職場で友達ができない・・会社で孤立する人の理由や原因、対処法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場では友達が多い人もいれば、1人もできない人も存在します。職場で孤立すると味方が少なくなるし、働いていても楽しくありません。それでは孤立してしまう人の原因や特徴などはどういったものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

目次

1,職場では信頼できる仲間を作ろう
2,孤立してしまう原因・特徴は?
3,対処法・改善策
4,すでに孤立しているなら転職を考える
5,まとめ

 

1,職場では信頼できる仲間を作ろう

職場で友達ができない人や孤立している人は、「会社では友達なんていらない・・」と考える人もいれば、「友達が欲しいけど全然できない!」と考える人もいるでしょう。どちらにも言えますが、友達がいる人に比べて大きく損をしています。

職場に信頼できる仲間がいれば、それだけ仕事も捗るし悩みやピンチの時に助けてもらえます。

 

友達が1人いるだけでもストレスが軽減する

会社でストレスが溜まるのって、ストレスを発散する場所がないからです。上司にガミガミ怒られた後や、部下が仕事でミスをするとイライラしますよね。

そこで友達や信頼できる仲間が1人でもいると、「あの上司仕事もできないくせにガミガミとウザイ!」と愚痴ったり、「あの部下は仕事ができなくて困る!」と不満をぶつけることもできます。

同調してくれる仕事仲間がいれば、一緒に共感して分かち合うことができますよね。このように職場に1人でもストレスを分かち合える仲間がいると、会社ではストレスが溜まらなくなり、より仕事に集中できるようになります。

まずは職場で自分に友達ができない理由や原因を考えて、改善に努めるようにして下さい。

 

私の体験談

私は昔美容室で働いていた事があるのですが、毎日遅くまでレッスンをさせられて、さらに嫌いな上司ばかりに囲まれていました。

しかし1つ上の年上の女性がいたことでかなり救われました。その女性も私と同じように感じており、一緒に愚痴ったり悪口を言い合えたおかげで、ストレスを溜め込まずに仕事を続けられました。

多分その女性がいなかったら、一瞬で仕事を辞めていたと思います。それだけ愚痴を言い合える仲間がいるというのは、仕事を続ける上では大切な存在になると思います。

 

2,孤立してしまう原因・特徴は?

 

友達はいらないと開き直っている

「会社に友達なんかいらない!」

このように開き直っている人は、自分から歩み寄ることもしないし、仕事仲間にも冷たく接するので友達はできないです。仕事とプライベートで完全に切り分けて考えてしまっているので、仕事でストレスを感じることも多々あるでしょう。

わざわざ自分で仕事とプライベートを切り分けてしまい、会社で大きくストレスを作っているので、もったいないことをしています。プライドが高い人にこのようなタイプが多いです。

 

自己主張が強すぎる人

自己主張が強すぎる人は孤立することが多いです。仕事に対してもやる気や熱がありすぎると、周囲との温度差が生じてしまい孤立してしまいます。

やる気はあるので仕事では評価されますが、同僚や部下からは嫌われる事が多く、結果的に社内でのコンセンサス(同意)が得られず出世する事ができません。

仕事は個人プレーではありません。自己主張を持つ事は大切ですが、それを周囲にぶつけすぎると社会では孤立してしまいデメリットを多く生んでしまいます。

「伝え方」や「接し方」を学んだり、時には言う必要のないこともあるので、何でもかんでも自己主張するのではなく柔軟に対処するようにしてください。

 

大きな声で挨拶ができない


「友達ができない」
「孤立して寂しい」

このように感じている人であれば、「挨拶」ができていないことが多いです。「大きな挨拶」をすると、された方は相手の雰囲気や感情を読み取ることができます。

逆に挨拶をしても小さな返事でしか帰ってこなかったり、自分から挨拶が出来ない人ですと、周囲からは何を考えているか分からず接し辛い存在となってしまいます。

毎日明るく挨拶をしていれば周囲にも雰囲気が伝わり、声を掛けてくれる人も現れるでしょう。

 

会社の行事に参加しない

職場の人たちが仲良くなるタイミングって、「忘年会」や「新年会」といった社外での行事が多いです。このような行事に進んで参加しない人や、すぐに切り上げる人、自分から進んで楽しもうとしないよう人たちは孤立しやすいです。

こういった場所ではお酒が入る事も多く、楽しもうとする人は自然と友達ができていきます。「仕事の付き合い」と考えずに、「お酒が飲める場所」として捉えて、変に身構えたり壁を作らないことが大切です。

会社の行事は社内とは違い、何でも気軽に話せるので仕事場で友達を作るのには絶好のポイントですよ。

 

仕事をやらないorサボる

仕事に対して適当に接している人も、友達ができない傾向があります。1人が仕事をやらなかったりサボってしまうと、その周囲に迷惑が掛かることになります。

このような人は同じ社員のことを考える事ができず、会社では嫌われ者となってしまいます。特に日本人は仕事に対しては真面目な人が多いです。

適当に仕事を行っていたりサボってしまうと、性格がよくても距離を取られる事が多いです。

 

感情の波が激しい

日によって、イライラしてたりテンションが高かったりと感情の波が激しい人は会社では嫌われます。人は悪い時の印象を強く覚えるので、一度気分を害されると、「あの人とは話したくない・・」「あの人は嫌い。」とネガティブな感情が芽生えてしまいます。

気分がいい時にいくら優しく接してもダメです。仕事やプライベートで嫌な事があっても、仕事場ではイライラを抑えるようにしましょう。

 

仕事でミスばかり連発する

仕事でミスが多い人は、人柄がよくても周囲から冷たくされることが多いです。悪気はないので辛いですが、社会では仕方が無いことです。

皆ストレスを溜めてギリギリの中で頑張っているので、1人がミスばかり出して周囲に迷惑をかけていれば「邪魔な存在」として扱われてしまいます。

こんな人は自分が何故ミスを多く連発してしまうのか考える必要があります。こちらの記事で仕事でミスが少ない人の特徴を挙げているので、興味があれば一度チェックしてみて下さい。

【関連記事】・仕事でミスが少ない人の特徴や性格。できるビジネスマンになるには?

