企画の仕事を辞めたい理由。企画職からの転職でオススメは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には色々な「企画職」があります。企画の仕事を続けていると「大変な事」「辛い事」に直面する事があります。そんな時「企画の仕事を辞めたい・・」このように感じてしまう恐れがあります・・。

スポンサードリンク

 

企画の仕事はやりがいを感じやすいですが、「仕事時間が長い!」「企画が思いつかない!」など、働く上で不満が出る事も意外と多いです。

今回は企画の仕事を辞めたい理由や、企画職からの転職でオススメの仕事についてご紹介します。現在何かしらの「企画職」に就いており、不満を抱えている方は、是非今回の記事を参考にして下さい。

 

【絶対登録するべき転職サイト】
リクルートエージェント100,000件以上の求人があると言われている、実績のある大手転職エージェント。他では取り扱っていない求人がたくさんあるので、無料登録を行い使ってみてください。
【公式サイトはコチラ】
リクルートエージェント

企画の仕事の種類について

一言に「企画職」といっても、実は色々な仕事が存在します。企画職の仕事の種類で一般的なのは、下記のような職種となります。

【企画の仕事の種類】
●商品企画
●営業企画
●広告企画

 

商品企画の仕事内容

企画職でもっともポピュラーな仕事といえば、「商品企画」ですね。

商品企画とは名前の通り、販売する商品を新しく企画したり、既存の商品の改良を行うのが主な仕事内容です。ただ商品を作るだけではなく、市場の動向や流行、価格設定など全体を見ながら商品企画を行います。

例えばアパレルメーカーであれば、市場のマーケティングを行い、服のデザインをしたり構成などを考えるのが、商品企画の仕事ですね。

 

営業企画の仕事内容

営業企画の場合は、「営業」が上手くいくように企画・戦略を練るのが主な仕事内容です。

ターゲットとなるお客様に、どのような商品を販売するのか?を最優先で考えなければいけません。

営業企画の仕事では、実際に営業は行いません。営業メンバーが上手く契約を取れるように、サポートするのが「営業企画」の仕事です。

 

広告企画の仕事内容

広告企画の仕事では、商品やサービスを宣伝するための「広告」をプランニングしていきます。自社商品の広告だけでなく、広告代理店のように他社の広告をプランニングする仕事も含まれます。

世の中の動向をリサーチした上で、商品やサービスにあわせた広告を選ばなければいけません。

広告企画の仕事では、予算にあわせて最高のパフォーマンスを出す事が求められます。

 

企画の仕事を辞めたい理由

続いては、企画の仕事を辞めたい理由についてご紹介します。企画職で働く人たちは、一体どのような事が原因で仕事を辞めたくなるのでしょうか?

【企画の仕事を辞めたい理由】
●働く時間が長い
●良い企画が思いつかない
●給料が安い
●営業ほど評価されない
●仕事でのプレッシャー
●結果が出ない

 

企画の仕事を辞めたい理由1:働く時間が長い

企画職で問題になりやすいのが、働く時間が長いことです。企画職の仕事はアイデア勝負になるので、とにかく良さそうなアイデアをたくさん出す必要があります。

これは、「商品企画」「営業企画」「広告企画」どの職種でも同じ事が言えます。

職場によってはサービス残業が多く、残業代も貰えないため仕事が嫌になる事もあります。

 

企画の仕事を辞めたい理由2:良い企画が思いつかない

企画職で求められるのは、いかに「優れた企画」を思いつくかどうかです。

企画職に向いてる人であれば、アイデアがポンポン出るので困らないですが、向いてない人だとアイデアを出すのに苦労するはずです。

「全然企画が思いつかない!」
「何の商品が売れるのか全く分からない・・」

こんな悩みを持っている企画職の方も多いはずです。

良い商品やサービスを企画するには、日頃からアンテナをはり、常に仕事について考えていなければいけません。もちろん仕事中だけでなく、プライベートや仕事以外の時も、という意味です。

これって仕事が好きな人であれば簡単ですが、仕事が嫌いな人にとっては非常に辛く感じます。

 

企画の仕事を辞めたい理由3:給料が安い

一般的な商品企画の平均年収は、424万円となっています。他の仕事に比べて年収は高い傾向がありますが、仕事内容や仕事時間、やる事の多さを考えると「給料が安い!」と感じてしまう人も少なくありません。

 

