営業の仕事が向いている人、得意な人の特徴や性格。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業職はとっても大変でやりがいのある仕事です。自分に合っていれば大きな成果を出す事ができるし、大きな達成感も味わえます。逆に自分にあっていなければ、毎日の仕事が辛く感じるしストレスが溜まる一方です。今回は営業職に向いている人の特徴や性格をご紹介します。

スポンサードリンク

 

目次

1,プレッシャーを楽しめる人間
2,稼ぐのが好きな人
3,仕事のためならプライドを捨てられる人
4,空気が読める人
5,忍耐・根性がある人
6,喋りが上手い人
7,信用される人
8,丁寧な仕事ができる
9,話す事が好き
10,ポジティブ
11,ポーカーフェイス
12,営業が向かない人も存在する
13,まとめ

 

1,プレッシャーを楽しめる人間

営業職は大きなプレッシャーと隣り合わせの仕事です。常に数字に追われており、毎月一定のノルマが発生します。当然通常の仕事に比べて「プレッシャー」は大きくかかりますので、それを楽しめる性格でないとやっていくのは厳しいでしょう。

適度なプレッシャーで自分を奮い立たせて、毎月結果を出すことに全力投球することになります。人によってはそれが苦痛に感じる事もあるし、やりがいのある仕事として感じられる事もあるでしょう。

プレッシャーを楽しめて結果につなげられる人間。これが営業職では必須の項目と言えます。

 

2,稼ぐのが好きな人

営業職はお金をたくさん稼ぎたい人にもオススメの仕事です。基本的に営業職では歩合制をとっている会社が多く、会社によってはそれこそ月に数百万稼ぐエリート営業マンも存在します。

一般的な職業で管理職を除き稼げる職種といえば、営業職があがります。お金に対して貪欲な人は仕事に対して真摯に向き合う事ができます。そういった人は営業職に向いており、稼ぐために必死に結果を出そうとします。

逆にお金にそこまで興味がない人は、営業職というプレッシャーを嫌いモチベーションが上がらないので向いていません。「たくさん稼ぎたい!」と考えている方であれば、一度営業職を試してみてもいいかもしれません。

ただし会社によってはどれだけ営業の仕事ができても、”周りの営業マンと給料が変わらない”なんてこともあるようですから、入社前に給料体制を下調べしておく必要がありますね。

 

3,仕事のためならプライドを捨てられる人

営業職では小さなプライドを捨てられる人が結果を残します。変にプライドが高く「頭を下げない」「キレイごとばかり並べる」といった性格ですと、結果が出しづらいです。

「この商品はあんまりよくないかも・・・」このように感じていても、商品の利点を上手くまとめてお客さんに販売する。人によってはこういった仕事を嫌うかもしれませんが、やはりキレイごとばかりでは営業職で結果は残せません。

他にも営業であればお客さんに罵声を浴びせられることがありますが、柔軟に対処することも大切です。変にプライドが高いと、クレームによってストレスが溜まってしまい、仕事を続けるのが苦痛に感じてしまいます。

クレーム対応でも「仕事」と割り切って頭を下げていれば、大きなストレスには繋がらず営業職を長く続ける事が出来ます。

 

4,空気が読める人

営業に向いている人の特徴は、まず空気を読める必要があります。得意先やお客さんと会話をしながら上手く商品を売り込んでいくので、場の空気が読めない人は結果を出す事が難しいと言えます。

取引先が疑問に思っている事があれば、察してすぐに説明に入る。場の空気を読みながら相手を納得させて、気持ちのいい取引をするのが最良の営業マンと言えるでしょう。

これは持って生まれた性格なども関係するので、修復することは難しいです。日頃から気の利く人や相手の気持ちが分かる人は、営業職に向いています。

 

5,忍耐・根性がある人

営業では忍耐や根性もとっても大切です。営業で成果を出している人の特徴で、「粘り強い人」というのも挙げられます。あんまりしつこいとお客さんに怒られてしまいますが、ある程度粘るのは必要です。