 

友達選びを間違えている

オジサンが若い男性グループに入ろうとしたり、全く違った雰囲気の人に話しかけても、そこから友達になることは難しいです。

それよりも「自分によく似た人」「同じ性別・年代」といった特徴の人であれば、会話や趣味も合う事が多く、そのまま友達になれる可能性が高いです。

 

3,対処法・改善策

 

進んで挨拶をしたり話しかける

まず仕事場で友達がいない人は、「挨拶」をしたり進んで話しかけるようにして下さい。自分からアクションを起こさなければ、会社の人たちもあなたが何を考えていて、どういう人なのかも分かりません。

進んで自分をアピールすることで、周囲から「あの人は明るい人」「友達になれそう」などとポジティブに感じてもらい、友達がいない状況を改善できる可能性があります。

 

大らかな気持ちで接する

仕事はピリピリしやすいですが、常に大らかな人は周囲に必ず人が集まってきます。普段ピリピリしている人が突然大らかな性格になるのは難しいですが、努力することで少しずつ改善されています。

普段から人に優しく接するよう気をつけたり、イライラしないよう努力することも大切です。優しく接していれば自然と人が近寄ってきて、友達も増えていきますよ。

 

職場の行事には積極的に参加する

正直これが一番手っ取り早く孤立しない方法です。職場での飲み会に参加してお酒を飲んでいれば、嫌でも話しかけられるし、周囲と仲良く慣れます。

お酒が飲めない人でも、頑張って一杯飲んでみることでテンションが上がり、自然と会話する事ができますよ。「会社の集まりは面倒」「お酒は飲めないからダメ」などとシャットダウンするのではなく、一度試しに参加してみましょう。

参加する場合も「楽しむ姿勢」を忘れないで下さい。隅っこで暗いオーラを出していれば誰も近寄ってきません。しかし積極的にお酒を飲んで会話に参加するようにすれば、会社の同僚が自然と話しかけててくれますよ。

 

仕事には一生懸命取り組む

社会人になれば周囲は仕事に一生懸命取り組んでいます。適当に仕事をこなしたり、責任感のない働き方をすれば非難が集まるのは当たり前です。

社会人である以上、最低限度の責任感を持ち周囲と同じように頑張って仕事に打ち込みましょう。どれだけ性格が良くて明るい人でも、仕事を適当にしてしまうと、周りから嫌われるので注意してください。

 

社会での協調性を学ぶ

社会に出れば「協調性」が重要視されます。どれだけ仕事ができても、人とのコミュニケーションが上手く取れない人は友達ができません。

仕事のことを考えるのも大切ですが、「どうすれば嫌な思いをさせずに伝えられるか?」といった相手の事を思いやる事も大切です。

仕事で思った事をバンバン言うのではなく、相手の感情も一緒に考えられると、仕事もできて周囲からも好かれて仕事での評価も上がります。

 

4,すでに孤立しているなら転職を考える

すでに職場で孤立してしまっており、友達をつくるのが難しい人であれば「転職」を考えてもいいと思います。職場ではどうしても一度悪い印象を持たれると、そのイメージがついてしまい打ち解けるのが難しくなります・・

しかも自分が一度「苦手」と感じた人たちは、進んで友達になろうとも思いませんよね。気持ちは分かりますが、それがさらに職場での孤立を悪化させています。

そんなくらいなら、転職エージェントや転職サイトを使って、今の仕事場にいながら転職活動を行ってみるのも悪くないです。

良さそうな仕事が見つかったら、面接を受けてみて受かった時点で仕事をやめればいいので、リスクがほとんどありません。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、大企業の就職先も豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。無料で登録ができます。

・【リクルートエージェント】


 

リクナビネクスト

リクナビネクストでは、無料登録を行えば「グッドポイント診断」を使えるようになります。

「社交性」「継続力」「親密性」「決断力」など18種類の項目から、客観的にあなたの強みを教えてくれます。

自分の強みを知ることで、どういった職業が向いているのか見つけやすくなります。さらに強みが分かることで、就職や転職での面接時に自分のアピールの仕方が分かるようになり、面接で成功する確率も上げられます。

さらに「スカウト登録」をしておけば、自分の強みや経歴を見た企業から思いもよらない就職のオファーが届くこともあります。自分の経歴や強みをベースにオファーが届くので、そこから向いてる仕事を探し出すのもオススメ。

・グッドポイント診断LP


 

5,まとめ

以上です。今回は職場で友達ができない人や孤立してしまう人の理由や原因、特徴などについてご紹介しました。

職場では一度孤立してしまうと、それを改善するのはなかなか難しいです。何か大きなアクションを起こせる人であればいいですが、そんな人だったら最初から友達ができていますよね・・・

そんな時は働き辛い環境から「転職エージェント」や「転職サイト」を使って、環境を変えてみるのもオススメ。

もし新しい転職先が見つかったら、最初から「挨拶」をしたり積極的に喋りかけるようにしましょう。自分が前の会社で孤立してしまった原因や理由をしっかり考えて、それに対する対策を実践してください。

そうすることで新しい会社で友達を作り、有意義で楽しいライフスタイルを手に入れる事ができます。

【関連記事】・新しい職場で早く馴染むためのコツ&馴染む方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*