社会人が思う「一緒に働きたい人」「一緒に仕事したい人」の人物像とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「一緒に働きたい人」「一緒に仕事したい人」って社会では非常に貴重な存在です。やはりそのような人は職場では大切にされます。今回は社会人が感じる、「一緒に働きたい人、一緒に仕事したい人」の特徴をまとめます。

スポンサードリンク

 

1,職場では「一緒に働きたい!一緒に仕事したい!」と思わせる事が大切

1つの会社に長く勤めようと思うなら、一番大切なのは「人間関係」です!やはり職場の人間関係が良好だと、仕事でのストレスが少なく、快適に仕事を続けられます。

しかし上司から嫌われていたり、仲の悪い同僚がいると、それだけで仕事が嫌になってしまう場合があります・・・・

ちょっとくらい大変な仕事であっても、良い仲間に囲まれていれば、楽しく頑張れますよね。反対に好きな仕事をしていても、人間関係が最悪ですと、退職や転職に追い込まれるケースが非常に多いです。

それくらい「人間関係」は、仕事を続けるにおいて大切なファクターと言う事になります。

 

「一緒に働きたい人」と思わせられると、良好な人間関係を作れる

職場の人間関係を良好にするためには、いくつかの方法があります。その中でも特に重要なのは、相手に「この人と一緒に働きたい!」「一緒に仕事したい!」と思わせる事です。

【一緒に働きたい人の特徴】
●優しく指導してくれる上司
●一緒にいて楽しい同僚
●仕事に対して全力な部下

上記のような人だと周囲の人は、「一緒に働きたい!」って感じますよね。

【一緒に働きたくない人の特徴】
●怒ってばかりいる上司
●真面目すぎる同僚
●やる気の無い部下

反対にこのような特徴を持っていると、一緒に働くのが嫌になります。やはり「一緒に働きたい」と思われる方が、周囲からの人望も厚くなるし、人間関係が良好になります。

こういった事に意識を傾けて仕事をする事も、職場で周囲から好かれるには大切ですよ。

 

2,一緒に働きたい人と思われる上司の特徴

まずは「一緒に働きたい、仕事したい!」と思われる上司の特徴を挙げてみましょう。職場で下から好かれるためにも、是非参考にして下さいね!

 

気配りができる上司

上司は部下に仕事を教えたり、指示してなくてはいけません。そんな時に大切なのは、しっかり気配りができるかどうか。

厳しく部下を育てるのは良いことですが、その中に「優しさ」がなくては誰もついてこないし、「一緒に働きたい」とも思いません。上司として部下に気配りができると、それだけで下の人たちが支持してついてきてくれます。

 

仕事が出来る上司

やっぱり仕事ができる上司は、カッコいいし「一緒に働きたい!」って部下から慕われます。何か仕事で困った事があっても、仕事ができる上司は相談相手になってくれるので、部下は安心して働けます。

全然頼りにならない上司なんて、正直一緒に働きたくないですよね・・・?こういう上司は怒るだけで仕事に関しては無関心です。

やっぱり上司と一緒に仕事するなら、「仕事ができる人」意外考えられません!

 

優しい、感情の起伏が激しくない上司

仕事で常にイライラしていたり、部下にぶつかる上司は嫌われます。こんな上司は「一緒に働きたい人」とは口が裂けても言えませんよね・・・

仕事のミスで怒るのは部下も納得できます。しかし感情の起伏が激しく、自分の機嫌次第で部下にあたると嫌われるので注意しましょう。

 

発言と行動に責任を持てる上司

発言と行動に責任を持てない人は、どれだけ立派なキャリアを築いてもすぐに部下からの信頼を失ってしまいます。

これは私の上司にいたのですが、部下に注意はたくさんするのですが、自分は注意した事を全然守れていない上司。発言と行動に責任を持てないと、上司としては失格です。

こういった上司はやはり信頼できないし、「カッコいい上司」とも思えなくなります。当然「一緒に仕事したい人」とは部下も思えないですね。

下から慕われるためには、やはり発言には責任を持ち、それに伴った行動を心がける必要があります。

 

3,一緒に働きたい人と思われる同僚の特徴

続いては同じ立場で働く、「同僚」から一緒に働きたいと思われる人の特徴です。

 

仕事以外での付き合いができる人

付き合いの良い人は同僚から好かれます。例えば仕事の後、気軽に飲みに行けるような相手ですね。日頃から飲みにいけるような関係性であれば、気を使わない存在になるので、一緒に働き易くなります。

しかし同僚からの誘いを断ってばかりいると、親しい人間関係は作れません。

仕事以外での付き合いを行う事で同僚以上の存在になる事ができ、一緒に働くのが楽しくなるはずです。そのためには仕事以外での「飲み会」「食事会」には積極的に参加するべきです。

 

上司に媚を売らない人

上司にゴマすりや媚ばかり売る人は、同僚から嫌われます。やはり見ていて気持ち良いものではないので、同じ立場の人間からは毛嫌いされる傾向が強いです。

同僚から好かれるためには、同僚と同じ視点で物事を考えること。時には一緒に上司の悪口を言ったり、仕事に対する愚痴を言い合うことも大切です。

そういった中で同僚との信頼関係が生まれ、一緒に働くのが楽しくなっていきます。

 

やるべき仕事はしっかり行える人

同僚といえど仕事仲間には変わりません。適当に仕事を行っていたり、自分だけ休憩を長く取るなどは絶対NG。上司や部下に比べて親密な関係かもしれませんが、仕事ありきの関係という事は忘れないで下さい。

しっかりやる事をやって同僚としての付き合いをする事が、人間関係を良好に保つ秘訣です。

 

嫌な仕事を進んでやる人

例えば同僚と二人で仕事を行う時に、「楽な仕事」と「面倒な仕事」があったらどちらを取りますか?