「いや今回はやめておくよ。」このように言われて「はい、そうですか。」とすぐに納得しているようであれば、仕事のやり方を変えた方がいいでしょう。

「ではこちらの商品はどうでしょう?」などと食いついていかなければ、契約を取る事は難しいです。

営業の得意先も個人のお客さんも基本的には、お金を使いたくないと思っています。ですので最初は断る姿勢で話を聞いてくるでしょう。そこで引いてしまえばそれまでだし、一歩踏み込んで説得できれば契約がバンバン取れます。

その違いは「忍耐」や「根性」です。ただし過剰な売り込みは見込み客を遠ざけるのでNGです。

 

6,喋りが上手い人

営業ではトーク術ももちろん必須です。喋っていて何を言っているか分からない営業マンから、商品を購入したり契約を結んだりしませんよね?これは当たり前の事で、営業スキルを磨きたいのであれば「トーク術」を学ばなければいけません。

最初から言葉巧みに話せるのはごく一部の人だけで、どんな営業マンも最初は上手く喋れません。しかし場数を踏むことで言葉がスムーズに出てきて、説明なども上達していきます。

もちろん個人差はありますが、「トーク力」は身に付ける事ができるので努力しましょう。家でホームビデオやスマホなどで動画をとりながら、契約の話をしてみるだけでも喋るのが上手くなりますよ。

後から動画を見直せば、「ここはもっとゆっくり話したほうがいい」「説明が何を言っているか分からない」など、修正するべき箇所が見つかります。

 

7,信用される人

営業力では「信用」が何よりも大切です。長期的に見た場合この信用がなければ、契約をとる事は難しいし結果を出し続ける事ができません。

酷いものばかり売りつけられる営業マンから、「またこの人から買おう!」とは決して思えませんよね。先ほどの話では、「何でも商品を販売しなければいけない」と書きましたが、このバランスが非常に難しいのです。

会社のサービスや商品は売らなければいけませんが、売り方を間違えると信用を失い顧客が減っていきます。例えば「A」のサービスを売り込む場合ですが、Aがそこまでよくないサービスだったとしましょう。

1、「Aは大変優れているサービスでして、是非加入していただきたいと思います。」
2、「Aは今あるサービスでは一番使えるので、どれか選ぶのであればAがお勧めです。」

1番と2番では共に「A」というサービスを勧めていますが、伝え方が全く違います。1番のような伝え方をしていれば、使ってみてよくなかったときに「あいつは嘘つきだ!二度と取引はしない!」ってなりますよね。

しかし2番であれば、「言っていたように不便な所もある。しかし他のサービスよりは優れているからAにしてよかった。」といった解釈になります。

このように、信用を損なわずに上手く売り込むことが大切です。

 

8,丁寧な仕事ができる

営業職で結果を出す人は、「仕事が丁寧」といった特徴を持っています。発言したことはしっかり守るし、期日や連絡も欠かせません。

例えば「来週に伺いますので。」とクライアントに伝えておいて、営業マンが一切来なかったらどう感じますか?「適当な人間」「信用できない」といったネガティブな印象が強くなり、何か購入したり契約する事はなくなると思います。

営業マンは言った事は守らなければいけないし、キチッと仕事をこなすことが大切です。

・見積書を出す
・電話する
・挨拶に行く

こういった細かいことは適当にやってしまいがちですが、仕事である以上期日までに完璧にこなしましょう。

 

9,話す事が好き

当然ですが、営業職をするなら話す事が好きなのは必須条件です。営業職では仕事の売り込み以外にも、お客さんとコミュニケーションを取らなければいけません。

話すのが嫌いだとこういったコミュニケーションを取るのが億劫に感じてしまい、”売り込みのみ”をやってしまいます。これではお客さんや取引先とのコネクションは出来ず契約をとることは難しいでしょう。

契約は取れなくても小まめに顔を出し、日常の会話やプライベートな話をする。これだけでも親密になって、「どうせならあの人のところで契約しよう」と、契約をしてくれます。

 

10,ポジティブ

ポジティブな性格の持ち主も、営業職には向いています。「ダメかも、上手くいかない」などとネガティブな考えを持っていると、仕事の結果に響くのはもちろんですが、大きな「ストレス」を抱え込むことになります。

