塗装工がきつい、辞めたいと感じる理由とオススメの転職先について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塗装工(ペンキ屋)の仕事は、働く上でいくつかの「デメリット」が存在します。実際に働いている人でも「塗装工を辞めたい。」「塗装工がきつい。」と感じている人が多くいらっしゃいます。

スポンサードリンク

 

 

1,塗装工について

塗装工とは、工作物に塗装を行う建設工事の仕事です。いわゆる「ペンキ屋さん」ですね。

外仕事の中でも「解体業」「土木作業」「とび職」などに比べて、力を使わない分「体力的に楽」というメリットがあります。外仕事の中ではおそらく一番力を使わず、体力的には楽な仕事だと思います。

ですので塗装工は外仕事の中では、割と人気のある職種です。

塗装工の働く時間や仕事内容は、下記のようなものが一般的です。

【塗装工の働く時間や仕事内容について】
●勤務時間:8:00~17:00くらい
●休み:基本的に土日(ただし天候による)
●仕事内容:建物の塗装(現場によって屋内での塗装もあり)
●給料:18万円~30万円程度

塗装工は外仕事の中では体力的に楽です。しかし雨や台風など天気によって仕事が休みになる事もあり、給料面では非常に不安定な事が特徴として挙げられます。

雨や台風で仕事が休みになれば、「屋内での仕事」「ビラ配り」「事務作業」を任される事もありますが、仕事が無いと「休日」扱いとなってしまい、お金が貰えなくなります。

塗装工には他にも働く上でいくつか「デメリット」があり、「仕事を辞めたい」「塗装工がきつい。」と感じてしまう人が一定数いらっしゃいます。

 

2,塗装工がきつい、辞めたいと感じる理由について

続いては塗装工がきつい、辞めたいと感じる理由について見ていきましょう。

【塗装工がきつい、辞めたいと感じてしまう理由】
●休みが不定期で、給料が不安定
●ペンキによる臭いや健康上の問題
●夏の暑さ、冬の寒さの問題
●先輩や親方との人間関係
●体力的な問題
●細かい作業を求められる

塗装工の仕事がきつい、辞めたいと感じてしまう理由には、基本的に上記の6つが挙げられます。一つずつ詳しく説明していきます。

 

塗装工がきつい、辞めたいと感じる理由1:休みが不定期で、給料が不安定

塗装工で一番問題となるのが、休みが不定期なせいで給料が不安定になる事。

特に「梅雨の時期」「冬場」は1週間近く仕事が休みになる事もあり、その期間給料は減額されます。

私の知人に塗装工で働く方がいらっしゃいますが、普段は20万円前後貰っていても、気候によっては10万円を切る場合があるそうです。

独身であれば問題ありませんが、結婚して家族を抱えていると、さすがに塗装工の仕事だけではやっていけなくなります。

 

塗装工がきつい、辞めたいと感じる理由2:休ペンキによる臭いや健康上の問題

塗装業の仕事では、「ペンキ」「薬品」などの有機溶剤を使用するため、臭いがキツイです。

臭いに耐えられれば問題ありませんが、ペンキの臭いが苦手な方だと「頭痛」「吐き気」を引き起こしてしまい、仕事どころではなくなります。

塗装は屋内で行う事もあるため、喚起を怠ると意識がボーっとしてしまい、倒れる事があります。ただし「臭い」については、仕事を続けていれば、ある程度なれていきます。

それと薬品の臭いは、健康上での問題もあります。

最近では防毒マスクや手袋を着用するし、溶剤も殆ど身体に害がないものになっているので、そこまで心配する必要はありません。

しかし体への害が全く無いかというと、それは嘘になります。

 

塗装工がきつい、辞めたいと感じる理由3:夏の暑さ、冬の寒さの問題

塗装工は力を使ったり、重たい物を運ぶ事はないので、体力的には楽な仕事です。

しかしいくら「楽」と言っても、外仕事には変わりないため、「気候」によって体力を奪われます。

例えば夏場、炎天下の中では、何せず立っているだけで辛いですよね。冬場も同じです。寒い日に外にいるだけでも辛いです。外仕事なので気候による問題があります。

 

塗装工がきつい、辞めたいと感じる理由4:先輩や親方との人間関係

塗装工の職場には「職人気質な親方」「気性の荒い先輩」が多く在籍しています。普通の職場に比べて、怒鳴られる事やパワハラが多いのは覚悟しておきましょう。

職場で上手く溶け込めないと、「集団イジメ」などに繋がる恐れがあります。

普通の仕事に比べて癖のある人が多く、人間関係は難しい場合が多いです。

 

