帽子を被る仕事・職業特集。帽子を被ったままでOKなのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帽子を被ったままできる仕事には様々なメリットが存在します。例えば、「髪型をセットする必要がない」「薄毛を帽子で隠せる」などなど。

スポンサードリンク

 

今回は帽子を被ったまま行なえる仕事・職業特集をご紹介します。帽子を被っていられる仕事を探している方は、是非今回の記事を参考にしてくださいね。

 

1,帽子を被る仕事に就くメリット・デメリット

仕事中に帽子を被る場合、どのようなメリット・デメリットが存在するのでしょうか?

【仕事中に帽子を被るメリット】
●髪型をセットしなくて済む
●薄毛を隠せる
●紫外線から頭皮を守れる(外での仕事の場合)
●オシャレに見せられる(好きな帽子を被れる場合)

仕事中に帽子を被ると上記のようなメリットが存在します。美容系やアパレル系であれば帽子を使う事で、よりオシャレに見せられるし、外仕事であれば紫外線から頭皮を守る事ができます。

他にもズボラな男性であれば髪形をセットしなくて済むし、薄毛であれば髪の毛を隠せる事も人によっては大きなメリットに繋がりますね。

【仕事中に帽子を被るデメリット】
●髪の毛がつぶれる
●むれる
●ダサい

反対に帽子を被ることで生じるデメリットは、上記のようなものです。

よく言われるのは「髪形がつぶれるから帽子を被りたくない」という意見ですね。他にも「むれる」「ダサい」などがデメリットとして挙げられます。

これも職業によって全く違ってきます。

 

2,帽子を被る仕事・職業特集

それではさっそく帽子を被る仕事・職業特集を見ていきましょう。

帽子を被る仕事には大きく分けて二通り存在します。一つ目は「自分の好きな帽子を被れる仕事」もう一つは「会社で定められた帽子を被らなくてはいけない仕事」この二つです。

職業によって違いますので注意して下さい。

【帽子を被る仕事・職業】
●アパレル系
●美容系
●外仕事全般
●工場・製造業
●配達員
●音楽関係
●飲食店
●自動車整備士
●トラック運転手
●警備員
●農家・林業・漁業
●ネットショップ関係
●引越し屋

 

帽子を被る仕事・職業1:アパレル系

「自分の好きな帽子を被りたい!」という人であれば、アパレル系の仕事がオススメ。アパレル関係の仕事であれば、基本的に好きな帽子を被って、好きなファッションで仕事をする事が可能です。

アパレル系の仕事と一言で言いましても、「アパレル店員」「バイヤー」「企画」「営業」「デザイナー」など様々な職種が存在します。

店員が苦手であれば、その他の職業を目指してみましょう。

 

帽子を被る仕事・職業2:美容系

続いてオススメなのが美容関係の仕事です。美容関係とは「美容師」「ネイリスト」「メイクアップアーティスト」など様々な仕事が存在します。

美容関係の仕事では、自分の好きなファッションに身を包み仕事に取り組めます。帽子は気分に合わせて自由に被れます。

 

帽子を被る仕事・職業3:外仕事全般

外仕事の場合は「オシャレ」というよりも、紫外線対策として帽子を着用する事がほとんどです。基本的にはキャップやヘルメットのみとなります。

外仕事には「土木」「建設」「鳶職」「大工」など様々な職業が存在します。

 

帽子を被る仕事・職業4:工場・製造業

工場や製造業では会社指定の帽子を被ることになります。これは髪の毛が製品に落下するのを防止するためです。

会社で支給された帽子を被るため、カッコよいものではないですが帽子は被ったまま仕事ができます。

工場では会社の規則として帽子を被らなければいけません。

 

帽子を被る仕事・職業5:配達員

荷物を運ぶ配達員の仕事も、基本的には会社で支給された帽子を被ることになります。佐川、ヤマト、郵便など、どの配達員を見ても帽子を被っています。

こちらも会社の制服の一部として帽子が支給されます。

 

帽子を被る仕事・職業6:音楽関係

音楽関係の仕事でも、帽子をファッションの一部として着用することができます。

歌手や演奏者になるのは難しいかもしれませんが、「音響」「照明」「ライブハウスのスタッフ」などであれば、未経験者でも働ける場合があります。

 

帽子を被る仕事・職業7:飲食店

飲食店では髪の毛が食材に入らないように、帽子を義務付けていることがほとんどです。飲食店のホールスタッフはもちろんですが、裏方のシェフやバイトでも帽子を被っています。

 

帽子を被る仕事・職業8:自動車整備士

整備士の仕事では、グレードや職位を示すために帽子を被っています。帽子の色によって「一般整備士」「整備の管理者」「ハイスキルな整備士」などグレードが変わってきます。

自動車整備士として働く方は、ほとんどの人が帽子をかぶっています。

 

帽子を被る仕事・職業9:トラック運転手

トラック運転手やバスの運転手なんかも、帽子の着用を義務付けられています。これは安全面というよりも、お客様から「運転手」であることを認識してもらうため。

 

帽子を被る仕事・職業10:警備員

会社や施設の警備員などの仕事も、帽子を着用している方がほとんどですね。特に意味はありませんが、制服の一部として支給されます。

 

帽子を被る仕事・職業11:農家・林業・漁業

農家・林業・漁業など自然を相手にする職業では、紫外線防止のために帽子を被る方が多いです。一日中外で仕事をしますので、帽子の着用はマストです。

キャップやハットなど自分の好きな帽子をチョイスする事が可能。

 

帽子を被る仕事・職業12:ネットショップ関係

ネットショップ関係の仕事は、割りと服装が自由な職場が多いです。ファッションはもちろんですが、帽子の有無なども好きな物を着用できます。

特にアパレル系や雑貨系などであれば、周囲でも帽子を被っている人が多いですよ。

 

帽子を被る仕事・職業13:引越し屋

引越し屋さんの仕事では、頭のケガの防止目的や、家具などへの汗がつかないよう、帽子を義務付けている会社が多いです。この場合は会社指定の制服と帽子をセットで着用します。

 

3,転職エージェントで仕事を探してみる

帽子を被ったまま出来る仕事をお探しであれば、「転職エージェント」を使ってみてください。

転職エージェントとは、ネットを使って無料で転職活動が行えるサービス。

転職エージェントへの無料登録をしておけば、いつでも仕事探しができるようになります。気軽に転職活動が行えるので、とてもオススメです。

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

オススメの転職エージェント3:サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

人材紹介【パソナキャリア】


 

4,帽子を被る仕事特集のまとめ

以上です。今回は、帽子を被ったまま出来る仕事・職業特集をご紹介しました。

仕事で帽子を被ると、「薄毛を隠せる」「髪型をセットせずに済む」など様々なメリットが生じます。

職業によっては、「好きな帽子を被れる仕事」もあれば、会社指定の帽子を被る仕事もありますので注意しましょう。

帽子を被ったまま出来る仕事を探しているのであれば、転職エージェントに無料登録を行い、自分の希望に沿った職業がないかチェックしてみて下さい。

 

「キャリトレ」で1日5分の転職活動を行う!

【公式サイト】
キャリトレ公式サイト

キャリトレは、1日5分間、興味がある求人を選ぶだけで、より自分に合う企業を紹介してもらえたり、企業から直接スカウトを受け取れる新しいサービスです。

優良企業からベンチャー企業、大企業まで、様々な企業と提携しており、通勤時間や休憩タイムなどのちょっとした時間に転職活動を行えます。

簡単な無料登録で使えるので、興味が少しでもあれば是非利用してみましょう。転職エージェントほどハードルが高くなく、誰でも気軽に使えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*