

仕事での「昇進」「昇給」に強い意欲がある方であれば、転勤はまたとないチャンスです。スピード出世に繋がるのでオススメ。

他にも独身の方や、一人で全く知らない土地に住むことに抵抗がなければ、転勤しても楽しめると思います。

反対に家庭があったり、友達や家族、恋人と離れるのが嫌な場合は、転勤すると辛い思いをします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*