ピリピリした職場を辞めたい。働くメリット・デメリットをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を長く続けるためには、「職場の雰囲気」って意外と重要です。給料や待遇がどれだけ良くても、ピリピリした職場で働いていると、それだけでストレスが溜まります。

スポンサードリンク

 

職場の雰囲気がピリピリする原因は様々です。

事業自体が上手くいってない、営業などで社員同士が成績を競っているからピリピリしている、単純に職場の人間関係が悪い、などが挙げられます。

働いてみると分かりますが、ピリピリした職場にいると、息が詰まるしストレスを感じます。

実際に「ピリピリした職場を辞めたい!」「職場の雰囲気が悪いから仕事を変えたい!」このように感じている人は大勢いらっしゃいます。

 

1,職場がピリピリする原因とは?

まずは、職場がピリピリする原因について見ていきましょう。どういった環境だと、職場の雰囲気が悪くなるのでしょうか?

【職場がピリピリする原因】
●ノルマや売上によるもの
●繁忙期によるもの
●従業員同士の人間関係が悪い
●上司や社長がピリピリしている
●異性がいないから
●休みがない、残業が多い
●会社の業績が悪化している

 

職場がピリピリする原因1:ノルマや売上によるもの

これは職種によるのですが、「営業」「販売系」などの仕事だと職場がピリピリしている事が多いです。理由としては過剰な「ノルマ」や「売上目標」により、従業員全体がストレスを感じている事が挙げられます。

営業や販売職だと従業員に「ノルマ」という形で、仕事のプレッシャーが押し付けられています。

これにより一人一人が仕事でストレスを感じ、日頃からピリピリした状況に追い込まれます。成績を上げる上では仕方の無いことですが、やはり辛いものです・・・。

 

職場がピリピリする原因2:繁忙期によるもの

同じ仕事をしていても、「繁忙期」と「閑散期」では気持ちの余裕が変わってきます。

やはり忙しい繁忙期の時期は、全員がバタバタしておりピリピリしています。反対に閑散期であれば気持ちに余裕があるため、職場も和やかな雰囲気の場合が多いです。

繁忙期でピリピリしているだけであれば、繁忙期が過ぎれば落ち着きます。

 

職場がピリピリする原因3:従業員同士の人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いと、「派閥争い」「イジメ」などが起こるため職場の雰囲気が悪化します。このような職場では、他にも陰口や陰湿な嫌がらせ、嫌味を言うなど、働き辛い事が多いです。

社会には色々な人がいるので、人間関係で悩みを抱えている人は非常に多いです。

 

職場がピリピリする原因4:上司や社長がピリピリしている

社会はピラミッド式に成り立っており、上司や社長がピリピリしていると、それは部下にも波及して職場全体がピリピリします。

直属の上司が優しくて大らかな場合、その部署は皆が和やかで落ち着いた雰囲気になりやすいです。

 

職場がピリピリする原因5:異性がいないから

異性がおらず同性だけの職場も注意が必要。「女性だけの職場」「男性だけの職場」このような職場では、従業員同士の仲が悪くなったり、雰囲気が悪い事が多いです。

もちろんこれは会社によりますが、統計的にはやはり異性が混じっている方が、職場の雰囲気がよくなりやすいです。

 

職場がピリピリする原因6:休みがない、残業が多い

休日が極端に少なかったり、残業が多い会社でも従業員は皆ピリピリします。会社の規則なので仕方がありませんが、あまりにもハードな仕事はストレスが大きく掛かるのでオススメしません。

 

職場がピリピリする原因7:会社の業績が悪化している

会社の業績が悪化すると、社長がピリピリするので、それが波及して職場全体がピリピリします。業績を復活して社長や経営陣に余裕ができれば、全体の雰囲気も改善されるはずです。

 