塗装工がきつい、辞めたいと感じる理由5:体力的な問題

塗装工の仕事では立ちっぱなしでペンキを塗るため、「足」「腰」への負担が大きいです。重いものを運ぶんだり力を使うわけではないですが、1日中立っていると、それなりに疲れます。

特に40代、50代になってくると、足腰を痛める方が増えてきます。

 

塗装工がきつい、辞めたいと感じる理由6:細かい作業を求められる

塗装の仕事は「繊細さ」や「器用さ」を求められる仕事です。外仕事で気性の荒い人が多い一方で、職人気質なので仕事には非常にうるさいです。

ペンキのちょっとした塗り忘れなどのミスや、雑な仕事を行うと、親方や先輩に強く叱られてしまいます。

 

3,塗装工からの転職でオススメの仕事は?



「塗装工は給料が不安定だから続けられない・・」
「薬品の臭いが受け付けない・・」

このように塗装工の仕事が嫌になった場合は、別の仕事への「転職」を考えてみましょう!

【塗装工からのオススメの転職先】
●工場・製造業
●営業職
●ゴミ収集の仕事
●配送ドライバー

 

塗装工からのオススメの転職先1:工場・製造業

塗装工からの転職でオススメなのは、「工場・製造業」の仕事です。

工場の仕事は基本的に定時で帰れることが多く、さらに塗装工のように気候の変動も受けません。力を使う事も少なく、給料も比較的高く設定されているのでオススメ。

工場の仕事を退屈に感じる人もいらっしゃいますが、それは裏を返せば、それだけ仕事が楽という事です。外仕事から工場に転職する人は非常に多いですよ。

学歴や資格が無い場合は、「派遣」から始めて正社員になるのがオススメです。

 

工場探しならランスタッドがオススメ

ランスタッドは、工場、製造業、梱包作業、軽作業などの仕事が充実している派遣紹介サイトです。求人数が多く、担当者のサポート体制にも高い評価があります。

電話やWEBで3分で簡単に無料登録が行えます!高時給の派遣の仕事が充実しているので、興味があれば登録して求人のチェックを行いましょう!

通常勤務はもちろん、短期の仕事も用意されています。

世界最大級の総合人材サービス/ランスタッド


 

塗装工からのオススメの転職先2:営業職

トーク力やコミュニケーション力に自信があるのであれば、「営業職」への転職もオススメです。営業職は職種次第では、給料が50万、60万と大幅にUPさせることが可能です。

営業職ではいかにお客に上手く商品やサービスを紹介して、成約に繋げられるかがポイントとなります。大切なのは営業トークと、お客とのコミュニケーション能力。

未経験者でも、実力次第ではトップセールスマンになる事が可能です。

 

塗装工からのオススメの転職先3:ゴミ収集の仕事

意外と穴場でオススメなのが「ゴミ収集」の仕事です。ゴミ収集の仕事は汚れ作業ですが、仕事自体はとても楽だし、給料が高く、仕事時間も短めです。

塗装工のように給料が不安定になる心配もありません。

 

塗装工からのオススメの転職先4:配送ドライバー

配送ドライバーの仕事は、給料が高いのでオススメ。配送ドライバーの仕事は、主に一般消費者にトラックで荷物を届けます。

配送の仕事でも重いものを運ぶ事はありますので、体力的にはそこそこ大変ですが、外仕事以上に給料が高いですよ。

 

4,おすすめ転職エージェント3社

現在の仕事に不満を抱えており「仕事を辞めたい!」「転職したい!」と考えているのであれば、「転職エージェント」の利用をオススメします。

転職エージェントとは、ネットを使い無料で利用できる転職サービスです。全国の求人をチェックしたり、エージェントのサポートを無料で受ける事ができます!

転職エージェントにしか掲載されていない、優良求人も多く存在します。

続いては、私がオススメする転職エージェント3社をご紹介します。どれも大手で求人数が多く、大企業の求人情報を多く抱えているのでオススメです!

全て無料で利用できます。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

5,塗装工がキツイ、辞めたいと感じる理由のまとめ

以上です。今回は塗装工がキツイ、辞めたいと感じる理由や、塗装工からのオススメの転職先についてご紹介しました。

塗装業の仕事は外仕事の中でも、体力的に圧倒的に楽です。しかし「給料が不安定」「シンナーの臭いがキツイ」といった働く上でのデメリットも多く、転職を考える方が多くいらっしゃいます。

薬品の臭いは続けていけば慣れますが、「給料」はどうする事もできません。給料を安定させたいのであれば、別の職業への転職を考えるのが一番良いかと思います。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*