仕事中に話しかけてくる人がウザイ!同僚への適切な対処法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事中にやたら話しかけてくる人っていますよね。空気が読めないのか分かっててやっているのか、仕事に集中したい場合は非常にウザイ存在となります。

スポンサードリンク

 

仕事中にしつこく話しかけられるのは迷惑ですが、職場の同僚ともなると、冷たい対応を取る事ができないのが現実です。

変に冷たく接すると、職場の人間関係に亀裂が入る可能性があるため、非常にシビアで難しい所です・・・・

今回は仕事中に話しかけてくる同僚に対する対処法についてご紹介します。

 

1,仕事中に同僚が話しかけてくる場合の対処法

仕事中に話しかけてくる同僚に対しては、一体どのような、対処法があるのでしょうか?いくつかあるのでチェックしてみましょう。

【同僚が話しかけてくる場合の対処法】
●手を止めないで話を聞く
●適当に受け答えする
●「忙しいから!」と会話を止めさせる
●上司を理由に会話を止めさせる
●上司に相談する
●席を立つ、持ち場から離れる
●完全に無視する
●ヘッドフォンをする
●仕事を中断して話を聞く

対処法によっては、相手の気分を害したり、人間関係のトラブルに発展する場合もあります。出来る限り相手の気分を害さないで、上手く対処する事が大切です。

 

同僚が話しかけてくる場合の対処法1:手を止めないで話を聞く

実際にネット上で行ったアンケート結果では、大半の人が「手を止めないで話を聞く」と答えていました。やはり同僚との関係性が悪くならないように、話には耳を傾ける人が多かったですね。

ポイントとしては「手を止めない事」が大切です。

手を止めずに作業を続けていれば、同僚も「忙しいんだな」「仕事を優先しているな」というのを察知してくれます。手を止めてしまうと、人によっては話し続けるので、会話がエスカレートしてしまいます。

しっかり話は聞いているので、同僚に対しても悪い印象を与えずに済みます。

 

同僚が話しかけてくる場合の対処法2:適当に受け答えする

適当に相槌を打ったり、笑って誤魔化す、会話を流す、などなど、適当に受け答えする対処法もあります。このように接すれば、同僚がやたらと話しかけてくる事は無くなるでしょう。

はっきりと断る訳ではないので、同僚との関係性が劇的に悪くなる事はないです。

しかし迷惑なのを態度で表現している分、同僚はあまり良い気はしないはずです。

適当に受け答えをしたからと言って、同僚との関係性が面倒なことにはならないけど、ちょっと悪い印象を与えるのは間違いありません。

 

同僚が話しかけてくる場合の対処法3:「忙しいから!」と会話を止めさせる


「今忙しいから話しかけないで欲しい!」
「仕事中だから静かにして!」

このように率直な意見を伝えると、相手は間違い無く黙ります。ただし、これは同僚との関係性にもヒビが入るので注意しましょう。

人によっては「無視」したり、根に持って二度と話しかけてこなくなる可能性もあるでしょう。断り方や断る時の「口調」も関係しますので、率直に伝えるにしても、やんわりオブラートに包んで伝えるのが良いですね。

 

同僚が話しかけてくる場合の対処法4:上司を理由に会話を止めさせる

「仕事に集中したい」「喋りたくない」このように自己都合で会話を遮断するのはトラブルに繋がります。、オススメとしては「上司」を理由にする方法。

例えば「前に上司に注意されたから、仕事中に会話はできない。」「上司が見ているから、あまり喋らないでおこう。」などなど。

このように上司を理由に断れば、相手も気分を害する事はありません。トラブルもなくすんなり会話を止めされられます。

 

同僚が話しかけてくる場合の対処法5:上司に相談する

上司に直接相談して、同僚に注意してもらう方法もあります。この場合上司に「同僚が話しかけてくるので仕事に集中できない」など伝えることで、上司から同僚に直接注意してもらえます。

一見すると良い対処法のように感じますが、実際にはこれはトラブルの元になります。

同僚からすれば、告げ口された事になるので気分を害する事がほとんどでしょう。

 

同僚が話しかけてくる場合の対処法6:席を立つ、持ち場から離れる

席をたったり、持ち場から離れることで、相手に「話したくない」という事を意思表示する事ができます。

空気を読める同僚であれば、話してほしくないのを察知してくれるはずです。しかし空気が読めない人だと、また職場に戻ってきたら、お構い無しにガンガン話しかけてくるでしょう。

 

同僚が話しかけてくる場合の対処法7:完全に無視する

同僚があまりにもウザイ場合は、「無視する」という選択肢もあります。当たり前ですが無視すれば、その人との関係性は崩壊します。

相手から無視されても良いのであれば、無視して対応しましょう。

 

同僚が話しかけてくる場合の対処法8:ヘッドフォンをする

パソコンを扱う仕事であれば、ヘッドフォンをする事で他の人からの会話を防ぐ効果があります。

実際にIT企業やベンチャー企業の従業員だと、作業に集中する時はヘッドフォンをつけて、周囲の会話を遮断する人が多くいらっしゃいます。

パソコンを使わない会社では難しいですが、使う会社であればヘッドフォンを利用してみましょう。

 

同僚が話しかけてくる場合の対処法9:仕事を中断して話を聞く

中には「仕事を中断して話を聞く」と答える人もいらっしゃいます。同僚からは好感的に思われるでしょうが、自分自身はどうなるでしょうか・・?

まず仕事が思い通り進まなくなり「ストレス」がかかります。さらに仕事中話してばかりいれば、上司からの評価が落ちる可能性もあります。

仕事を中断して話を聞くと、相手は嫌がっている事に気付いてくれません。結果的に何度も話しかけられるので、悪循環に見舞われます。

 

2,職場環境が悪いなら転職を考える

現在の仕事に不満があり、新しい仕事を探すのであれば、「転職エージェント」の利用をオススメします。

転職エージェントとは、ネットを使って無料で利用できる転職サービス。とっても便利でハローワークには掲載されていない「求人」も多く紹介しているのでオススメです!

下記は、私がオススメしたい転職エージェント3社です。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

3,仕事中に同僚が話しかけてくる場合の対処法のまとめ

以上です。今回は仕事中にやたら話しかけてくる、同僚に対する「対処法」をご紹介しました。

仕事中に話しかけられると非常に迷惑ですが、無視したりハッキリ迷惑なのを伝えてしまうと、その後のトラブルに発展する恐れがあります。

ですので、やはりヤンワリ相手の気分を害さないように対処するのが一番です。

個人的には、「手を止めないで話を聞く」「上司を理由に会話を止めさせる」この辺りが一番オススメかなと思います。

忙しい時に会話するのは面倒ですが、それも仕事の一環と捉えて、最低限度の付き合いはした方が良いです。どうしても人と話すのが面倒な場合は、職種を変えるのも一つの選択肢となります。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*