「健康的な仕事」「不健康な仕事」特集。体に良い職業とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には「健康的な仕事」「不健康な仕事」どちらも存在します。生きていくうえで長時間のウエイトを占める「仕事」なので、どうせなら「体に良い」と言われる健康的な仕事に就きたいですよね。

スポンサードリンク

 

健康面で言えば「ストレス」が大きく影響するため、職場の環境や人間関係なども非常に大切です。しかしそれらは実際に働いて見ないと分からない事がほとんど。

しかし職業に関して言えば、体に良いのか悪いのか、ある程度は前もって把握する事が可能です。

一般的には、下記に当てはまると健康的な仕事の可能性が高いです。

【体に良い仕事の特徴】
●適度に動く仕事
●規則正しい時間で働く
●体への負担が少ない
●ストレスを感じづらい

反対に体に悪い仕事とは下記のようなものです。

【体に悪い仕事の特徴】
●体に害のある空気を吸う
●労働時間が長くて睡眠がとれない
●働く時間帯が不規則
●ストレスが多い
●人間関係が複雑

こういった事に気をつけて「健康的な仕事」「不健康な仕事」をそれぞれ見ていきましょう。

 

1,健康的な仕事8つ

まずは健康的な仕事を見ていきましょう。

【健康的な仕事】
●僧侶
●地方公務員
●歯医者
●林業
●農業
●フィットネスインストラクター
●事務職
●新聞配達員

一般的に「健康的な仕事」と言われるものには、上記のような職業が当てはまります。一つずつ見ていきましょう。

 

健康的な仕事1:僧侶

実際に行なったアンケート結果でも「僧侶」は、健康的な仕事で堂々の一位を取った事があるそうです。

僧侶はまず食事管理が徹底されており、早寝早起き、残業なし、人間関係のストレスもほとんどありません。

立場上、酒やタバコを控えている人も多く、適度に動くので健康的です。

割と給料が高く安定しているため、お金の面でもストレスが少ないです。

 

健康的な仕事2:地方公務員

公務員といっても色々な仕事がありますが、デスクワークなどの地方公務員は残業がなく、9時~5時で帰宅できる事がほとんど。

役所などで働いていると、座っている時間は長いですが、それ以外は特別問題なし。

しかし国家公務員のようなエリートコースだと、労働時間が長く対人関係でのストレスも多いため、健康的とは言えません。

 

健康的な仕事3:歯医者

歯医者さんは他の病院と違って、ほぼ定時で帰れる上に夜勤などもないのでオススメ。

働く時間が短いのに加えて、適度に動くし、空調が整った部屋で過ごすのでストレスが少ないです。

 

健康的な仕事4:林業

自然を相手にする仕事は、大変ですが「やりがい」があり健康的になります。人間関係のストレスも少なく、実際に林業で働く人には、健康で長寿の人が多いみたいです。

 

健康的な仕事5:農業

農家も早寝早起きが基本で、よく動くので健康的な仕事です。こちらも自然を相手にする仕事なので、対人関係のストレスをうけづらいです。

農家で働いている人は長生きする方が多いです。

 

健康的な仕事6:フィットネスインストラクター

日頃から体を動かす「フィットネストレーナー」は健康的な仕事と言えます。仕事自体もそこまでハードではなく、十分な休憩をとりながら適度な運動を行なうだけです。

ハードそうに見えますが、実際には相手にレクチャーするのが主な仕事なので、仕事中ずっと運動をしている訳ではありません。

残業や休日出勤などもほとんどなく、大抵は運動が好きな人が働いているので、ストレスも少なく快適に働けます。

 

健康的な仕事7:事務職

一般事務の仕事は、座っている時間は長いですが定時通りに仕事が終ります。人間関係の問題がある場合もありますが、決められた時間事務作業をするだけなので、そこまで大きな負担はありません。

 

健康的な仕事8:新聞配達員

新聞配達員の仕事は、朝早起きして適度な運動を行なうので健康的です。自然と早寝早起きする習慣が身につきます。ただし仕事によっては交代制などもあるので注意が必要。

 

2,不健康な仕事12つ

続いては不健康的な仕事についてです。

【不健康な仕事】
●工場
●鉄鋼業
●コンビニ店員
●タクシー・トラック運転手・バス運転手
●自動車整備士
●プログラマー
●マスコミ関係
●営業マン
●警察官
●解体業
●塗装業
●溶接
●水商売

 

不健康な仕事1:工場

工場では職場によりますが、「有機溶剤」などを取り扱う事が多いです。

他にも「交代制」などで、十分な睡眠がとれずに、体調を崩してしまう恐れもあります。

工場はストレスが少なく人気の職業ですが、不規則な時間帯で「まともな食事がとれない」「慢性的な睡眠不足になる」など健康面では何かと心配が多いです。

 

