派遣社員がクビになってしまう3つの理由・原因。派遣切りは本当にあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昔前に「派遣切り」という言葉が流行りましたよね。派遣切りとは派遣社員がクビになることです。実際に私が働いていた会社でも、派遣切りがありましたので、実体験を元にご紹介していきます。

派遣社員がクビになる理由は色々考えられますが、今回は「会社の業績悪化」「仕事が出来ない、ミスが多い」「遅刻や欠勤が多い」これら3つに絞ってご紹介します。

基本的にこの3つが、派遣切りとして危惧するべきポイントです。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

 

 

1,派遣がクビになるのは業績悪化の場合がほとんど!

私は以前、工場職の派遣社員として5年間以上務めていました。中小企業の派遣会社を通して、誰でも知っている大企業の工場へと派遣されていました。

その工場には私たちの派遣会社からだけでも、派遣社員が100名以上送り出されており、たくさんの方々が働いていました。

私が派遣社員として入社してから、3~4年経った頃でしょうか。度々日本の製造業の業績悪化が、ニュースや新聞で取り上げられるようになりました。

これまで派遣切りの話など聞いた事がなかったし、良心的な派遣会社だったので私たちは何も心配せず普通に働いていました・・・

 

突然派遣切りがやってくる

「○○さんクビになったらしいよ・・・」
「○○君解雇だって。」

社内では少しずつこういった噂が飛び交い始めました。最初は知らない部署から始まり、次第に自分たちの近くの人がクビになるのを見て、始めて”危機感”に襲われるようになりました。

派遣社員は皆同じだったと思いますが、当時は本気で焦っていました。上司が話しかけてくるだけで、「クビにされるのではないか?」という気持ちが出て恐かったですね・・

結果的に50名近くの派遣社員がクビにされ、残ったのは半数程度となりました。その後は少しずつ製造業の悪いニュースもなくなっていき、派遣切りもストップしました。

結果的に私は無事だったのですが、当時は独身だったから良かったものの、結婚していれば相当焦っていたと思います。会社の業績が傾いた時は、真っ先に派遣社員がカットされるので気をつけましょう。

 

2,仕事ができないでクビになることはあるの?

仕事ができない人や、仕事でミスを多発してしまう人は必ずいらっしゃいます。そういった人が派遣社員として働いている場合、クビになることはあるのでしょうか?

率直な意見としては、仕事ができないだけでクビになることはないと思います。もちろん中小企業や零細企業であれば、経営者の方針でクビにしてしまうかもしれませんが、名の通った大企業ではまずないです。

派遣社員といえど、「労働契約」によって守られているので、会社側も不当な理由で解雇することは難しいです。

 

部署異動や飛ばされることはある

私が以前勤めていた派遣会社では、仕事ができない人やミスを多発する人は、別部署に飛ばされることが多かったです。

ミスを出した時に損失が大きくなるような部署からは外され、誰にでも出来るような簡単な仕事を任されていました。

 

3,遅刻・欠勤・早退などが多い

遅刻・欠勤・早退などが多い派遣社員の方は、少なからずいらっしゃいます。こういった方はまず厳重な注意を受けます。

その上でも繰り返すようであれば、「解雇予告」を行ったり何らかの罰則を与えます。そうすることで大抵は直るのですが、それでも遅刻や欠勤を繰り返すようであれば、最終的にはクビになります。

良心的な会社ですと上記のように段階を踏んでくれますが、そうでない場合は無断欠勤を繰り返した時点で即刻クビになることも考えられます。

これは自分の意思で解決できる問題なので、直さないのであればクビになっても仕方ないですよね。急な用事でどうしようもなく遅刻して、それでクビになった場合は会社側に不服を申し出てもOKです。

 

4,派遣切りに合う理由のまとめ!

派遣切りにあってしまう理由は下記のような場合です。


●遅刻・欠勤・早退などが多く、厳重注意を受けても直らない
●会社の業績悪化に伴う人員整理

遅刻や欠勤を繰り返すのは、その人の「意思」によるものなのでクビにされるのは当然です。解雇予告なしで数回の遅刻や欠勤でクビにされるのはどうかと思いますが、会社によってはそういった対応を取る場合もあるでしょう。

「仕事が出来ない人」「ミスを多発する人」こういった方は、それだけでクビになる可能性は低いです。

しかし、注意しなければいけないのは、何か起きた時に真っ先にクビになる人は、「仕事が出来ない人」「ミスを多発する人」という事。

【会社でクビになる順番】
①使えない派遣社員⇒②優秀な派遣社員⇒③正社員⇒④役員

例えば会社が大きな赤字を出してしまい、リストラを余儀なくされた時。こういった場合真っ先にクビになるのは、派遣社員です。

その中でもやはり、「仕事が出来ない人」「ミスを多発する人」「遅刻・欠勤が多い人」などは、派遣社員の中でも真っ先にクビになりやすいです。

実際私が働いていた会社でも、不真面目な人や仕事での出来が悪い人は、最初にクビにされていました。

仕事で評価されていない人はそれだけが理由で解雇されることは少ないですが、何か起きた時は真っ先に解雇されます。派遣として働くのであれば、これは頭に入れておくべきです。

 

派遣社員は大企業選びが大切!

派遣社員を長く続けるには、大企業を選んだ方が絶対安心です。経営者や上司の判断で一発解雇になるリスクもないし、会社が不景気になる心配も少ないからです。

私が働いていた派遣先は大企業でしたが、本当に運が悪かったと思っています。

日本を代表するような会社ですので、業績不振に陥ることは本当に稀です。中小企業や零細企業では、ちょっとした事で業績が傾きますが、大企業ではそういった事はほとんどないです。

ですので派遣社員として働く場合は、できるだけ大きな会社を選びましょう。

 

5,安定を求めるなら正社員を考える

派遣社員にはメリットもありますが、やはり安定力にかけるので長く働くにはオススメしません。これから家庭を持ったり30代、40代と年齢を重ねていくにあたり、不安定な職業はできれば避けたいものです。

40代で突然解雇通知をされたらどうしますか?

派遣社員はお金を貯める目的や、やりたいことを探す時期に働くのは全然OKです。しかしこの先ずっと働いていくのはNG。

転職エージェントを使えば、インターネット上で正社員の募集をたくさんチェックできます。無料登録を行えば、求人情報が見れるようになるので、興味があれば是非確認してみてください。

 

ランスタッド

ランスタッドは、工場、製造業、梱包作業、軽作業などの仕事が充実している派遣紹介サイトです。求人数が多く、担当者のサポート体制にも高い評価があります。

電話やWEBで3分で簡単に無料登録が行えます!高時給の派遣の仕事が充実しているので、興味があれば登録して求人のチェックを行いましょう!

通常勤務はもちろん、短期の仕事も用意されています。

世界最大級の総合人材サービス/ランスタッド


 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

6,まとめ

以上です。今回は、派遣社員がクビになってしまう4つの理由・原因についてご紹介しました。私が以前働いていた会社では、会社の業績悪化が理由で派遣切りが行われました。

やはり経営が傾いた時に真っ先にクビになるのは、アルバイトや派遣社員です。そうならないためにも、派遣社員に特別拘りが無ければ、転職エージェントを使って正社員へと転職するのがオススメです。

特に中小企業や零細企業ですと、経営者の一言でクビにされてしまうので、大企業での派遣に比べてリスクが高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*