大企業からの転職!注意点とオススメの転職方法について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大企業とは言え、世の中には「仕事を辞めたい!」と感じている人は意外と多いです。終身雇用が崩れた今、大企業で務めるメリットはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

目次

大企業を辞めたい理由は何?
大企業から転職する上での注意点
大企業に向いていない人は無理して働くべきではない!
おすすめの転職エージェント3社
大企業からの転職についてのまとめ

 

大企業を辞めたい理由は何?

大企業は世間一般から見れば、待遇がよく、務めているだけでも羨ましがられる事がほとんどでしょう。しかしそれは表向きの話。

実際には社会に出て働く訳ですから、嫌な事があったり不満を抱えている人も大勢いらっしゃいます。さらに最近では終身雇用の崩壊が始まっており、大企業に勤め続ける意味すら分からなくなっています。

【大企業を辞めたい理由】
●転勤がある
●人間関係が良くない
●仕事内容に不満がある
●残業が多い
●休みが少ない
●刺激がない
●ルールが多く面倒
●ライバルが多く出世できない
●会社の業績が不安定

大企業は基本的に中小企業に比べて、離職率が低い傾向があります。それなりに待遇がよく、給料も高いので、中小企業に比べて仕事を辞めようと考える人は少なめです。

しかし職場によっては、上記のようなトラブルが発生している事も多く、仕事を続けるかどうか悩んでいる人がいるのも事実。

最近では大企業でも不況を受けている会社が多く、不安定になりつつあるので、大企業だからと無理して務めるのは疑問を感じます。

世の中には大企業からの転職で成功した方も多く存在するので、「大企業だから辞めない!」「大企業を辞めるのはもったいない!」と安易に決め付けるのはよくありません。

 

大企業から転職する上での注意点

大企業からの転職を考えているのであれば、いくつか「転職する上での注意点」がございます。転職する前に注意点を知っておくと、後から後悔する事がなくなります。

 

家族には説明しておくこと!

当然ですが大企業からの転職を考えている場合、家族にはしっかり説明して同意を得ておく必要があります。

大企業から中小企業などへ転職をするとなると、大抵の場合、家族からは反対されるでしょう。当然ですよね。周囲から見れば「大企業」は安定してるし、給料も高いです。

しかし、家族の同意なしで勝手に転職してしまうと、後々大きなトラブルに発展しかねません。そうならないためにも、理由をしっかり話し、家族にも納得してもらう事が大切です。

 

中小企業に転職すればステータスは落ちる

大企業は世間体が非常に良いです。大企業に勤めているというだけでステータスになるし、周りからは「凄い!」と賞賛されるでしょう。

当然大企業から一般の中小企業へ転職すれば、そのステータスが無くなる事は理解しておいて下さい。ステータスを落としたくない人は、大企業⇒大企業への転職にチャレンジして下さい。

 

辞めた後に後悔しないよう考えぬく

大企業から転職するとなると、やはり「後悔するのではないか・・・」と考えますよね。これについては後悔する可能性も十分考えられます。

ですので後悔しないように、仕事に何を求めているのか優先順位を付けて、納得いくまで考え抜いてから結論を出してください。

自分で分からないのであれば、周囲に相談するのもひとつの手段です。家族ですと「安定」を求めて反対されますので、友人や先輩、信頼できる知り合いなど、フラットに考えてくれる人に相談するのがオススメです。

 

次の転職先の情報は細かく調べておく

大企業と中小企業では、働き方はもちろん、待遇などにも違いがある事が多いです。後から「こんなはずじゃなかった・・」とならない為にも、転職前に転職先の情報はしっかり調べておく必要があります。

働き方はもちろんですが、残業の有無、給料面や福利厚生など。

 

転職エージェントを利用する

大企業からの転職は転職エージェントを利用すれば、比較的簡単に行えます。転職エージェントは無料で使える転職サービスです。

転職のプロが全面的にサポートを行い、転職者と企業のマッチングをはかってくれます。転職エージェントは大企業で務めていた人など、高い経歴がある人を優先してくれます。

転職の相談をすれば、すぐに条件に合った転職先を探して紹介してくれるはずです。

 

大企業に向いていない人は無理して働くべきではない!