同じ立場の同僚だと、面倒な仕事を押し付けていませんか?ここで嫌な仕事を押し付けて、自分が楽をしてしまえば同僚には間違い無く嫌われます。

しかし率先して嫌な仕事を行えば、同僚は慕ってくれるし、今後良好な人間関係を作れるでしょう。結果としてそれが同僚からの評価に繋がり、昇給や昇進に繋がっていきます。

立場が同じ同僚だからこそ、お互いに気を使う事が大切です。

 

4,一緒に働きたい人と思われる部下の特徴

続いては「一緒に仕事したい!」と思われる部下の特徴です。上司から気に入られるためにも、若手や新卒は是非参考にして下さい。

 

受動的ではなく行動力のある部下

新卒や若手に良くあるのが、職場で受動的になってしまう行為。上司から言われた事しか行わず、とにかく受身の態勢になってしまうのは絶対NGです。

このような部下だと、上司も一緒に働いていてイライラするし、仕事を任せたいと思いません。

仕事は学校とは違います。与えられた仕事だけ行うのではなく、自分から積極的に仕事を貰いに行くスタンスで働く事が大切です。そういった姿勢だと、上司も可愛がってくれるし、何でも手助けしてくれますよ。

 

ルールやマナーを守れる部下

社会人であれば、ルールやマナーを守れなくてはいけません。「時間」を守ったり、元気良く「挨拶」できるのはもちろんですが、仕事場での決まったルールに従って働かなければいけません。

ルールやマナーを守れない部下は、上司も手が掛かるので「一緒に働きたい。」とは思わないでしょう。逆に何でも素直にいう事を聞いてくれて、ルールやマナーを守ってくれると、働いていて楽なので気に入られます。

 

上司を立てられる

上司から「一緒に働きたい」と思わせるためには、上司を立てられる部下になる必要があります。

大抵の部下は自分が仕事ができることを見せ付けたり、上司とも競ってしまいます。何か仕事で成果を出せば自分の手柄にするし、上司を超えようと必死なはずです。

しかし実はこれが上司からの反感を買っている可能性があります。

社長や役員クラスになれば、部下が育って自分より仕事ができるのを素直に喜べます。しかしその部署をまとめるリーダーや課長クラスであれば、仕事ができる部下を脅威に感じてしまいます。

「自分のポジションが奪われたらどうしよう・・」
「仕事を見せ付けてきて、何か目障りだ・・・」

このように上司から目をつけられる可能性もあります。社長や役員クラスであれば仕事のアピールはガンガンするべきですが、一緒に働いている上司であれば、上司を立てる事も大切。

何か手柄があれば上司の手柄にしたり、「○○さんのおかげで成長できました」などと上司の肩を持ちましょう。そうすることで上司から好かれて、仕事がさらにやりやすくなるはずです。

 

素直に謝れる部下

社会には素直に謝れない人は一定数いらっしゃいます。ミスをして上から注意されても、「あの人もやっていたから・・・」「でも私だけじゃないですよね?」こういった感じでウダウダと屁理屈を並べる人は、上司に嫌われます。

注意を受けて自分に少しでも非がある事が認識出来るなら、「申し訳ありませんでした。二度とミスしないよう気をつけます」と、まずはとにかく誤ることが大切。

上司もそれで納得できるし、面倒な話にはならないはずです。変にいい訳したり周囲を棚に上げると、かえって上司はイライラしてしまい反感を買うだけです。

やはり素直な部下の方が上司も可愛く感じます。

自分が悪くない場合は反論してもOKですが、それ以外は基本的に間違いを認め、素直に謝る事が大切です。

 

5,いざという時のために転職エージェントへの登録を済ましておこう

職場の人間関係はとっても複雑です。ちょっとした事で上司に嫌われたり、同僚との仲がこじれる事があります。しかし社会で働く以上、これは避けられません・・・

完璧な人間関係なんて存在しないし、いつ仕事が嫌になるかも分かりません。そんな時のためにリスクヘッジとしてやっておくべき事は、転職エージェントへの無料登録を済ませること。

転職エージェントへの登録を済ませておけば、いざ仕事が嫌になった時に、すぐに転職活動が行えます。今の仕事を辞めずに転職活動を行えるので、リスクがなくオススメです。

簡単に行えるので、無料登録を済ませて、ブックマークなどにサイトを保存しておきましょう。無料登録を済ませれば「求人」をチェックできるようになります。

 

6,オススメ転職エージェント

続いては私がオススメする転職エージェント3社を激選してご紹介します。どれも大手で実績がありますので、安心して利用できます。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

 

7,まとめ

以上です。今回は「一緒に働きたい人」「一緒に仕事したい人」の特徴をまとめました。部下、同僚、上司、ポジションによって「この人と働きたい!」って思う理由はバラバラです。

職場の人たち皆から、「一緒に働きたい!」って思わせられる事ができれば、その職場で良好な人間関係が作れるでしょう。

これは仕事を長く快適に続けるためには大切なポイントです。是非今回の記事を参考にして、これからの働き方に生かして下さいね。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*