競争のない仕事・業界とは?競争社会にウンザリした人におすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「競争心」は、社員のやる気を高めて企業全体の成長を促進させてくれます。しかし、競争の激し過ぎる職場では、毎日がプレッシャーの連続で心身共に疲れてしまいます。

スポンサードリンク

競争の激しい職場にウンザリしている方には「競争のない仕事」がオススメです。

「もっと楽しく皆で仕事がしたい!」
「競争社会にウンザリしてしまった・・。」
「仕事でのプレッシャーに疲れた。」

仕事を変えるだけで、大きなプレッシャーや職場のギスギスした雰囲気、毎日のストレスから解放されるかもしれません。

穏やかでストレスのない働き方を求めている方は、是非「競争のない仕事・業界」への転職を考えてみましょう!

 

 

【絶対登録するべき転職サイト】
リクルートエージェント100,000件以上の求人があると言われている、実績のある大手転職エージェント。他では取り扱っていない求人がたくさんあるので、無料登録を行い使ってみてください。
【公式サイトはコチラ】
リクルートエージェント

1,競争が起きやすい仕事の特徴とは?

まずは競争が起きやすい仕事の特徴について見ていきましょう。下記に当てはまる職場では、競争が起きやすいので注意して下さい。

【競争が起きやすい仕事の特徴】
・ノルマのある仕事
・成果が給料に影響する仕事
・大企業
・同僚が多い職場
・ベンチャー系

 

競争が起きやすい仕事の特徴1:ノルマのある仕事

ノルマのある仕事は完全なる競争社会となります。

例えば「営業」「販売業」「サービス業」などなど。これらの仕事は上層部からノルマが与えられるため、必然的に従業員同士で競争が起きます。

良い仕組みが出来ており人間関係が良好な職場もあります。しかし中には、ノルマのせいで従業員同士がギスギスした雰囲気になってしまうような職場も。

競争社会にウンザリしているのであれば、ノルマのない仕事を選びましょう。

 

競争が起きやすい仕事の特徴2:成果が給料に影響する仕事

自分のこなした「売上」「接客数」などが、給料に直接反映されるような仕事は競争が起きやすいです。先ほどと同じになりますが、「営業職」「販売業」「サービス業」などの接客業全般ですね。

社員同士で売上を競わせる形を会社側が取っているので、どうしても競争が起きてしまいます。

 

競争が起きやすい仕事の特徴3:大企業

大企業では従業員数が多いため、全てではないですが、競争が起こりやすいです。「大企業の営業」「大企業の販売業」では、ほぼほぼ競争心が生まれます。

大企業では上下関係がはっきりしており、出世するための競争も起き易いです。

営業など職種による「個人の成績の競争心」だけでなく、大企業ならではの「出世するための競争心」、この二つが生まれます。

 

競争が起きやすい仕事の特徴4:同僚が多い職場

同僚が多い職場も競争が起き易いです。例えば新卒で入社する新人が、30人いたら、その30人は全員ライバルとなりますよね。

これは会社規模だけでなく、所属される部署にも関係します。所属する部署の人数が多ければ、同じような仕事をする人間が増え、結果的にライバルが増加します。

反対に大企業のような会社規模の多い職場であっても、所属する部署が自分一人であれば、独占状態となり他の社員と競争する事はありません。

 

競争が起きやすい仕事の特徴5:ベンチャー系

ベンチャー系は基本的に競争で成り立つ業界です。

社員数が少ないので実力主義となり、できる人間が上に上がっていく仕組みとなっています。ですので毎日が競争の連続だし、ストレスやプレッシャーも他の業界に比べて大きいはずです。

その分実力が評価されれば、普通の企業では味わえないような待遇を受けられます。

 

2,競争のないオススメの仕事・業界

利益を追求する一般企業では、基本的に競争が生まれます。それが社会全体を良くしてサービス向上に繋がるからです。

しかしその中でも、競争が起きにくい仕事・業界というのは存在します。競争社会にウンザリしている方は、下記のような仕事で働くのがオススメです。

【オススメはこんな仕事!】
・工場のライン作業
・飲食業
・警備員、交通整理
・農業
・倉庫業務
・YouTuber
・ブロガー
・トラック運転手
・クリエイティブ業
・自動車整備士
・トリマー、動物飼育員

 

競争のない仕事1:工場のライン作業

工場のライン作業は淡々と流れ作業を務める仕事。大きなやりがいは感じられないかもしれませんが、人と競争する事もなく、自分のペースで作業を進められます。

ライン作業では出世等も少なく、毎日が同じ作業の繰り返しです。その分、仕事に対する不満は出るかもしれませんが、人間関係や競争など面倒などのストレスは解放されます。

 

競争のない仕事2:飲食業

接客業の中でも「飲食業」は、従業員同士の競争が起こりづらい職場です。接客は行いますが、「ノルマ」「給料が成果に直接反映される」などは無いです。

ただし飲食業でも夜の仕事は該当しないので注意が必要。

 

競争のない仕事3:警備員、交通整理

警備員や交通整理の仕事は基本的には1人~数名で与えられた持ち場を受け持ちます。従業員同士で争いが起こることもなく、淡々と仕事を行います。

 

