ホワイト企業の飲食店で働きたい!見つける方法や、オススメの飲食店は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食業界はブラック企業が多いことで知られています。長時間労働にサービス残業が横行しており、何も考えずに転職や就職を行うのは非常にリスキーです。

スポンサードリンク

 

飲食業界にも「ホワイト企業」は当然あります。大事なのはホワイト企業を見つけられるような転職方法を身に付ける事です。

ホワイト企業の飲食店で働くにはどうすればよいのか?どのような転職方法が正しいのか?今回はこういった疑問についてお答えします!

ホワイトな飲食店を探している方は、是非参考にして下さい。

 

1,一般求人からの応募や直接飲食店にアポをとるのは危険

飲食店の仕事探しをする場合、どのような方法をとりますか?一般的には下記のような方法で仕事を探す人がほとんどだと思います。

【飲食店を探す方法】
1.求人広告や求人サイトから自分で応募する
2.ハローワークから応募
3.近くの飲食店に直接連絡を取る
4.転職エージェントに相談する

ちなみに言っておくと、この中で「1番」「2番」「3番」はどれも危険です。この3つの転職方法は、基本的に自分で転職先を決めて応募するスタイルになります。

ですので、「ホワイト企業」か「ブラック企業」の見分けがつかず、運任せになります。実際に働いてみてから、「こんなはずじゃなかった・・・」となる場合も少なくありません。

求人情報を確認する事はできますが、不都合な事は会社側は伏せている事がほとんどです。表面上は良いことばかり書かれており、肝心な部分については記入されていないか、上手く誤魔化しています。

転職者が自分自身でホワイト企業の飲食店を探すのは不可能に近いです。

しかし「4番」の転職エージェントを使って転職活動を行えば、ホワイト企業を安全に見つける事ができます。

 

2,ホワイト企業の飲食店探しには転職エージェントを活用する

なぜホワイト企業の飲食店を探すのに、転職エージェントが適しているのか?それは転職エージェントを使えば、転職のプロに相談ができるからです。

転職エージェントには、何年も企業と転職者を結び付けている「転職のプロ」が在籍しています。転職者のアドバイザーとしてサポートしてくれるので、非常に心強い味方となります。

 

飲食業界の事を知り尽くしている、飲食特化型転職エージェントがオススメ!

世の中には様々な転職エージェントが存在しますが、今回オススメしたいのは「飲食特化型の転職エージェント」です。

飲食特化型の転職エージェントは、転職者に飲食店だけを紹介しており、飲食業界の知識が豊富です。様々な飲食店企業の実態や、働かせ方などを熟知しています。

「労働時間が短い飲食店を探している!」
「待遇の良い飲食店を探している。」

などと相談すれば、転職エージェントが良い飲食店の転職先を紹介してくれます。

飲食特化型転職エージェントはそこまで多くありません。下記2つのエージェントを利用しておけば問題ないでしょう。

 

飲食業を探すのにオススメしたい転職エージェントは「クックビズ」!


飲食関係の仕事を探すなら、「クックビズ」がオススメです。クックビズは求人数が5万件以上掲載されている人気の転職エージェント。

飲食店に特化された求人を取り扱っており、幅広い飲食の仕事を見つける事ができます。

「カフェ」「フレンチ」「イタリアン」「居酒屋」などの、ホールスタッフやマネージャー、調理スタッフなど職種も様々。さらに今なら転職が決まった場合、転職のお祝い金として3万円が貰えます!

飲食関係専門のプロのアドバイザーが、転職に関するサポートを全面的に行ってくれます。無料登録するだけで、クックビズの全てのサービスが利用できるようになります。

【クックビズの詳細】
・ジャンル:飲食、フード、バー
・種類:転職エージェント

 

フーズラボエージェントも飲食店探しにオススメ!


フーズラボエージェントは、優良求人を多く取り扱う飲食特化型の転職エージェントです。

「年収400万~600万円」「週休二日制」「充実した福利厚生」など、質の高い求人が多く、年間相談実績は5,000件以上です!

大手企業、チェーン店、個人店、レストラン、ホテルなど、一般には掲載されていない非公開求人を、国内外問わず取り扱っています。

未経験や若手スタッフはもちろん、店長、料理長、幹部候補、商品開発、SV候補など幅広い職種が揃えられています。

独自レポート(従業員のインタビュー)や体験入店をフーズラボ自体が行っており、独自の情報を元に求人を紹介してくれます。企業の内部まで知った上で求人を紹介してくれるので、安心して転職できますね!

