転職におけるリスクとは?リスクをなくすためのリスクヘッジ方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「転職=リスク」と考えている社会人は非常に多いです。確かに転職するとなれば、多少なりともリスクが発生します。それでは一体、転職にかかるリスクとは一体どういったものがあるのでしょうか・・・?

スポンサードリンク

 

目次

1,転職は甘いものではない
2,転職における”リスク”とは?
3,転職しない事もリスクに繋がる
4,転職エージェントを使えばリスクヘッジに繋がる
5,まとめ

 

1,転職は甘いものではない

給料や人間関係、仕事内容など転職での理由は人それぞれです。しかし、転職を行う理由で共通するのが、「今より環境の良い職場で働くため」だと思います。


「今よりもっと給料の高い職場で働きたい!」
「嫌いな上司がいるから、違う職場に移りたい。」
「もっとやりがいのある職業に転職したい・・」

こういった悩みを持った人が転職活動を行っています。しかし転職活動を行ったからといって、誰もが希望の職場に転職できるとは限りません。

中には今より条件が悪い職場に転職してしまったり、働いてみたら求人内容に書いてあった条件と異なっているといった経験をした人もいらっしゃいます。

転職で失敗しないためにも、未然に防げる「リスク」は徹底的に排除する必要があります。

 

2,転職における”リスク”とは?

 

今より給料が下がる可能性がある

転職される方は求人情報をチェックして、「今より転職したほうが給料が高くなる!」と思ってから転職を決めますよね。しかし求人情報に書かれている数字が、必ずしも正しいとは限りません。

「モデル給与」という形で形的な給与を掲載している企業や、「経験者にあわせた給与」として給与金額を掲載している場合があります。

こういった会社では実際に入社してみると、掲載給与よりも大幅に少なく、前職よりも給料が下がってしまうケースも考えられます。

他にも求人に載せられている給料が、手取りと勘違いする方などもいらっしゃいますね。こういったミスを防ぐためにも、面接や書類先行の段階で、給与について担当者にしっかり確認を取っておく必要があります。

余裕のない転職活動を行っていると、「早く転職しなければ!」という思いが先立ってしまい、確認を取らず転職での失敗をしてしまいます。

 

ブラック企業に入社してしまうリスク

求人募集をかけている会社が、すべて健全なホワイト企業だとは限りません。当然、中にはビックリするようなブラック企業も紛れ込んでおり、転職初心者が求人情報をチェックするだけで見抜くことは難しいです・・・

求人情報には条件の良いことばかり並べてあっても、実際に入社するとあれこれ理由をつけて、条件とは異なる仕事を任せられてしまいます。

悪質なブラック企業に入社してしまうと、仕事内容や勤務時間、残業の有無や休日が求人情報と全く変わってしまう事も・・・

 

転職活動が長引く恐れ

転職活動を始めてすぐに内定が貰えるのは一部の人だけです。転職活動をスタートさせて実際に職場を見つけて働き出すまでには、一般的に半年程度は掛かってしまいます。

中には転職活動が長引いてしまい、次の職場がなかなか見つからない人も少なからずいらっしゃいます。

仮に仕事を辞めてから次の職場が見つからなければ、やはり不安になるしその間収入が途絶えるのは大きなリスクですよね・・・

 

妥協で転職してしまう

上記のように転職活動が長引くと、多くの人は転職先を妥協してしまいます。生活が掛かっている訳ですから、転職先が見つからないと「ここでいっか・・・」と本来であれば転職しないような会社に転職してしまいます。

これにより本来はより良い職場への転職を希望していたのに、とにかく転職することが目的となり、以前の職場より条件が悪い会社に転職してしまうなんて事も考えられます。

 

会社に馴染めないリスク

新しい職場に転職すると、やはり問題になるのが「人間関係」です。職場の労働条件は問題なかったとしても、人間関係はどうなるか分かりませんよね・・・

以前の職場と社員のタイプが違い、なかなか打ち解けられないといった悩みを抱えるケースもあります。

他にも上司と相性が悪かったり、同僚から無視されるなんてリスクもあります。

 

仕事を上手くこなせない

今と同じ職種に転職するのであれば問題ないですが、新しい職業に転職を考えているのであれば、最初は苦戦する可能性が高いです。

これまで事務職をしていた人が、転職で営業をやっても最初は上手くいきません。やはりその職業ごとに”必要なスキル”が違うので慣れるまでに時間を要します。

「もっとやりがいのある仕事に転職したい!」と考えて転職する人は多いですが、1から新しい仕事をスタートさせるという事は、それなりの「努力」「根性」が必要だということを知っておく必要があります。