2,ピリピリした職場で働くメリット

続いては、ピリピリした職場で働くメリットについてご紹介します。ピリピリした職場ってストレスが多いし、悪いことしかないように感じますが、実は働くメリットも存在します。

【ピリピリした職場で働くメリット】
●営業や販売職であれば成績を伸ばしやすい
●精神面が強くなる
●人として成長できる
●面倒な人間関係が少ない

営業職や販売系の成績を競うような職場ですと、ピリピリした職場の方が成績を伸ばせます。社員がお互いをライバル視して緊張を持って仕事に望んでいるため、それが自分自身の成長にも繋がります。

他にも「人として成長できる」「精神面がタフになる」などのメリットが存在します。

面倒な人間関係が少ないのも嬉しいですね。社員同士が仲のよいアットホームな企業だと、飲み会などの社員の集まりが多いので、人によっては面倒に感じるはずです。

 

3,ピリピリした職場で働くデメリット

続いてはピリピリした職場で働くデメリットをご紹介します。

【ピリピリした職場で働くデメリット】
●精神的なストレスが大きい
●体を壊す可能性がある

これは誰でも想像がつくと思いますが、ピリピリした職場ではストレスが大きくかかります。ストレスのせいで体を壊したり、仕事に行くのが嫌になる可能性も考えられますね。

 

4,大切なのは自分が納得して働くこと

雰囲気の悪い職場で働くのは、誰だって嫌です。それを「成長のため」「給料のため」と割り切って働くのか、ストレスのない仕事に転職を考えるのか、道を選ぶのは自由です。

それよりも大切なのは、自分自身が納得して働けているのかどうかです。

「嫌だ。」「行きたくない」このような考えを持って働いていると、ストレスが何倍もかかるし、仕事での成長も見込めません。

逆に成長やお金のために割り切って働けるであれば、それはそれで良いと思います。

もし嫌々働いているのであれば、すぐにでも「転職」を考えた方が自分自身のためです。働きたくない職場で働いていても、何のメリットもありません。

転職エージェントなどネット上のサービスを利用すれば、自分に合った仕事探しが行えます。

 

5,おすすめ転職エージェント

転職エージェントとは、ネット上で利用できる無料の転職サービスです。全国の求人を見たり、転職のプロに相談する事が可能です。

転職エージェントでは全国の様々な求人を抱えており、実際に職場についても詳しいです。

「人間関係が良好な職場で働きたい!」「ゆったりした環境で働きたい!」

このような条件で希望を出せば、転職のプロが力になってくれます。

 

オススメの転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:無職やフリーターの方にオススメしたいジェイック

ジェイックは、無職やフリーターを積極的に支援している転職エージェント。学歴や正社員の経験がないと、大手転職エージェントでは断られる事があります。

しかしジェイックを使えば、学歴に関係なくサポートが受けられるので、フリーターや無職の方は非常に助かります。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

 

6,ピリピリした職場のまとめ

以上です。今回はピリピリした職場で働くメリット・デメリット、職場がピリピリする原因などについてご紹介しました。

ピリピリした職場で働くのは辛いです。「仕事を辞めたい。」「仕事に行きたくない。」このように感じる人も大勢いらっしゃるはずです。

そんな時は一度立ち止まり、何のために今の職場で働いているのか考えてみましょう。

お金のため?成長のため?なんだかんだで仕事が好きだから?

もし何も働く理由がないのであれば、すぐにでも、もっと働きやすい職場に転職した方が良いです。働きやすい職場なんて世の中にいくらでも存在しますからね。

 

転職の際は必ず会社の口コミや評判をチェックする!

これから転職活動を行う場合は、必ず面接を受ける前に企業の口コミをチェックしておきましょう。

キャリコネは、企業の「口コミ」「評判」を知る事ができるサイトです。実際働いていた人が口コミを投稿しているので、リアルな会社の内情を知る事ができます。

こういった無料のサイトを利用するだけでも、人間関係の良し悪しなどを事前に知る事ができます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*