職場の上司が自分にだけ冷たい・・理由や原因、対処法&改善策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「上司が自分にだけ冷たい・・・」職場でこのように感じた事はありませんか?毎日顔を合わせる上司であれば、他の社員と自分への接し方が違うと、どこか腑に落ちないし原因が気になりますよね。

 

 

 
   登録するべき転職エージェント
リクルートエージェント100,000件以上の求人があると言われている、実績のある大手転職エージェント。他では取り扱っていない求人がたくさんあるので、無料登録を行い使ってみてください。



▼無料登録はコチラから▼

1,上司も人間、気に入らない部下には当然冷たい

上司が特定の部下にだけ冷たく接する理由は様々ですが、そのほとんどが「部下の事が気に入らない。」「部下の事が嫌い。」といった理由でしょう。

上司だって人間です。人の好き・嫌いは分かれるので、部下によって明るく接したり、冷たい態度を取る事は当然あります。

「なんで上司は自分にだけ冷たいのだろう・・・?」こんな事考えている暇があれば、自分から積極的に解決するための”アクション”を起こしていきましょう。

 

上司に気に入られる部下になろう

もし上司が自分の事を嫌う理由が明確に分かっているのであれば、今すぐにでも改善するべき。

分からないのであれば、上司に直接聞いてみてもいいし、気が引けるのであれば周囲の人たちに相談してみましょう。

とにかく上司との人間関係を良好にするためには、原因を突き止めて改善するしかありません。放置してしまうと上司との溝が深まる一方なので、早めの処置が必要となります。

 

2,上司が部下に冷たい理由・原因について

それでは一体、上司が部下を嫌う理由・原因にはどういったものがあるのでしょうか?続いては、よくある事例を元に紹介していきます。

 

上司が冷たい理由1:部下が言う事を聞かないから

素直な部下は上司に好かれます。反対に上司にいつも逆らってばかりいて、扱い辛い部下は上司に嫌われやすいです・・・

自分は上司とどのように接しているのか考えてみてください。日頃から上司の指示に不満を言ったり、態度を悪くしていませんか?

正しいと思い込み、自分の意見を上司にぶつけてばかりいませんか?上司があなたの事を面倒な存在だと感じているならば、冷たくされてもしょうがないですよね。

 

上司が冷たい理由2:部下が仕事ができないから

上司が部下に冷たく接するのは、何も人間性だけを見ている訳ではありません。人間性意外で上司が見ているのは、「部下の仕事の働きぶり」です。

言った事をすぐに覚えてくれてミスの少ない部下であれば、やはり上司からの評価も高いし気に入られるでしょう。

反対に仕事でミスばかりしている部下は、上司からは評価されず嫌われてしまう恐れがあります。

仮に仕事ができなくても、一生懸命学ぶ姿勢や、努力している姿を上司に見せられれば、嫌われる事はないでしょう。

 

上司が冷たい理由3:部下が何を考えているか分からない

普段から上司との会話がないと、お互いに何を考えているのか分からず距離を取られてしまいます。上司からコミュニケーションを取りにこない場合は、部下が積極的に話しかけるべきです。

コミュニケーションを取ることで、意思疎通できるようになり、上司とも打ち解けられます。

 

上司が冷たい理由4:部下からやる気を感じられない

上司から言われた事だけ行う、仕事に対して受動的な部下は上司に好かれません。やはり仕事に対してやる気があり、アグレッシブに行動できる部下の方が上司には気に入られます。

もし現在、仕事でやる気を出せていないのであれば、もっと上司にやる気をアピールして下さい。やる気がある部下には上司も冷たくしたりしません。

 

上司が冷たい理由5:仕事を雑に行う部下

上司があなたに冷たいのは、仕事を雑に行っているせいかもしれません。仕事への責任感がなく適当にこなしていませんか・・・?

そういった行動は上司からすれば、すぐに分かります。そんな責任感のないような部下であれば、上司が嫌うのは当たり前だし、冷たく接してしまうのも無理ありませんよね。

 

上司が冷たい理由6:部下が時間にルーズだから

社会人であれば、決められた時間の5分前を意識して行動するべきです。お昼休憩が「12時~13時まで」であれば、12:55分には職場に戻ってくるべきです。

朝が9時出社であれば、8時55分までには出社しているべきです。毎日時間ギリギリで行動していると、やはり上司はいい気分にはならないでしょう・・・・

学生であればOKかもしれませんが、職場で上司と良好な関係性を築きたいのであれば、常に時間に余裕を持って行動しましょう。

 

上司が冷たい理由7:そもそも上司自信がコミュニケーションを取るのが苦手

上司も人間ですので、社交的な人もいれば内向的な人も存在します。誰に対しても同じように、冷たく接しているのであれば、それはただ単に「上司自信、人間関係が苦手なだけ」である可能性もあります。

「いつも上司の態度がそっけない・・」

こんな風に感じているのであれば、周囲に相談してみたり、他の人に対する上司の対応などをチェックしてみましょう。人間関係が苦手な上司であれば、意外と誰にでも冷たく接しているかもしれませんよ。

 

上司が冷たい理由8:上司の性格が悪い

性格の悪い上司だと、部下を見下し冷たく接してきます。特定の人にだけ冷たくするのではなく、自分より立場の低い人は全員見下されます。

あまり気にせず、適当に接していくのが一番です。

 