 

転職での担当者の当り外れがある

転職活動を行う場合は、「ハローワーク」や「転職サイト」「転職エージェント」などを利用する事になります。ハローワークと転職エージェントでは担当者がつくことになるのですが、この担当者にも当り外れがあります。

転職エージェントではそこまで大きな違いはないのですが、ハローワークの担当者は当り外れが大きいことでも有名です。

担当者のやる気がなかったら、せっかくの転職活動も上手くいかないですよね・・・

 

3,転職しない事もリスクに繋がる

これまで転職における「リスク」をご紹介しましたが、それ以上に転職しないリスクは大きなものとなります。

苦手な上司がいる会社や安月給な会社で一生働き続けるのは、働くこと自体がリスクだとは感じませんか?転職すれば人間関係も給料も改善されるのに、チャレンジしないのは非常にもったいないことです。

転職におけるリスクは抑えることが可能です。しかし転職しないリスクは働き続ける限り、ずっと発生していることになります。

 

4,転職エージェントを使えばリスクヘッジに繋がる

転職活動にリスクは付き物です。しかし転職で失敗しないためにも、リスクをできる限り排除することが大切。そのためには転職のプロが力を貸してくれる、「転職エージェント」を利用するのが一番です!

転職エージェントに無料登録を行えば、転職のプロが転職のサポートを全面的に行ってくれます。

「転職先の企業はブラックではないか・・?」
「給料体制は求人に記載されたもので間違いないか?」

こういった疑問があれば、転職エージェントの担当者に調べてもらう事が可能です!

他にも「給与がもう少し高ければいいのに。」と感じたのであれば、企業に直接給与交渉などを行ってくれる事もあります。

通常は転職者と企業では企業が上の立場になります。しかし、転職エージェントを間に入れることで、企業と同じ立場での転職活動が可能になります。

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】


 

DODA(転職エージェント)

DODA(デューダ)は、リクルートエージェントに続いてシェア率が高い転職エージェント。こちらも全国展開しており、首都圏や地方の求人も豊富なので安心して転職活動が行えます。

リクルートエージェントと同等の求人数を誇っており、必ず登録しておきたいエージェントとなります。

DUDAは転職サポートにも定評があり、親切で親身に対応してくれるという口コミが多いです。丁寧なカウンセリングや転職者に合わせたサポート体制は、強い味方となり転職にも有利に働きます。

サポートが充実しているため、始めての転職エージェントの利用でもオススメできます。もちろん登録は無料で行えます。

転職ならDODAエージェントサービス

転職サイトDODAで求人探し

 

会社の口コミを調べるにはキャリコネを利用する

キャリコネは、企業の「口コミ」「評判」を知る事ができるサイトです。実際働いていた人が口コミを投稿しているので、リアルな会社の内情を知る事ができます。

就職先が決まっていたり、これから面接を受けようと思っている会社があるなら、キャリコネで無料登録を行い、気になる企業の「評判・口コミ」をチェックしておきましょう。

そうすることで入社前に「ブラック企業」を見抜いたり、「人間関係の良好性」などを知る事ができます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


 

転職エージェントは複数登録しておこう

転職エージェントでは担当者がつくのですが、先ほども申し上げた通り担当者には当り外れがあります。ですので、最低でも2~3箇所の転職エージェントに登録しておくのがオススメです。

複数の転職エージェントに登録しておき、そこからしっかりサポートしてくれるサービスだけを使っていくようにして下さい。

 

5,まとめ

以上です。今回は、転職におけるリスクについてご紹介しました。転職にはそれなりのリスクが存在しますが、転職エージェントを利用することでリスクを最小限に抑えられます。

従来の転職活動とは、仕事を辞めてハローワークなどを使って転職活動を行っていました。これでは一時的に無職になるので、精神的にもストレスが大きいです。

転職エージェントを利用すれば、現在の仕事を続けながらの転職活動が可能になります。次の仕事が見つかったら現在の仕事を辞めるというスタンスでOKなので、リスクがかなり抑えられます。

これから転職を考えているのであれば、かならず転職エージェントを使ってください。

【関連記事】・転職活動が面倒くさい!手軽で簡単にできるオススメの転職方法とは?

【関連記事】・ブラック企業が多い職種について。離職率が高い激務な仕事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*