営業職でストレスは最大の敵。「上手くいかない」「辛い」「辞めたい」などと毎日考えていれば、それだけで体を壊してしまうし前向きに仕事に励む事が難しくなります。最悪な場合はうつ病を発症してしまい、仕事を続けるのが困難になります。

逆に「大丈夫だろう」「自分なら契約を取れる」「今月は先月よりも結果をだす」といった感じでポジティブに仕事をしていれば、結果も出せるしストレスも溜まりません。

考え方1つで悪い方にも良い方にも転ぶので、気をつけてください。

 

10,駆け引きが上手

仕事では駆け引きも大切なポイント。毎日売り込みばかりしていれば、仕事量はこなしていても結果には繋がらないでしょう。逆にお客さんとのコミュニケーションばかりとっており、売り込みをしていなければこれも結果には結びつきません。

上手くコミュニケーションを取りながら、定期的に売り込みをかける。この駆け引きが上手にならないと、コンスタントに成果を出す事は難しいです。

コミュニケーションもただ話すだけでなく、お客さんに有益な情報を無償で提供したり、何か興味のある話題で楽しんでもらうなど。

相手を喜ばすことができれば、親密になり距離感が近くなるので次に売り込みをするときに心が動かされ易くなります。

 

11,ポーカーフェイス

ポーカーフェイスも営業には必要です。例えばお客さんに嫌な事を言われた場合。感情が表に出やすい人であれば、すぐにムカッとして顔が不機嫌になってしまいます。

お客さんによってはそこで「悪いこと言ったな」などと思うかもしれませんが、大抵は「何だこいつは。こんなやつと契約はしない。」というように、ネガティブに感じてしまうでしょう。

タチが悪いお客さんであれば、「顔が気に入らない」などと逆切れして、絡んでくることもあり得ます。営業ではポーカーフェイスに徹する事が大事。どんなときも笑顔で立ち振る舞い、イラッとしても感情を出さずに謝る。

とても大変な作業ですがポーカーフェイスを装うことで、トラブルを未然に防ぎお客さんとより良い関係性を作れます。

 

12,営業が向かない人も存在する

「なんで営業で成果が出ないんだ!」「営業が難しすぎる。」このように感じている人も多いはずです。もちろん努力すれば仕事は少しずつできるようになります。

しかしそもそも営業職に向いていないと、職種自体を変えた方が仕事で成果を上げやすくなります。

・人と喋るのが苦手
・プレッシャーの掛かる仕事が嫌い
・お金にそこまで興味がない

こういった性格や特徴を持っている人であれば、営業職自体に向いていません。自分にあっていない仕事を続けると、モチベーションも上がらないし何よりも体への負担が大きすぎます。

過度のストレスは病気にも繋がるし、デメリットが大きすぎます。上記のような性格の人であれば、「人と接する事が少ない工場職に転職する」「プレッシャーのない事務職に転職する」などのように、自分に合った仕事に切り替えるべきです。

転職活動をする時は、転職エージェントを利用するのがオススメです。

 

リクルートエージェント(転職エージェント)

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、大企業の就職先も豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。登録は無料でできます。
 

▼リクルートエージェントに登録するべき人▼

 
すぐにでも転職先を見つけたい
転職のプロに手助けして欲しい
自分に合った職業を見つけたい
面接の方法や履歴書の書き方などのアドバイスが欲しい

 

転職エージェントなので、担当のエージェントのサポートを受ける事ができます。いい転職先があればすぐにでも転職を考えたいのであれば、リクルートエージェントに相談してみるのがオススメです。

・【リクルートエージェント】


 

13,まとめ

営業の得意・不得意には、その人の性格も関係してきます。もちろん努力次第では営業が得意になる場合もありますが、性格に合わない場合はストレスも大きく個人的にはオススメしません。

自分に向いている・向いていないをキチンとジャッジして、惰性で仕事を続けないように注意しましょう。「新しい仕事を探すのが面倒だから」といった理由で続けていれば、いつまでたっても出世できないし仕事を楽しめません。

もちろんやる気があるのであれば、転職など考えずに積極的に営業の仕事に励んでください。

【関連記事】・トップセールスマンの特徴。売れる営業のコツとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*