仕事にはそれぞれ、「向き・不向き」が存在します。大企業の働き方に向いていない人が大企業に勤めていても、納得いく働き方が出来ず、仕事が嫌になるのは目に見えていますよね・・・

自分の性格や、仕事に対して求める物、これからどうしたいのかを明確に考えることで、大企業から転職するべきか分かるはずです。

【大企業に向かない人の特徴】
●人付き合いが苦手
●社交性がない
●仕事に刺激を求めている
●ゴマすりが苦手
●色々な仕事にチャレンジしたい人

大企業では取引先や上司、同僚などとの人間関係が多く、人付き合いが多い事が特徴として挙げられます。社交性がなかったり人付き合いが苦手な人は、面倒に感じることも多いでしょう。

さらに大企業の仕事は、社員一人一人が与えられた仕事をこなすだけです。重大な任務を任されるのは、出世コースに乗れている一部の人だけです。ほとんどの社員は、皆同じ作業を繰り返す毎日となります。

ベンチャー企業や中小企業であれば、社員一人一人が重要な役割を担うので、色々な仕事にチャレンジできて、やりがいを感じられます。

【関連記事】・大企業に向いていない人の特徴。大きい会社への就職の向き不向き。

 

おすすめの転職エージェント3社

続いては、大企業からの転職にオススメの転職エージェント3社をご紹介します。最初に紹介するリクルートエージェントは、中小企業はもちろん、大企業の求人も多く取り扱っています。

転職エージェントは2社~3社への登録がオススメです。是非無料登録して、どういった求人があるのかチェックして下さいね。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも規模が大きく求人数が多いことで有名です。10万件以上の求人を抱えており、様々な就職先が豊富に揃えられています。

サポート体制もしっかりしており、転職するなら必ず登録しておきたいサイトです。全体の90%が非公開の求人情報なので、他では見つからない求人が探せます。

リクルートエージェントでは、無料登録を行えばどういった仕事があるのか確認できます。

【リクルートエージェント】


 

無職やフリーターの方にオススメしたいジェイック

ジェイックは、無職やフリーターを積極的に支援している転職エージェント。学歴や正社員の経験がないと、大手転職エージェントでは断られる事があります。

しかしジェイックを使えば、学歴に関係なくサポートが受けられるので、フリーターや無職の方は非常に助かります。

完全無料の就職講座や、個別の就職相談などにも応じており、就職面でしっかりとしたサポートを受けられます。

募集している求人は、スーツを着用しての仕事が多いです。大手企業の子会社であったり、上場企業や映像製作会社など質の高い仕事も用意されています。

専任の個別アドバイザーがサポートしてくれるので、困ったことや相談なども気軽にできます。全国展開されており支店も多いので、都心だけでなく地方の方でも利用できます。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!



 

サポートに定評のあるパソナキャリア

パソナキャリアは、丁寧なサポートをしてくれるので、転職初心者の方にもオススメです。

細かい部分までしっかり教えてくれて、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。転職に不慣れな方でも、パソナキャリアを使えば、自分にあった営業の仕事をすぐに見つけられるはずです。

これまでの転職支援実績は25万人、取引をした企業数は16,000社以上にも及びます。実績のあるエージェントなので、安心して任せられます。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

 

大企業からの転職についてのまとめ

以上です。今回は、大企業から転職する上での「注意点」や「転職方法」をご紹介しました。大企業は安定しており、家族や周囲からは「なぜ辞めるの?」と思われることも多いでしょう。

しかし仕事での悩みは働いている自分自身にしか分かりません。家族に反対されたからと言って、ずっと働き続けても幸せになれるか分かりませんよね。

周囲の意見に振り回されるのではなく、ちゃんと自分でどうするのか決めなくてはいけません。突然仕事を辞めるのはリスクが高く勇気がいるので、できれば転職エージェントへの無料登録から始めてみましょう。

転職エージェントを使って良い転職先が見つかってから大企業を辞めれば、リスクもなく次の転職先が見つかりますよ。

 

転職の際は必ず会社の口コミや評判をチェックする!

これから転職活動を行う場合は、必ず面接を受ける前に企業の口コミをチェックしておきましょう。

キャリコネは、企業の「口コミ」「評判」を知る事ができるサイトです。実際働いていた人が口コミを投稿しているので、リアルな会社の内情を知る事ができます。

こういった無料のサイトを利用するだけでも、人間関係の良し悪しなどを事前に知る事ができます。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


【関連記事】・大企業への転職にオススメな転職エージェント&転職サイト特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*