上司が冷たい理由9:部下に嫉妬している

仕事で優秀な成績を収めており、上司以上に仕事ができるビジネスマンですと、上司の機嫌を損ねて嫌われることがあります。

嫉妬心の強い上司を持つと、こういった事が原因で上司を苛立たせてしまいます。

仕事面以外でも、異性からモテる人も注意が必要です。上司といえど人間ですので、モテる部下にはジェラシーが出ます。自分が気になっている女性社員と親しくしていれば、気に入らない気持ちが出るのは当然です。

 

3,上司が冷たい時の対処法・改善策について

これまで上司と仲良くやってきたのに、突然冷たくなったのであれば何か理由や原因があるはずです。原因さえ分かれば解決できますが、冷たくなった原因が分からないと、どう対処して良いか分かりませんよね・・・

続いては、上司が冷たい時の対処法・改善策をご紹介します。

 

対処法・改善策1:思い当たる節があれば、とにかく謝罪する

上司が突然冷たくなったのであれば、その前の上司との会話ややり取りを思い出してみてください。例えば何か失礼な事を言っていたり、上司の機嫌を損なうような行動をしていませんか?

もし何か思い当たる節があるのであれば、すぐに上司に謝罪するべきでしょう。

これまで仲良くやってきたのであれば、謝罪することで上司も機嫌を直してくれるかもしれません。反対に何の謝罪もせずに放置してしまうと、上司との関係がさらに悪化してしまいます。

全く思い当たる節がなければ謝罪できませんが、少しでもあればとにかく謝ってください。

 

対処法・改善策2:社内で相談する

社内の相談窓口や、同僚、その他の上司に相談してみるのもオススメです。同じ社内の人間に話を聞いてもらえば、何か解決の糸口が見えるかもしれません。

冷たい上司と仲の良い人に話を聞けるといいですね。

 

対処法・改善策3:外部の相談窓口に相談してみる

上司が冷たくて大きなストレスになっている場合は、外部の相談窓口への相談を検討してみて下さい。

例えば「弁護士」「厚生労働省」「NPO法人」「法テラス」「法務省」といった、社外の人に相談すると、具体的な解決策を考えたり、法的な処置を取って解決してくれます。

会社側と対立する可能性もありますので、よっぽどでない限りオススメしません。

 

対処法・改善策4:会話にならないなら挨拶だけは行うべき

上司に声をかけても冷たくあしらわれる場合は、無理に会話せず「挨拶」だけは行う様にして下さい。冷たいからといって近づかなくなり、挨拶もしなくなると余計関係が悪化します。

「おはようございます。」「ご苦労様でした!」このように最低限度の挨拶をしておくだけでも、上司との関係の悪化を防ぐ事ができます。

 

対処法・改善策5:転職を視野に入れる

職場の上司との関係は非常に大切です。上司に冷たくされると、毎日仕事に行くのが嫌になりますよね。そんな時は転職してしまうのが、一番早い解決策となります。

すぐに仕事を辞めるのはリスキーなので、まずは転職エージェントへの無料登録を行いましょう。転職エージェントで良い転職先が決まってから、現在の仕事を辞めるのが一番安全でオススメです。

 

4,職場環境が悪いなら転職を考える


「上司に冷たくされて辛い・・・」
「どのように上司と接していいのか分からない・・」

このように上司との関係で悩みを抱えているのであれば、「転職」を考えても良いと思います。

直属の上司であれば、この先ずっと付き合っていかなくてはいけません。そんな上司に冷たくされていると、尋常じゃないストレスを感じますよね・・・

すぐに仕事を辞めるのはリスクが高すぎるので、まずは「転職エージェント」「転職サイト」への無料登録を行ってください。

無料登録を行えば、全国の求人をチェックしたり様々なサービスが受けられます。そこから気に入った転職先が見つかって面接を受けてから、今の仕事を辞めても遅くありません。

 

5,オススメ転職エージェント

続いては、私がオススメする転職エージェント3社をご紹介します。どの会社も大手で求人数が多く、サポート体制がバッチリなので一度無料登録をして利用してみてください。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

6,上司が冷たい理由や対処法のまとめ

以上です。今回は、職場の上司が自分にだけ冷たい場合の理由や原因、対処法についてご紹介しました。

直属の上司であれば、冷たいからと言って無視する事はできません。自分の出世にも関わってくるので、早い段階で関係を改善する必要があります。

なぜ冷たくされているのか分からない時は、上司に直接聞いてみるのが一番です。

上司に理由を聞く場合もケンカ腰に問い詰めるのではなく、「何か失礼なことしましたか?」「改善するんで気に入らないことは何でも言ってください!」と申し訳なさそうに聞いてみてください。

間違っても、「何で無視するんですか!」なんて怒り口調で問いただしてはダメです。

他にも自分から進んでコミュニケーションを取ったり、食事に誘うのも良いと思います。

一人で改善するのが難しいようであれば、職場の同僚などに頼んで仲を取りもってもらいましょう。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

 
   登録するべき転職エージェント
リクルートエージェント100,000件以上の求人があると言われている、実績のある大手転職エージェント。他では取り扱っていない求人がたくさんあるので、無料登録を行い使ってみてください。



▼無料登録はコチラから▼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*