仕事前に緊張するのは何故?今の仕事は自分に合ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日仕事に行く前に緊張していませんか?大切なプレゼンや会議が控えているのであれば別ですが、一般業務で緊張するのは少しおかしいかもしれません・・・

スポンサードリンク

特別な仕事の前に適度に緊張するのは良い事です。例えば会議やプレゼン、何か発表などを控えている時です。適度な緊張は仕事で惰性を生み出さないので、良い結果を招く事が多いです。

しかし毎日の通常業務で緊張していると、やはり精神的に疲れてしまいます・・・

毎日仕事に行く前に緊張する人は、何か原因がある事がほとんどなので、一度向き合ってみる必要があります。

 

 

1,仕事の前に緊張するのは良い事?悪いこと?

「朝起きて仕事に行く前は必ず緊張する。」このような悩みを抱えている社会人は、実は意外と多いです。

仕事での様々なストレスやトラブル、人間関係でのトラブルなど、緊張する原因は様々です。緊張する事が良い場合もありますが、過度な緊張は生活をするうえでよくありません。

まずは、「仕事の前に緊張するのは良い事?悪いこと?」について解説いたします。

 

特別な仕事の前は適度な緊張が必要!

【特別な仕事の例】
・大切な顧客に会う前
・プレゼンを行う日
・大事な会議を控えている

上記のように普段と違う業務を行う日は、緊張するのが当然です。特別な仕事を控えている日は、何も考えないより、適度な緊張が良い結果を招いてくれます。

ごく一部全く緊張しない人もいらっしゃいますが、普通の感度を持っている人であれば、特別な仕事を前に緊張するのは何もおかしくありません。

 

新しい仕事で緊張するのは当たり前


・新入社員として新しい職場に入社したばかり
・人事異動があり人間関係がガラリと変わった

上記のような場合も緊張するのが普通です。入社して間もない新入社員や、人事異動で新しい人たちに囲まれていると、やはり慣れない環境にしばらくは緊張が続きます。

こういった「緊張」は一時的なもので、時間が解決してくれます。変に悩む必要はなく、目の前にある仕事に一生懸命取り組みましょう。

 

緊張が慢性化している時は注意!

問題なのは「緊張」が慢性化している時です。


●半年以上同じ職場で働いているのに毎日緊張する
●仕事に行く前はいつも不安に襲われる

このように継続的に緊張が続く場合は、この先ずっと同じ状態が続く可能性があるので注意が必要です。必要以上に緊張していると、精神的に不安定になるので、体調不良や精神疾患を起こす恐れが出てきます。

たまにある適度な緊張は良いですが、過度な緊張は体や精神を壊します。

 

2,仕事前に緊張する理由や原因

続いては、仕事の前に緊張する原因についてご紹介します。自分に当てはまっている物がないかチェックしてみて下さい。

 

仕事前に緊張する理由や原因1:自分の性格に合っていない仕事をしている

自分に合わない仕事を選んでしまうと、毎日が緊張と不安でいっぱいになります。


●内向的な性格なのに接客業を選んでしまっている
●人前で話すのが苦手なのに営業職に就いている

これは私にも経験があります。そもそも社交的でない人間が、「営業」「販売業」「接客業」などを行うと、必要以上に人と接する機会が多いため、毎日が緊張と不安の連続になります。

これを解決するためには、自分の性格を理解して仕事を選ぶ事が大切です。

内向的であったりコミュニケーションを取るのが苦手な場合は、工場や製造業、経理など、あまり人と関わらない仕事を選ぶべきです。

 

仕事前に緊張する理由や原因2:人間関係による問題

「人間関係」も仕事での緊張とは大きな関わりがあります。

新しい職場で慣れない人付き合いに緊張するのは普通です。しかし何年も同じ職場で働く「上司」「同僚」に必要以上に気を使ったり、怖がるのは良くありません。

「怖い上司がいる」「苦手な同僚がいる」「職場の人が皆ピリピリしている」などに当てはまると、不安が大きくなり緊張に繋がります。

上下関係がなく従業員が和気あいあいと働ける職場もあるので、そういった職場への転職がオススメです。

 

仕事前に緊張する理由や原因3:仕事内容に不安を覚えている

ミスが多かったり、自分では手に終えない仕事を任せられていると、仕事前に緊張してしまいます。上司から任せられた仕事を何でも引き受けるのではなく、「辛い時は辛い」「できないものはできない」と勇気を持って発言する事も大切です。

ミスを怖がるのではなく、「ミスも成長の一部」と割り切って仕事を行う様にして下さい。

仕事内容に不安を抱えていると、それこそミスが増えてよくない結果を招きます。

 

