ヒゲを生やせる仕事と、ヒゲがダメな仕事。髭がOKな職業や転職先は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性にとって大切な髭。髭を生やしている男性であれば、「仕事でもできれば髭を生やしておきたい・・」このように考える人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、「髭を生やせる職業」と「髭がダメな職業」についてご紹介していきます!

 

 

1,仕事に関する髭の悩みは意外と多い

髭をずっと伸ばしている人にとって、髭は体の一部みたいなものです。仕事だからといって髭を簡単に剃るのは難しいですよね・・・

実際にヤフー知恵袋やその他ネット上の質問でも、下記のような髭に関する仕事の悩みが多数寄せられていました。

【男性の髭に対する悩み】
「仕事で髭を剃らなくていい方法はないの?」
「ヒゲを剃らなかったら仕事はクビになる?」
「ヒゲを生やしてもいい職業って何?」
「絶対にひげを剃りたくない!」

髭を剃りたくないと考える人が多く、どうすれば剃らずに済むのか試行錯誤しています。

 

日本は世界的に見ても髭には厳しい国

外国では営業マンだろうが販売員だろうが、「髭」を生やしている人をたくさん見かけます。しかし日本では、一部の職業の人以外は、髭は認められませんよね・・・

日本のビジネス社会では、髭そのものが拒絶されています。「髭=身だしなみがなっていない」という風潮が未だに根付いており、安易に髭を生やす事ができません。

この理由の1つに「日本人はそもそも毛が薄い」というのが挙げられます。欧米人は髭が濃いため、綺麗に処理するのが難しいです。ですので、「生えていて当たり前」という文化が根付いています。

反対に日本人は髭が基本的に薄いです。髭剃りを使えば簡単に処理できるため、「髭は処理するのが当たり前」という分化が根付いています。

日本人と外国人では体質が違うので、それが理由となり、髭に対しての捕らえ方が違います。

 

対処方法は3つ!

髭に関して注意を受けた場合に取れる対処方法は3つです。


1、頑固に髭を剃らないで会社に居座る。
2、諦めて髭を剃ってしまう
3、髭がOKな職業への転職

ちなみに「1番」は、上司からは目の敵にされるので、昇進や昇給が見込めなくなります。

髭を剃らないからといって会社をクビになる可能性は低いですが、完全に「0」ではありません。厳しい上司であれば、「言う事を聞けないのであればもう来なくてもいい!」と激怒する上司もいるでしょう。

「2番」のように髭を諦めて剃るのは辛いかもしれませんが、脱毛クリニックなどで除去してもらえば、綺麗に処理してもらえます。クリニックに通うのが面倒であれば、最近では抑毛ローションなどもお手軽な髭の抑毛アイテムとして人気です。

最後の手段は転職ですね。髭がOKということは、髪の毛や服装に対しても楽な会社であることがほとんどです。厳しい規則に耐えられないのであれば、将来的な事も考えて、居心地の良い職業に転職するのもオススメです。

 

2,,髭を生やせる仕事・職業

 

工場・製造業

工場製造業は規則が緩いので、髭がOKな職業となります。私も以前工場に勤めていた時期がありますが、髭を生やしたり茶髪にしている人は多かったです。

工場職は機械を使った作業がほとんどなので、お客さんと接する事がありません。ですので髭が生えていても仕事に支障はないです。

ちなみに大企業ですと厳しい場合があるので注意。

パナソニックや三菱といった、日本を代表する企業では工場といえど多少なりとも上司の圧力があります。どちらかというと中小企業の方が、見た目に関しては楽な職場が多いですね。

食品関係の工場などのように、衛生面から髭を断られることはあります。

工場は個人的に髭を生やすのには一番オススメな仕事です。工場への転職を希望であれば、下記のような工場特化型の転職エージェントの利用がオススメです。

 

【工場特化型】オススメ転職サイト工場・製造業専門の求人サイト【JobHouse】(工場特化型の転職サイト。)
工場ワークス(工場特化型の転職サイト。)

 

美容師・ファッション関係

美容師ファッション関係は服装や髭、髪型などは何でもOK!個性を大切にしている職業なので、あまりにも汚らしくなかったり、ダサくなければ誰も文句は言いません。

お客さんに見られる仕事なので、「かっこいい」「清潔」「オシャレ」という言葉が当てはまれば大丈夫です。

こういった業界では、髭はファッションの一部として認められています。ネイリストやメイクアップアーティストなども、見た目に関しては自由な仕事です。

 

