頭を使う仕事には何がある?オススメの職業や職種について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭がいい人、回転が早い人であれば、「体を使った仕事」よりも「頭を使う仕事」が向いています。頭を使う仕事には、具体的にどういったものがあるのでしょうか・・・?

 

 

 
   登録するべき転職エージェント
リクルートエージェント100,000件以上の求人があると言われている、実績のある大手転職エージェント。他では取り扱っていない求人がたくさんあるので、無料登録を行い使ってみてください。



▼無料登録はコチラから▼

頭を使う仕事で働くメリット・デメリット

世の中の仕事を大きく分けると、「頭を使う仕事」「体を使う仕事」の二種類に分類されます。高学歴の人や賢い人であれば、頭を使う仕事がお勧めです。

頭を使う仕事には様々なメリット・デメリットが存在します。

【頭を使う仕事のメリット】
●歳を重ねても働ける
●社会的地位が高い
●給料が高い

頭を使う仕事のメリットとしては、上記のようなものが挙げられます。肉体労働と違い頭を使うので、年齢を重ねても働けるのは大きいですよね。

肉体労働の場合は若い人が活躍しますが、頭を使う仕事では主に50代、60代の年配男性が職場の指揮をとります。

他にも頭を使う仕事は、社会的地位が高かったり、給料が高額になる傾向があります。頭を使う仕事は難しくハードルが高いため、その分働いて得られるものが大きいです。

【頭を使う仕事のデメリット】
●精神的に疲れる
●ストレスがたまりやすい

デメリットに関して言うとこういった物が挙げられますね。まず肉体労働に比べて精神的に疲れやすいです。

肉体労働は働いている時、体力的には疲れますが気持ちは楽です。しかし頭を使う仕事は常にピリピリした精神状態が続くため、非常に疲れるしストレスが溜まります。

 

頭を使うオススメの仕事&職業

頭を使う仕事には具体的にどういったものが存在するのでしょうか?続いては、頭を使う仕事や職業をピップアップしてご紹介します。

これから就職や転職を考えている方は、是非参考にしてくださいね。

【頭を使うオススメの仕事&職業】
●プログラマー
●税理士
●弁護士
●銀行員
●証券マン
●教師
●医者
●経営者
●コンサルタント
●数学者
●公認会計士
●司法書士

頭を使う仕事には上記のようなものが該当します。世の中に頭を使う仕事ってたくさん存在します。職業によっては本当に難易度が高く、条件に合った「学歴」「経歴」がないと就職できないものもあります。

 

頭を使うオススメの仕事&職業1:プログラマー

プログラマーやシステムエンジニアの仕事は、パソコンを使いプログラミングを行うのが主な仕事内容です。プログラミングは言語が多く、非常に複雑に構成されています。

ちょっとしたWEBサイトやWEBツールを作るだけでも、たくさんの言語を使用して作る必要があります。

私も仕事柄、プログラマーやシステムエンジニアの方とは何度もお会いした事がありますが、皆さん勉強熱心で頭の回転が速い方ばかりです。

プログラミングでは英数字を用いて、複雑な「計算式」や「情報」を入力するため、常に頭を使って作業しなくてはいけません。

学歴などはほとんど関係なく、実力主義の世界なので誰にでもプログラマーとして活躍できる可能性があります。

 

頭を使うオススメの仕事&職業2:税理士

税理士は企業会計レベルの簿記をマスターして、複雑な税法を学ばなければいけません。税理士の資格取得は難易度が高く、頭が良い人でなければ合格は難しいでしょう。

常に計算や数式を用いるため、日頃から頭を使う事が多い仕事です。

 

頭を使うオススメの仕事&職業3:弁護士

弁護士は頭がいい代表格のような仕事ですね。日本にあるたくさんの「法律」を理解して暗記しなければいけません。

弁護士になるためには「司法試験」に合格する必要がありますが、とにかく覚える事が多く難易度が高いです。

弁護士として働き始めても、常に法律の勉強をしていかなければいけません。

 

頭を使うオススメの仕事&職業4:銀行員

銀行員はお金の計算や、金融に対する知識が必要です。試験や資格取得のために、たくさん勉強が必要となります。

 

頭を使うオススメの仕事&職業5:証券マン

様々な金融商品や顧客情報を取り扱う「証券マン」も、頭を使う事が多い職業です。

 