仕事前に緊張する理由や原因4:人が多いことに慣れない

大企業のように職場で働く人が多いと、その環境に慣れない人がいらっしゃいます。そういった人は大勢で働く職場ではなく、中小企業のような少数で働く職場が向いています。

 

仕事前に緊張する理由や原因5:色々考えすぎる

仕事で緊張してしまうのは、色々と物事を考えすぎるからです。朝時間に余裕があると、「今日は仕事が忙しいだろうな・・・」「○○さんは機嫌が悪くないだろうか・・」など、考える必要の無い事まで考えてしまいます。

仕事前は何も考えず、リラックスして出勤しましょう。音楽を聞きながら出勤すると、考え事をしなくなり、意外と緊張から開放されますよ。

 

仕事前に緊張する理由や原因6:仕事で期待されている

仕事が出来る人は、上司から期待されてしまい、過度のストレスやプレッシャーを感じます。これが仕事前の緊張に繋がります。

●営業で優秀な成績を収めている
●仕事が早い
●販売能力が高い

優秀な部下は上司から期待されます。仕事での期待はネガティブに考えず、成長に繋げるチャンスとしてポジティブに捉える事が大切です。

 

仕事前に緊張する理由や原因7:電話対応やクレーム対応

電話対応やクレーム対応は、何度やっても緊張しますよね。いつお客さんから怒られるか分からない緊張感は、ストレスが尋常じゃありません。

場数をこなす事が大切と言いますが、人によってはいつまで経っても慣れません。

 

仕事前に緊張する理由や原因8:入社間もない、部署移動などによる緊張

入社して半年くらいは誰でも新しい環境に緊張を覚えます。他にも部署移動なども同じですね。

新しい仕事、新しい人間関係、新しい職場、こういった環境に緊張するのは普通です。数ヶ月もすれば慣れるので、最初の内は我慢して働くしかありません。

 

理由が特にないのに緊張する場合もある

仕事前に緊張する理由は様々ですが、中には特別理由がないのに緊張する人もいらっしゃいます。例えば自律神経が乱れていたり、プライベートで問題を抱えている、寝不足などですね。

他にも原因はありますが、理由が特にないのに緊張する場合は、充分な休息をとり体を休める事が大切です。

体を休めてリラックスする事で、過度の緊張から開放される場合もあります。理由が分からない場合は、何でも対策を試してみましょう。

「休息を取る、趣味を作る、転職してみる」などがオススメ。

 

3,理由次第では早めに転職するべき

緊張がその日だけであったり、一時的なものであれば気にする必要はありません。社会に出て仕事するのですから、適度な緊張も大切です。

しかし毎日緊張や不安を抱えながら仕事をしている場合は、「転職」を考えるべきです。

「人間関係」「仕事内容」「仕事の向き不向き」などは、自分一人の力で改善するのは難しいです。転職する事で仕事や人間関係をガラリと変えてしまい、心機一転新しい職場で頑張るのがオススメです。

 

職場を変えると緊張から開放される可能性が高い

仕事で緊張するのは、職場のピリピリした雰囲気や、仕事内容などが影響しています。こういった問題は仕事を変えることで、解決される事がほとんどです。

和気あいあいとした職場や、働き易い仕事はたくさん存在します。こういった仕事を見つけると、仕事を楽しく感じるし、もっと仕事に対して打ち込めるようになります。

 

転職エージェントを使えばリスクを最小限に抑えられる

これから転職を考えているならば、「転職エージェント」の利用をオススメします。転職エージェントを使えば、現在の仕事を続けながら転職活動が行えます。

次の仕事が決まってから退職すればよいので、リスクがなくオススメです。

 

転職エージェントに相談すれば解決する!

転職エージェントでは転職のプロが相談に乗ってくれます。「人間関係が良好な職場に転職したい!」「仕事が簡単な職場に転職したい!」「自分の性格に合った仕事に就きたい!」このように希望の条件を担当者に伝えましょう。

担当者が条件に沿った仕事を探してくれるので、後は面接して受かったら転職すれば良いだけです。転職エージェントに相談すれば、仕事面での悩みを解決する事ができます。

続いては、私がオススメする転職エージェント3社をご紹介します!

 

4,オススメ転職エージェント

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

オススメの転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

 

5,仕事の前に緊張する原因や対策のまとめ

以上です。今回は「仕事の前に緊張する原因や対策」についてご紹介しました。

プレゼンや会議など、特別な仕事の前に緊張するのは普通の事です。しかし毎日の通常業務で慢性的な緊張を感じているのであれば、何か問題がある可能性が高いです。

自分に合わない仕事をしていたり、人間関係で問題を抱えているなど。

こういった場合は体を壊す前に転職を考えましょう。過度な緊張は体調や精神面で支障をきたす恐れがあります。

もっと働き易い職場、自分に合った職場への転職をする事で解決できます。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*