IT関係

EC関連の会社、WEB製作会社、ゲームプログラマーなどのような、IT関係の仕事であれば髭がOKな仕事がほとんどです。

IT職では実力が求められることがほとんど。会社に出社する以上、最低限の清潔感を保つことは必要ですが、髭が生えているくらいで注意される事はまずないでしょう。

特に若い経営者がいる会社ですと、服装や髪型などの見た目は自由なことが多いです。

 

クリエイティブ関係

「デザイナー」「エンジニア」「プログラマー」「画家」「写真家」「作曲家」「画像編集」「ゲームクリエイター」といった、クリエイティブ関係の仕事も髭はOK!

クリエイティブ業はお客さんと関わる事がほとんどないので、見た目には寛容な職場が多いです。どれだけ髭が生えて汚かろうが、質の高い仕事をこなせば文句を言う人はいません。

こういった職場ではサンダルに短パンなど、他の仕事に比べてもラフなファッションで出社する人が多いです。

 

外仕事・電気工などの職人タイプ

外仕事や電気工などの職人系の仕事では、髭はもちろん見た目を注意される事はありません。大工や陶芸家なども同じですね。

建設業の設計者ですと、別の企業と商談を行ったり、役所など公共の人たちとも繋がりがあるので髭NGな場合があります。

外仕事であれば、「土木」「鳶職人」「左官屋」「舗装員」などの仕事があります。体力的にはハードですが、服装や髭など見た目は割りと自由な世界です。

 

経営者、個人事業主

自分で事業を起こして、「経営者」「個人事業主」として働けば髭を生やす事ができます。経営者の人で髭を生やしている方は非常に多いです。

会社のトップであれば、誰も身だしなみに対して文句を言う人はいません。フリーランスなど単独で働く場合も、髭を生やすことが可能です。

 

ドライバー

トラックの運転手や荷物の配達員など、ドライバーの仕事は髭を生やせます。ただし「タクシードライバー」「バス運転手」など、乗客と接することが多い仕事は、ドライバーでも髭には厳しいです。

ドライバーの仕事を選ぶ時は、お客さんと接することが少ない仕事を選びましょう。長距離運転手などであれば、お客さんに接する事は少ないので、髭や髪型にも厳しくないことが多いです。

 

出版、広告関係

出版社や広告関係の仕事は、髭に対して厳しくないです。このような業界では、ラフな私服で茶髪や髭を生やしている方もよく見かけます。ただし出版と言っても、大企業の場合は別です。

スーツ着用で髭に対しても厳しいことがあります。

 

清掃員・ゴミの収集係

清掃やゴミの収集係の仕事は髭を生やしても大丈夫です。清掃員の場合は会社にもよりますが、割と自由な所が多い印象です。

茶髪にピアス、髭を生やしていても、しっかり仕事さえ行っていればOKです。接客などを行う必要がないので、見た目はそこまで重要視されません。

 

農業・漁業・林業

農業・漁業・林業のような自然を相手にする職業では、髭は生やせます。他にも酪農家や飼育員など、動物を相手にする仕事でも髭はOK。

このような職業は人に対してではなく、動物や自然を相手に仕事を行います。体力は必要ですが、見た目は自由です。

 

自動車の整備士

自動車の整備士の仕事では、髭を生やしている方をよく見かけます。注意して頂きたいのは、自動車会社で働いている人全員が、髭OKでは無いという事。

自動車会社でも接客をする、営業マンは髭を生やすのはダメです。反対に整備士や板金など裏方の仕事は、髭を生やすことが可能です。

 

コンサル業

企業や個人のコンサル業では、スーツを着用しますが、清潔感さえあれば割と髭も許されます。コンサル業の仕事は直接企業に出向きコンサルをしたり、講演なども行います。

私が知っているところで言いますと、楽天で働くネットショップのコンサル業の人たち。定期的にネットショップの会社に訪問したり、説明会や講演会などを全国で開いています。

コンサル業で活躍する男性は、身だしなみが整っており、綺麗な髭を生やしている人が多い印象です。

 

3,髭がダメな仕事・職業

 