競争のない仕事4:農業

農業のような自然を相手にする仕事では、社員同士の競争は起こり辛いです。自然を相手にするので「体力面」での厳しさはありますが、人間関係での悩みは割りと少なめ。

 

競争のない仕事5:倉庫業務

倉庫業務は荷物の出荷・入庫作業が主な仕事内容です。体力面での大変さはありますが、人と関わる事が少なく、仕事を通して競う事も起こりません。

 

競争のない仕事6:YouTuber

YouTuberはもちろん数字や再生回数は競う事はあっても、会社のように「競わなければいけない状況」にはなりません。

中には自分のペースでのんびり更新している人も多くいらっしゃいます。

 

競争のない仕事6:ブロガー

僕も本職はブロガーですが、かなりマイペースに仕事ができています。

組織に属すると大変ですがフリーランスとして働いていれば、気楽なのでオススメです。

 

競争のない仕事7:トラック運転手

長距離のトラック運転手は人と競う事はほとんどありません。ずっと運転を続けるので疲れますが、人と競うような仕事ではりませんね。

 

競争のない仕事8:クリエイティブ業

「デザイナー」「画家」「写真家」「作曲家」「画像編集」「ゲームクリエイター」などは、クリエイティブ業に属します。

人と接することが少なく、もくもくと自分の作業に打ち込む業界です。

ですので人と競争する事が苦手で、わが道を行くタイプの人にオススメ。

 

競争のない仕事9:自動車整備士

動車のメンテナンスや修理を行う自動車整備士は、競争心が少ない人でも活躍できる職業です。

営業のように数字で競う事もなく、与えられた仕事を淡々と進めます。

車が好きな人であれば整備に黙々と取り組めますので、仕事自体も楽しめると思います。

 

競争のない仕事10:トリマー、動物飼育員

トリマー・動物飼育員などの動物に関わる仕事も、競争が苦手な人に向いている仕事です。

動物の身の回りの世話をしたり、手術・診断・保護などを行うのが仕事内容になります。

動物に対してしっかり対応してあげれば、飼い主は十分満足してくれます。

 

3,競争の無い仕事で働くメリット

競争の無い仕事では様々なメリットが存在します。

【競争の無い仕事で働くメリット】
・精神的に楽
・人間関係が良好な職場が多い

 

メリット1:精神的に楽

競争社会が嫌になった人は、おそらく全員「競争社会に対する疲れ」が原因でしょう。競争によるストレスやプレッシャーは計り知れない物があります。

それが毎日ともなれば嫌になる人が出るのも当然ですよね。

こういったストレス・プレッシャーから解放されるので、精神的には楽になります。

 

メリット2:人間関係が良好な職場が多い

競争の少ない職場では、人間関係が良好な職場が非常に多いです。従業員同士でライバル意識がなくなるので、ギスギスせずに気持ちに余裕を持って働く事ができます。

 

4,競争の無い仕事で働くデメリット

競争の無い仕事はストレスがなく気持ち的には楽です。しかし長く働いていると、いくつかのデメリットも存在します。

【競争の無い仕事で働くデメリット】
・給料が安い
・成長しない
・向上心がなくなる、気持ちが弱くなる

 

デメリット1:給料が安い

ノルマや仕事での成果が給料に直接反映する仕事では、給料が高い傾向があります。

分かりやすい業種で言いますと「ディーラー」ですね。ディーラーでは営業職と整備士では、同じ職場でも給料が倍近く違う場合があります。

これは営業の基本給が高いだけではなく、プラスアルファで営業での契約数が給料に反映されるから。

基本的に競争のない楽な職場は、歩合制での評価がないため給料が安いです。

 

デメリット2:成長しない

競争は従業員同士が切磋琢磨して競い合うので、大きな成長に繋がります。仕事での成果を上げるために、工夫して知恵を絞ります。成果を出すためにはアクションを起こすので行動力も身につきます。

一概には言えませんが、競争心を持って働くと仕事に対して意欲的になり、様々なスキルが身につくので成長しやすいです。

 

デメリット3:向上心がなくなる、気持ちが弱くなる

楽な職場で働くと、向上心がなくなり気持ちが弱くなります。何に対しても受身になり、言われた事をこなすだけの社員になってしまう恐れも・・。

競争心を持って忙しい職場で働いていた方が、向上心がつき気持ちが強くなります。

 

5,ネットを使って仕事を探してみよう

今すぐに転職を考えていなくても、インターネットを使ってどんな仕事があるのか調べてみる事は簡単です。

ネット上では簡単な無料登録を行うだけで、求人情報をチェックしたり、第三者に転職や仕事についての相談が出来るようになります。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

6,まとめ

以上です。今回は「競争のない仕事・業界」についてご紹介しました。基本的に一般企業では利益を追求するため、従業員同士が競争するような環境に置かれます。

もちろん仕事を通して得られるメリットはありますが、人によっては疲れてしまい仕事どころでは無くなる場合も・・・。

そんな時は生き抜きに仕事の視野を広めてみましょう。世の中には人と競う事がほとんどない業界もたくさん存在します。

あまり無理をし過ぎずに、自分に合った仕事を見つける事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*