不健康な仕事2:鉄鋼業

鉄鋼業では「有害物質」に加えて「粉塵」などを吸い込みやすいです。

以前僕も鉄鋼業で働いた事がありますが、職場はほとんど換気ができておらず、マスク一枚で仕事を行っていました。

マスク一枚じゃカバーしきれなく、仕事の後は鼻の中や鼻水が真っ黒でした。これを仕事中ずっと吸い込んでいたと思うとゾッとします。

 

不健康な仕事3:コンビニ店員

コンビニの店員は長時間立ちっぱなしで、さらに「夜勤」などもあるため不健康になる人が多い印象。

それとコンビニの店員は、基本的に食事が全てコンビニで済ませる人が多く、食事の面でも不健康になりやすいです。

 

不健康な仕事4:タクシー・トラック運転手・バス運転手

タクシー運転手、トラック運転手、バス運転手などは、仕事中ずっと座っているため体調を崩しやすいです。極端な運動不足に加えて、接客を行うためストレスも感じます。

さらにドライバー職は長時間勤務する会社が多く、食事面でもコンビニなどで済ませる事が多く不健康になりやすいです。

 

不健康な仕事5:自動車整備士

自動車整備士の仕事は、車の点検や板金塗装などを行います。塗装の際には有害な粉塵などが舞うので体内に入りやすいです。

整備が好きで働いている人がほとんどなので、仕事でのストレスは受けづらいと思います。

 

不健康な仕事6:プログラマー

IT会社といえば一昔まえはブラック企業が多いことで有名でしたね。特にIT企業で働く「プログラマー」は、長時間労働に加えてずっと座っているため、不健康な仕事です。

最近では「ヤフー」「グーグル」などのように、労働時間や規律を守るIT会社が増えましたが、まだまだブラックなIT企業も存在します。

長時間座って仕事をしていると、血の巡りが悪くなり体調不良を起こしやすいです。

 

不健康な仕事7:マスコミ関係

マスコミ関係の仕事は、不規則な勤務時間で「睡眠」「食事」共に悪影響を及ぼします。仕事のプレッシャーも大きくストレスがたまりやすいです。

 

不健康な仕事8:営業マン

対人関係で一番悩みが多いのが、やはり「営業マン」でしょう。新規顧客に商品の売込みを行なったり、クレーム対応、ノルマなど、仕事でストレスを抱えやすいです。

上からの圧力も大きく、ストレスで体を壊す人も多くいらっしゃいます。

 

不健康な仕事9:警察官

警察官は普段は良いですが、事件や事故が起きるとプレッシャーが大きく、意外とストレスの多い仕事。交代制などもあり不健康になる場合も考えられます。

 

不健康な仕事10:解体業

解体業の仕事では、解体時に「アスベスト」など体に害のある物質を吸い込む可能性が高いです。アスベストは建設資材に含まれている事が多く、有害物質として知られています。

解体の時は粉塵マスクなどを使いますが、100%防ぐのは難しいでしょう。

 

不健康な仕事11:塗装業

塗装業ではシンナーなど、人体に悪影響を及ぼす塗料を使うので注意が必要です。特に臭いに敏感な方やアレルギーを持っていると、体調を崩しやすいので気をつけましょう。

塗装業で危険なのは、屋内で作業をする場合です。屋内では十分な喚起ができず、必要以上に有害物質を吸い込んでしまう恐れがあります。

 

不健康な仕事12:溶接

溶接では「ガス」などの有害物質が出る事が多く、仕事中にそれを吸い込むため体には良くない仕事です。

溶接専用の防毒マスクなど義務付けている会社もありますが、100%有害物質を遮断できるわけではないので、やはり健康面では少し不安です。

 

不健康な仕事13:水商売

「ホスト」「バーテンダー」「ホステス」などの水商売は、お酒を飲む事が多く、睡眠時間も不規則になります。食事もコンビニや外食で済ませる人が多いです。

 

3,転職エージェントで仕事を探してみる

今の仕事に不満を感じているなら、「転職エージェント」への無料登録をしておくことをオススメします。

転職エージェントとは、ネットを使って無料で転職活動が行えるサービス。

転職エージェントへの無料登録をしておけば、いつでも仕事探しができるようになります。

さらに転職エージェントでは、専任のアドバイザーが転職の相談に乗ってくれます。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

オススメの転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

人材紹介【パソナキャリア】


 

4,「健康的な仕事」「不健康な仕事」特集のまとめ

以上です。今回は「健康的な仕事」と「不健康な仕事」をご紹介しました。

仕事を長く続ける上で、健康的な仕事を選ぶ事はとても大切な事。将来的に病気になったり、ストレスで仕事ができなくなる、体調を崩してしまうなどリスクを減らす事ができます。

健康面で転職を考えている場合は、転職エージェントに無料登録して、どのような求人があるのかチェックしてみましょう。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*