営業職

自動車、保険などの営業職は髭がダメなことが多いです。自動車関係でも整備士などは髭OKでも、営業職はお客さんを相手にするので髭NGなこともあります。

営業職で髭が生えていると、ちょっと胡散臭さが出てしまうし、好印象は与えられないですよね・・・

これは銀行など金融関係も同じです。髭が生えていると清潔感がなく信用が落ちますので、金融関係では髭を禁止している会社が多いです。

営業は第一印象が大切なので、髭をNGとしている会社はたくさんあります。ただし洋服の卸会社などのような、ファッションに関わる会社であれば、営業でも髭を生やせることがあります。

 

販売職・サービス業・接客業

旅行代理店や食品関係、その他の「販売職」「サービス業」「接客業」では髭がダメな仕事が多いです。まず食品や飲料関係などの会社は、清潔感を大切にしているので、髭は完全NGなことがほとんど。

旅行代理店など、スーツを着用したサービス業でも髭がダメな職業は多く存在します。

 

大企業

大企業はファッションや髪型、髭などに厳しいことがほとんどです。大企業はとにかく社員数が多く、規律を重んじる必要があります。

一人の社員を許せばたくさんの社員が真似をするので、目立つ髪型や派手な見た目は上司から注意を受けることがあります。

大企業の「営業」や「販売業」「サービス職」はもちろん髭はダメだし、工場やデスクワークでも髭NGなことが多いです。

 

4,思い切って髭脱毛する


【公式サイトはコチラから】
お支払いは分割OK。ひげ脱毛ならゴリラ脱毛

髭のせいで就職できなかったり、上司から注意されているのであれば、思い切って脱毛してしまうのもオススメです。費用は掛かりますが、クリニックに通えば綺麗にしてくれるので、毎日の面倒な髭剃りからも開放されます!

脱毛サロンなら「ゴリラ脱毛」がオススメ。ゴリラ脱毛は有名な芸人さんや芸能人も通っているので、安心して治療を受けられます。

 

抑毛ローションで髭を薄くする

脱毛サロンに通うのは、それなりにハードルが高いです。まず毎回通うのが面倒だし、金銭的にも高額です。本気で髭を無くしたい人にはオススメですが、そうでない場合はオススメしません。

もう少し手頃でオススメなのは、「抑毛ローション」を自宅で使用する方法。抑毛ローションは化粧水のような感覚で使えます。

髭剃りの後やお風呂の後に顔に塗るだけでOK。手軽に髭の抑毛効果が実感できます。

ゼロファクター

 

5,仕事探しには転職エージェントを使う


「現在の職場は髭について上司から注意ばかりされる・・」
「髭がOKな仕事に就きたい!」

このように考えている人であれば、転職エージェントで髭OKな職場を探すのがオススメ。

服装や髪型、ヒゲなどに寛容な職場であれば、自分の好きなスタイルを貫く事ができるし、職場のストレスから開放されます。

転職エージェントは、現在の仕事を続けながら転職活動ができるので、リスクがありません。

是非無料登録を行い、髭がOKなおしゃれな職業がないかチェックしてみましょう!

 

オススメの転職エージェント1:最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

土日の面談も行っているため、仕事で忙しく転職活動が出来ない方にもオススメです。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

オススメの転職エージェント2:独自のサービスを提供するDODA(デューダ)

続いてご紹介するサービスはDODA(デューダ)です。DODAはリクルートエージェントに次いで、求人数が多くオススメの転職サービスです。

独自のコンテンツやサービスを用意しており、転職の際には役に立つツールが揃っています。

例えば「人気企業ランキング」「履歴書講座・職務経歴書講座」「応募書類の提出マナー」「面接悩み相談室」などのコンテンツや、「キャリアタイプ診断」「適性年収査定」「職務経歴書の作成サポート」といったツールなど。

無料登録するだけで、こういったサービスを全て使えるようになります。

dodaエージェントサービス

転職サイトはdoda

 

6,まとめ

以上です。今回は、髭を生やせる仕事と、ヒゲがダメな職業についてご紹介しました。

基本的に大企業は髭に対して厳しいことがほとんどです。特に「営業」「販売系」などのような、お客さんを相手にする仕事は髭はNG。

反対に工場・製造業や電気工、外仕事などお客さんと関わらない職業であれば、髭や髪型も自由です。

それ以外でも「美容師」「ファッション関係」などの、お客さんから見られる職業も髭OKですね。後はIT関連やクリエイティブ業などもOK!

髭を剃りたくない場合は、こういった職業に転職するのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*