企画の仕事を辞めたい理由4:営業ほど評価されない

職場でもっとも評価されるのは、商品をたくさん販売した「営業マン」です。企画やその他の仕事があって販売数を伸ばせる訳ですが、どういう事か社会では最終的に販売した「営業マン」が評価される傾向が強いです。

もちろん企画職でも、良い商品やサービスを生み出せば、上司から評価はされます。しかし営業マンのように販売数によって給料が上がるなど、目に見える評価を受ける事ができません。

会社によっては、ずっと同じ仕事を任されて「昇進」「昇給」されず不満を抱える人もいらっしゃいます。

 

企画の仕事を辞めたい理由5:仕事でのプレッシャー

企画の仕事は、意外と責任が大きくプレッシャーを感じる仕事です。企画がこければ、会社の業績悪化を招くので当然ですよね。

会社の売上に直結しますので、上司も「企画」にはうるさいです。企画でミスをすれば、上司はもちろん同僚や営業からも文句を言われます。

 

企画の仕事を辞めたい理由6:結果が出ない

仕事で結果が出ないと、「企画を辞めたい・・」このように感じてしまうかも。

企画の仕事は自分の力だけでなく、世の中の動向や流行などもあるため、非常に難しいです。企画力だけでなく、マーケティング力・調査力・プレゼン力なども求められます。

 

企画職からの転職でオススメの職業は?

続いては、「企画職からの転職でオススメの職業は」についてご紹介します。

【企画職からの転職でオススメの職業】
●その他の企画職
●営業職
●販売職
●経理職
●人事職

 

企画職からの転職でオススメの職業1:その他の企画職

先ほども申しましたが、企画職には色々な仕事があります。「商品企画」「営業企画」「広告企画」をはじめ、「経営企画」「事業企画」などなど。

企画自体が嫌いでなければ、別の企画の仕事への転職がオススメ。

「商品企画⇒営業企画」であったり、「経営企画⇒商品企画」のようなイメージですね。仕事によって企画するものが変わりますので、興味がある物への企画職への転職を考えてみましょう。

 

企画職からの転職でオススメの職業2:営業職

企画職に魅力を感じなくなったのであれば、営業職への転職がオススメです。営業職では企画された商品を販売するので、アイデアや創造力は必要ありません。

逆に営業では、顧客に対してのトーク力、プレゼン能力、日頃の顧客ケアなどが必要となります。

営業では歩合制で給料を伸ばせる職場が多いのも魅力的です。

 

企画職からの転職でオススメの職業3:販売職

店頭にたち販売を行う販売職の仕事もオススメです。企画ほどクリエイティブな仕事ではないですが、アイデアなど考える必要がないので精神的には楽です。

ただし接客を行うため、人によっては苦痛に感じる場合もあるでしょう。

 

企画職からの転職でオススメの職業4:経理職

経理の仕事はデータ入力などを淡々と行う仕事です。企画のようにアイデアを出す必要がないのと、仕事でのプレッシャーも感じづらいはずです。

何のプレッシャーも感じずに、与えられた仕事を淡々とこなしたい方にオススメ。

 

企画職からの転職でオススメの職業5:人事職

自社の商品やサービスを扱うのが飽きたならば、人事職に就いて「人」に目を向けてみるのも良いと思います。企画とは違った「辛さ」「大変さ」がありますが、大きなやりがいを感じられるはずです。

企業の経営資源は「ヒト」「モノ」「カネ」と言われています。人事では、その中でも特に重要な「ヒト」のマネージメントを行います。

 

おすすめ転職エージェント

新しい仕事を探すなら、「転職エージェント」を利用してみてください。転職エージェントとはネットで利用できる無料の転職サービスです。

簡単な無料登録を行うだけで、全国の求人情報がチェックできるようになります。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

オススメの転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

人材紹介【パソナキャリア】


 

まとめ

以上です。今回は企画職を辞めたいと感じる理由や、その対処法についてご紹介しました。

企画の仕事はクリエイティブで非常に魅力的です。しかし仕事時間が長かったり仕事でのプレッシャーが大きい事から、「仕事を辞めたい!」と感じる人も少なくありません。

そんな時は、別の仕事に目を向けてみても良いと思います。

「営業」「経理」「人事」「販売」「受付」「総務」など、世の中にはまだまだたくさんの職業が存在します。どうせなら自分に会った仕事を見つけて、価値のある仕事を行いたいですよね。

転職エージェントを使えば、すぐにでも全国の求人情報をチェックできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*