フーズラボでは専任のアドバイザーが、「履歴書の添削」「面接対策」「条件交渉」など転職のサポートを個別に行います。転職活動中はもちろんですが、転職後もサポートしてくれるので安心です。

【フーズラボエージェントの詳細】
・ジャンル:飲食、フード
・種類:飲食特化型転職エージェント

 

3,ホワイトな飲食店の定義

続いては、ホワイト企業の定義についてご紹介します。

 

ホワイト企業の定義1:労働時間が短い

ホワイトな飲食店では、人員がしっかり確保されているため、労働時間がバカみたいに長くありません。ちゃんと従業員の事を考えて人員を配置しているので、一人一人に掛かる労働時間が短めです。

 

ホワイト企業の定義2:残業代がきちんと支払われる

ブラック企業では「みなし残業」という制度が設けられますが、ホワイト企業ではこのような制度はありません。残業代はタイムカードでキッチリ支払われるので、働いた分だけ給料として受けとれます。

 

ホワイト企業の定義3:休みor有給が取れる

ホワイト企業では、従業員に「休暇」をできるだけ多く取らせようと努力しています。有給消化の促進であったり、年間で○○日以上は休みを取らなければいけない、といった取り組みをしています。

中には飲食店で「週休二日制」を導入しているお店も存在します。

 

ホワイト企業の定義4:福利厚生が整っている

「厚生年金」「社会保険」「寮の完備」なども大切です。飲食店で正社員として働くのであれば、しっかり「福利厚生」について調べておく必要があります。

 

ホワイト企業の定義5:人員がしっかり確保されている

人員がしっかり確保されていれば、社員一人一人にかかる労働量が少なくなります。ブラック企業では人件費削減のため、必要な従業員を確保せず、一人一人の労働量を増やして仕事を行っています。

 

4,ホワイト企業と呼ばれている具体的な企業について

続いては具体的な「ホワイト企業と呼ばれている会社」をご紹介します。

ネット上の実際の口コミや評価を見て選んでいるので、ホワイト率の高い飲食店を知ることができます。

出典:https://www.vorkers.com/

 

働くのにオススメなホワイトな飲食店1位:びっくりドンキー

ファミリー層から絶大な人気を誇る「びっくりドンキー」は、「OPENWORK」という口コミサイトによりますと、3000件以上もある飲食店の中で、従業員満足度が第1位に輝いています。

残業時間が非常に短く、有給消化率が高い、さらに残業代をしっかり支払ってくれる、といった口コミが多くありました。給料は飲食店の中でも高い水準にあり、休みも比較的多い職場です。

 

働くのにオススメなホワイトな飲食店2位:スターバックス

スタバは人気があるカフェなので、ブラック化してもおかしくありませんが、そこはしっかり管理されています。「OPENWORK」の口コミによりますと、スタバの従業員満足度は第2位。

やはり人気のカフェなので働く時間は長く、それなりに忙しいようですが、残業代が100パーセント出て、しっかり法令順守を守っているようです。

今後も企業としての成長・安定が予測されるので、転職するにはオススメです。

 

働くのにオススメなホワイトな飲食店3位:松屋

牛丼のチェーン店である「松屋」もホワイト企業です。残業代がしっかり支払われており、従業員からは満足しているとの声が多数掲載されています。

上手く仕組み化されているので、従業員一人一人に掛かる仕事の負担が少なく、働きやすい環境のようです。

 

働くのにオススメなホワイトな飲食店4位:マクドナルド

ハンバーガーを販売するマクドナルドも、意外とホワイト率が高い飲食店です。口コミを見ていると、クルー同士の交流が多く、和気あいあいと楽しく働けている人が多いですね。

給料が割と高く、上からの評価され貰えれば、昇進できる仕組みが整っています。

 

働くのにオススメなホワイトな飲食店5位:鳥貴族

居酒屋はブラックな企業が多い中、鳥貴族は社員の口コミや評価が割りと高めでした。残業はありますが、休日出勤はほとんどなく、他の店舗からの「応援」という形で上手く人員を回しています。

居酒屋なので体育会系のノリですが、働く人たちの人柄良く、職場で嫌な思いをしている人が少ない印象でした。

 

働くのにオススメなホワイトな飲食店6位:焼肉キング

焼肉キングを運営する「株式会社物語コーポレーション」の評価も高めです。基本的に月8日の休みが確保されていますが、店舗によっては忙しく確保されない場合もあるそうです。

焼肉キングは仕事の待遇というよりも、全体の士気が高く、仕事で「やりがい」を感じる人が多いようです。

 

働くのにオススメなホワイトな飲食店7位:餃子の王将

餃子の王将は仕事での評価制度がしっかりしており、給料が高い事が魅力として上がっています。残業代は全支給されるので、バイトでも給料が高い傾向があります。

人気の飲食店なので忙しく覚える事も多いですが、社員の満足度は高めでした。

 

5,ホワイトな飲食店のまとめ

以上です。今回はホワイトな飲食店の特徴や探し方や、実際にホワイト化されているお店についてご紹介しました。

飲食店はブラック企業が多いと言われています。何の知識も持たないで、適当に求人だけ見て応募すると、ブラック企業に当たってもおかしくありません。

健全で社員の事を人として扱ってくれる「ホワイト企業」を探すためには、やはり第三者の意見を取り入れる事が大切です。転職エージェントに相談すれば、飲食業界に知識のあるアドバイザーから、意見を求める事ができます。

企業側の内部情報も知ってますので、一言相談するだけでも安心です。

是非今回の記事を参考にして、待遇のよい飲食店を見つけてください。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*