頭を使うオススメの仕事&職業6:教師

教師と言っても「小学校の教師」から「大学の教師」まで様々ですが、どの仕事にも共通して言えるのは、頭を使う事が多いという事。

特に「数学」「化学」など理数系の科目を教えている教師は、授業で頭を使う事が多いです。

 

頭を使うオススメの仕事&職業7:医者

医者になるには大学の医学部を出て、さらに超難解な「医師国家試験」にも合格しなければいけません。もちろん優秀な学歴や記憶力、賢い頭脳を持っていないと、仕事に就く事ができません。

さらに医者はとにかく覚える事が多い職業です。様々「学会」「研究会」に出席したり、独学で学ぶ事も多く存在します。

 

頭を使うオススメの仕事&職業8:経営者

経営者は会社のキャッシュフローや貸借対照表など、様々な視点から数字を見なければいけません。さらには「市場調査」「集客」など、マーケティングの勉強もしていく必要があります。

経営者として成功するには、常に試行錯誤して考え続ける「努力」が必要です。

 

頭を使うオススメの仕事&職業9:コンサルタント

企業コンサルや経営コンサルなどの「コンサルタント業」は、頭を使う仕事です。企業や経営、ビジネスへのコンサルタントを行うため、データや資料を用意して数字を見なくてはいけません。

やる事は経営者に似ていますが、さらに細かい視点でデータを解読していく必要があります。

 

頭を使うオススメの仕事&職業10:数学者

大学などに所属して、数式の論文などを発表するのが数学者の主な仕事内容です。教員として働きながら数学の研究を行っているため、仕事では常に頭を使っています。

中には講演を開いたり、書籍を販売している数学者もいらっしゃいます。

 

頭を使うオススメの仕事&職業11:公認会計士

公認会計士は税理士と似ているのですが、仕事内容は少し異なります。

税理士は企業や個人の税金面での助言や書類の作成、確定申告などが主な仕事内容です。しかし公認会計士の場合は、企業の経営に対してコンサルや監査を行います。

最近では、「公認会計士兼税理士」として活躍する人も増えています。

 

頭を使うオススメの仕事&職業12:司法書士

司法書士は法律関係の仕事なので、とにかく覚える事が多く大変です。弁護士ほどではないにしても、やはり仕事でも頭を使う事が多いでしょう。

 

自分に適した仕事を見つけよう!

「頭を使う仕事」「体を使う仕事」世の中には色々な職業が存在しますが、大切なのは自分に合った仕事を見つけること!

体を動かすのが好きな人であれば「体を使う仕事」がオススメだし、頭脳に自信がある、頭を使うのが好きだ、というような人には「頭を使う仕事」がオススメです。

自分が好きな事を仕事にすると、努力するし仕事を楽しめます。

仕事って人生の時間の「三分の一以上」を締めるので、とっても大切なものです。嫌々仕事をするのではなく、どうせなら思いっきり打ち込めるような仕事を見つけましょう!

そのためには自分に適した仕事を探す必要があります。

 

仕事を探すなら転職エージェントがオススメ

これから仕事を探すなら転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントとは、ネットを使って無料で利用できる転職サービスです。全国の求人情報をネット上でチェックできるので、非常に便利でオススメです。

さらに転職エージェントでは、転職のアドバイザーに無料で仕事に関する相談が行えます。

「月収30万以上の仕事を探して欲しい!」「頭を使う仕事に転職したい。」など、希望の転職先を探してくれます。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

まとめ

以上です。今回は、頭を使うオススメの仕事や職業をご紹介しました。頭を使うのが好きな方、賢い方であれば、今回ご紹介したような仕事を考えても良いと思います。

頭を使う仕事は難易度が高いですが、その分、給料が高く社会的地位も高い仕事ばかりです!職業によっては資格やスキルが必要な場合もありますが、大きなやりがいを感じられるはずです。

是非、今回ご紹介した「頭を使う仕事」への転職を考えてみてくださいね。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

 
   登録するべき転職エージェント
リクルートエージェント100,000件以上の求人があると言われている、実績のある大手転職エージェント。他では取り扱っていない求人がたくさんあるので、無料登録を行い使ってみてください。



▼無料登録はコチラから▼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*